2018年6月25日月曜日

「夜の譲渡会」「タヌキは字が読めるか?」「落ちないと思いますが...」

夜の譲渡会。
確かに夜の方が便利、という方、いらっしゃると思います。
拡散希望します。

敷地内に手製の小屋。
猫の休憩場所なんですが、最近はタヌキさんもいらっしゃいますので、無駄な衝突は避けたいと考えました。
でもなあ〜〜。



ちょっと訳ありのplika。
私が毛づくろいしています。
でも、やっぱり、この通り、モフモフを通り越して、モジャモジャ。
毛玉という課題もあります。
落ちないかなあ??

本人は大丈夫なつもり。

ふるさとの函館はお寺を抜けて海へ行く山の麓に住んでいた。
小樽の海もお寺さんの屋根が似合うと思う。

多分、それほど珍しく無い「鳩」。
気候がいつもと違うから、こんなところにいるのかな?

今日は灯油を補充した。
明日からは少し夏らしくなるらしいが、油断できない。
家中で一番寒いところに「ポッと」小さな暖かさがあると、家全体がホンワカする。


地道にマイペースで動物の保護を続けている人から連絡をいただいた。
健気さに頭が下がる。
「組織」という言葉には少しばかり気後れするが、
「つながり」という言葉はどうだろう。
ルールは必要だが、
「同じような活動をする人たちが互いに思いやる」ことを一番にしたい。
現代の人間関係はそれぞれがオブラートのようなものに包まれていて、
見えていて、連絡も容易なのに、触れることが少ない。
オブラートは薄く弱いものだ、
いつでも破ることができる。
ただ、
外から破られることが人間は不得手なのだと思う。
だから、
少し多めに、思いやることができれば、大きな力になるはずだ。


このラベンダー、
根付き、花を見せてくれるでしょうか?
生存条件の厳しい、痩せた土地でも根をはると聞いたことがあるのですが。

2018年6月24日日曜日

あまり関心無い...

おもちゃも喜ぶんですが、最近は
ただ、人間のお母さんにくっついているだけが多いかな?
これはどうだろう。

チョットなあ。

「ウ〜ン」

「ダメだこりゃ..」



今日もピーちゃんは見つかりませんでした。

猫の捜索願

名前「ピー」ちゃん。
女子です。
6月11日(月曜日)
18:00~20:00
小樽市末広町5-11
Yさん宅の玄関フードから外へ。

特徴
1.尻尾は長めです。
2.性格はおっとりしています。
3.全体の体型はどちらかといえば、細長い印象です。
4.六歳ぐらいです。
5.全身黒です。
6.当時、赤いバンダナをしていました。

20:00頃、近所の大きい猫と喧嘩があったようです。
連絡先=090-6268-6061 (当方ではありません、ご近所の方です)
*ご近所へのチラシ配布は済んでいます。(ガソリンスタンド、交番、塾、個人宅)
小学校への協力も有志の方が依頼済です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

以前、猫を見かけたところを道順にして探しました。

通報はありますが、今のところ?です。
重々よろしくお願い致します。


iちゃんだけと思ったら、続々と集まってきました。
さて、その数は..。

modoはここに混ざれません、今のところ。



動物と一緒の暮らしというのは、私が想像しているより、ハードルが高いのかもしれない。
昔の自分を考えれば、納得。
でも、
方法はあると思う。
「無関心の人に話を聞いてもらう」ことを、
保護救出と同時進行で進めなければならない。
命と一緒に暮らすには責任が伴う、
これは重いもので、避けられれない。
それ故に「動物と一緒に暮らす」ことを遠ざけている場合も少なく無い。
それを考えれば、気持ちがあっても実行が伴わない人を軽々に責めることはできない。
だから、
これ以上、
「動物と一緒に暮らす人」が増えないと仮定して、
「限界を見極めた対策」を考えることも同時進行しなければならない。
それが不可能で無いことは、
動物保護の観点から是非はあるものの、
狂犬病予防法の過去の実施が教えている。
国として取り組むことにどんなリスクがあるのだろう。
「優先順位」だとしたら、
政治は無策なり!
今、必死に人生をかけて取り組んでいる人たちは
その無策な政治の中で生きている。

2018年6月23日土曜日

「港町の土台作り」

小樽に限らないが、
土台(基礎)作りが将来につながる。
動物保護に限れば、
課題解決と同時進行が迫られる。
課題への取り組みは、その案件の圧倒的な数量にたじろぐ。
どう考えても、あらゆるものが不足だ。
何よりも、
現状を理解し、人生の一部を活動のために使おうとする、「人」の数が少なすぎる。
しかし、
「希望は、ある程度、実現するまで、不可能に感じる」ものだ。
こういうイベントは
その不安に決して小さくない明かりを灯す。
何もしなければ、
一人の人間にも理解を求めることはできない。



「課題は単独では無い、全ての社会事象に関連がある」


この港町は...


この寝顔が普通になる!


