2020年7月4日土曜日

決断、ハーフを病院へ。

去勢手術をして、外で頑張ってもらおうと計画していた、
ハーフ(男子)

ちょっと異変が..。 ご飯が食べれず、動きません。 昨日はウンチが水状態。 水を飲みたいのに飲めない。

まずは病院へ。(実はこの通院までが一苦労)今回は運良くキャリーに入ってくれました。

出発前の確認。

あら!メンコイんでないの!!

決断。
明らかに衰弱している猫。
検査の結果によっては長期療養が必要になるかもしれません。
まずは居場所の確保。
玄関しか残っていませんので、 冬でなくて良かった。

さて結果は。
エイズでした。
その他病名がつくものはありませんでしたが、
若い(1〜1.5歳?)のに衰弱が激しく、腎臓の数値に少々問題があったりで、
療養期間を作ります。
ノミダニ、耳ダニ、うんちの異常無し。
「隔離して投薬をしばらく続け、体力が付いたところで去勢手術」
ドクターの見解です。

子供を作らないように手術をして地域で見守ろうという「TNR」作戦。
動物愛護の観点からまずは悲惨な状況を無くす一つの方法で、
「蛇口を閉める」という表現がよく使われます。

関心のある方はご存知だと思いますが、厳しいですよね、猫や犬の外暮らしは。

行政の多くの見解は「社会の課題」として見ていない。これが現実です。
苦情が来てから動く、いわば、市民の不満の息抜き程度の「ガス抜き」状態。
手軽な「受注産業構造」が相変わらず続いています。
もちろん、中には、積極的な方もいらっしゃいます。

「動物たちの悲惨な状況を無くしたい」
多くの人たちが抱く、この「心情」を社会の課題では無い、とする「行政」
動物とはいえ、「命」をどのように考えるかは
真っ先に解決しなければならない根本的な「社会の課題」では無いでしょうか。

社会課題の多様性に付いていけない行政、これは今更確認する必要も無いでしょう。
「官民協働」
これしか無いと思います。
一緒に前進しましょう!
動物の悲惨な状況は個人の責任が明確な場合もありますが、
何より、社会全体が「命を真摯に考える」ようになって欲しい。
切に願う次第です。
自戒を込めて...。

2020年7月3日金曜日

pilikaとjuju

二、三日不調が続いたので、
今日はお薬ご飯を早めにしようと試みましたが、
そうはうまくいきません。
遊びになっちゃうんですよね。


午前中は出会うことが少ないjuju。
相変わらずのスリムビューティ。


庭に面した二階。5cats?
カラスの声に興味があるのか集まっていたのですが.....
それぞれ、休憩?に入りました。
いつものようにケージの中はおそらくkilala(未確認情報)


久しぶりのお日様が、ありがたい1日でした。

2020年7月2日木曜日

きっと、お母さんの足音だ!

きっとお母さんの足音だ!
momoはこの足音を待って1日を暮らすみたいだなあ.....。


もう少し仲間との距離感を縮めたい...あられ。
のんびりする姿を見ると嬉しい。



雨模様の小樽。
わずかに残る雨水の名残。

今年は今のところ、スカッとした晴れ日が少ないなあ....。

お日様はウィルスなんかに負けないよなあ〜〜〜!
うん!負けない!

2020年7月1日水曜日

旅立ちをしたみんなに会ってきました。

ここには多くの動物たちが眠っています。

天寿を全うできた動物がどれほどなのか判りません。
今日は私たちに様々なことを教えてくれ、幸せを分かち合ってくれた猫家族と会い、不幸で悲惨な最期を遂げた多くの仲間たちに祈りを届けてきました。あなたたちの悲惨な生涯を決して無駄にしないと.....。


この場所がなぜ、ここまで整備され、空につながるがごとく穏やかな場所になっているのか?
小樽の...日本の...世界の...人々に知って欲しいと思います。
個人の力では限界があります、多くの方々の協働が在ってこそと思います。
まずはここに携わる全ての方々に静かに頭を垂れ、感謝と尊敬の意を表したいと思います。
ありがとうございます。