2018年6月22日金曜日

「写真は無理?」「ピーちゃんはまだ見つかりません」

毎朝の日課になりました。
あられのジョギング。
写真は諦めてエイガにしました。

この後、疲れてテーブルの下で休みます。
ご飯を食べているのはゆうき君。その他一同...。


迷子のピーちゃんを探しに岸壁まで行きました。

外に出している飼い猫らしいのが目につきますがピーちゃんではありませんでした。
猫の捜索願

名前「ピー」ちゃん。
女子です。
6月11日(月曜日)
18:00~20:00
小樽市末広町5-11
Yさん宅の玄関フードから外へ。

特徴
1.尻尾は長めです。
2.性格はおっとりしています。
3.全体の体型はどちらかといえば、細長い印象です。
4.六歳ぐらいです。
5.全身黒です。
6.当時、赤いバンダナをしていました。

20:00頃、近所の大きい猫と喧嘩があったようです。
連絡先=090-6268-6061 (当方ではありません、ご近所の方です)
*ご近所へのチラシ配布は済んでいます。(ガソリンスタンド、交番、塾、個人宅)
小学校への協力も有志の方が依頼済です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年6月21日木曜日

「猫の捜索願(鳴き声を聞かせる)」「ゆうき君、mちゃんに席を譲る」

猫の捜索願

名前「ピー」ちゃん。
女子です。
6月11日(月曜日)
18:00~20:00
小樽市末広町5-11
Yさん宅の玄関フードから外へ。

特徴
1.尻尾は長めです。
2.性格はおっとりしています。
3.全体の体型はどちらかといえば、細長い印象です。
4.六歳ぐらいです。
5.全身黒です。
6.当時、赤いバンダナをしていました。

20:00頃、近所の大きい猫と喧嘩があったようです。
連絡先=090-6268-6061 (当方ではありません、ご近所の方です)
*ご近所へのチラシ配布は済んでいます。(ガソリンスタンド、交番、塾、個人宅)
小学校への協力も有志の方が依頼済です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は隠れていそうな場所で、猫の鳴き声を流してみました。
他の猫が顔を出しましたが、残念ながら、Pちゃんではありませんでした。
近所は飼い猫を外に出している人も多いようで、外猫なのかどうかも定かではありませんが。




人間のお母さんは一人だけ...(当たり前ですが...)
ゆうき君が先輩のm母さんに席を譲った(?)場面です。

気候のせいかなあ?みんな、ダラ〜っとしてました。
二階の部屋の境目、誰が誰だか...。


最近、港はこういう船が多い。工事してるんだと思います。

ピリカ(右)を守るように寄り添うしずく(左)

この二人が出会ったことは本当に嬉しく思います。それまで、ピリカは本当に一人でいることが多く、ご飯を私の手から食べていた時期もありましたので。助かるよ!しずく。

これ、何に見えます?
猫のようですが..。
power_of_love

2018年6月20日水曜日

「猫の捜索願」「何気無い日常」「いちご」「新聞」

猫の捜索願

名前「ピー」ちゃん。
女子です。
6月11日(月曜日)
18:00~20:00
小樽市末広町5-11
Yさん宅の玄関フードから外へ。

特徴
1.尻尾は長めです。
2.性格はおっとりしています。
3.全体の体型はどちらかといえば、細長い印象です。
4.六歳ぐらいです。
5.全身黒です。
6.当時、赤いバンダナをしていました。

20:00頃、近所の大きい猫と喧嘩があったようです。
連絡先=090-6268-6061
*ご近所へのチラシ配布は済んでいます。(ガソリンスタンド、交番、塾、個人宅)
小学校への協力も有志の方が依頼済です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。




日常の中に日々発見があります。
彼i君のこのような寝姿を見るまでに十数年、かかりました。
おそらくはこのブログでなんども紹介することになると思いますが、私にとっては、それほどに重く、厳しい年月がこの何気無いのんびりした写真には写っています。
「抱っこしたいけど逃げる..」何度も聞いた話です。
「赤ちゃん猫が欲しい...」何度も聞きました。
ペットショップが無くならない理由だと考えています。
「愛玩動物」この言葉を
「動物を愛玩にする」と置き換えてみます。
どうにもやりきれない。


この写真はkちゃん。
まさに死の淵から戻ってきた猫です。
だから....
こういう場面はただ、ただ、嬉しい。5粒か6粒、ご飯を食べている、この場面が。

小さい方は「殺される寸前」でした。
だから、写すんだと思います、これからも、ズ〜ット。



これは明日、食べる予定。

これは明後日。


猫は字を読めるか???


この大きな船は自分の力で動くと狭い港内では危険ですので、タグボートに押してもらっています。



新聞の地方版に掲載されました。
「猫 苦情や相談数10年で最多」
「猫 殺処分縮小/過剰繁殖も急増」
以上は記事の「見出し」


以下、抜粋。
「殺処分は瀕死の猫が1」
行政は「打開策が無い」
抜粋はここまで。


他に幾つかの数字が記載されていますが、これを裏付ける文章の記載は見当たりません。
もしも、この記事をお読みになる方がいましたら、行政に「?」を持って、再度、読み返してください。
「交通事故などで直ちに引き取りを要する猫は昨年度、24匹」だったそうです。
その後、どのようになったかは、
確たる文章などは無いようです。
想像に委ねるしかありません。


以前、我が家も同じコーナーに掲載していただきました。
その時の記者さんは「山中いずみさん」
今回の記者さんは
「有田麻子さん」です。
ありがとうございました。