ジュニア、ご飯も薬もバッチリ!

niniはジュニアが大好き!
お水の飲み方、おしゃれ?でしょ。と、隣の部屋からアピール。

2020年6月30日火曜日

kizz近況。

活発な動きは見られません。
外から家に入ってくれた猫家族、様々な表情を見せてくれますが、
とにかく、疲れを癒す、これは共通のようです。
kizzはこれにわずかに風邪の症状があるようで、ケージから出ようとする行動はあまり大きくありません。

思えば、私が庭に出ると彼もどこからか現れて目の合う日が続きました。
具合が悪かっただけとは思えなかった....。
今はこんな様子です。


目の縁がもう少しかな?


mame君、ミミピン!


「みんな!マスクをして、手を洗って仲間のことも考えてね!」
mameより。

2020年6月29日月曜日

ジュニア、ご飯拒絶が続いたので、久しぶりに病院。

猫をすんなりとキャリーに入れられるようになったら、
切ない別れを思い出します。


ジュニアは大手術後、最悪の時と比べて、状況は良くなりましたが、
微妙な症状の変化でご飯のタイミングがずれると、薬が入らないので、「食べたいのに食べられない」状況になります。
この度はかなりの期間、順調だったので、診察(ざっと見るだけですが)も兼ねて、点滴と注射をしてもらいました。
次回は血液検査も兼ねて行きます。
通院のいつもの流れですが...。


そして帰宅、この後、ガッツリ食べました〜〜〜〜!

あ〜あ、今夜は少し安心して寝れるなあ...。

kizzが新しい家族になったり、二階からいろんな仲間が遊びに来たりで、ゆっくりできないあられ。
辛抱のあられ、こうした表情はちょっと安心します。



小樽のYさん、ご支援、ありがとうございます。


みんな〜〜〜!しっかり食べて、頑張ろうぜ!

それにしても美味そうなご飯だな〜〜..。

2020年6月28日日曜日

ソーシャルディスタンス。

共存して、感染しない、感染させない、方法を徹底的に実行するしか無いウィルスとの戦い。
一定の間隔をあけて暮らしましょう。
ちょっと接近しすぎているお手本。
ゆっちゃん、(左)あられ(右)。

彼らはこの距離感を作るのに意外に苦労しています。
あられの方が根性が座っていますので、ちょっとくらいのパンチでは問題ありませんが、ゆっちゃんは何かあるとNGです。

i君は猫嫌いで、いつも一人、接近による感染の可能性は低いです。
中年以上になっているんですけどね....。
この足の構えとバランス、強烈なフックが出ます。



「ようこそ」の文字が泣いている....。



行政は事業体の最低限の維持を守って、ロックダウンを決行するぐらいの気合を持っているのか?
「危機的な状況です」みたいなことなら私でも言える。
ならば、どうする!
というのが聞こえてこない、
一般市民と同じような感情を抽象的に表現する会見だけっていうのは、迫市長、貴方の仕事では無い。
決断と実行がその仕事。
このウィルスに限れば、やりすぎぐらいで丁度いいと思います。

kizz(キッズ)

kizz、本当に疲れて、限界だったんだね。
君の寝姿は本当にありがたい!
このまま回復とはならないと思うけど、
とにかく、ゆっくり休んで....。
ありがとうkizz、
父さんも母さんも頑張るよ。


小樽のYさん、早速のご支援、ありがとうございます。


寒いような...でも、蒸し蒸し....。
ウィルス対策も手伝って、換気しながら、暖房?
窓辺はmodo。


私も一瞬緊張がほぐれます。
i(手前)とm。



貴方のマスクと手洗いで救える人がたくさん居る。

一人が感染するには数百人の感染者が生活圏にいる、もっと多いかもしれませんね。
行政の思い切った決断を期待します。