2019年6月20日木曜日

小樽観光都市宣言

小樽観光都市宣言
〜“今こそ”の心意気〜
我がまち「小樽」は、海と山に囲まれた美しい自然、四季が織りなす多彩な風景、そして明治・大正・昭和の面影をしのばせ、かつての栄華を今に伝える運河や歴史的建造物をはじめ、産業・芸術・文化、市民の暮らしに至るまで、多様な観光資源に恵まれた魅力ある都市です。
「小樽」は、まちの将来を巡る運河論争を契機に観光都市として発展し、今や、観光は、まちの基幹産業にまで成長しました。  しかしながら、「小樽観光」が更なる発展を遂げるためには、観光に対する市民意識の向上をはじめ、新たな観光資源の発掘や滞在時間の延長など、いくつかの課題を克服する必要があります。
こうした中、これからの「小樽観光」に求められること…。  それは、市民一人一人が観光まちづくりの主役となり、人情味あふれる「小樽気質」でお客様をお迎えし、ふれあいを通じ感動と安らぎを感じていただくとともに、ゆっくりと時間をかけて「小樽」を楽しんでいただくことです。  それが、我がまち「小樽」にとって、何物にもかえがたい喜びなのです。
 今こそ…「小樽」は、多くの人に愛されるまち、
より質の高い時間消費型観光のまちを目指し、
ここに「観光都市・小樽」を宣言します。
平成20年10月2日


この街で動物がどのように扱われ、市民と行政はそれをどう考えているか?

この街は「かわいそうだから」と猫にご飯を与え、その結果、生まれた命のほとんどが死ぬことをどのように思い、考えているのか?
「人情味あふれる「小樽気質」とはどういうものなのか?


養老孟司氏の言葉を借りれば、
「この国は観光をナメている」のでは無いか?

「おもてなし」だけでは「人はその国も街も認めない」
それほど、世界の人々はバカでは無い。



2019年6月19日水曜日

お母さんと一緒

我が家最古参のi君。
複雑な表情ですね〜。

体格はm母さんよりずっと大きいので、もう一緒にいることは難しい状況。
上の写真はなんとか接近して、静かにして、なるべく長く一緒にいようとする「我慢の表情」とも言えます。
下の写真、i(手前)とk(右)の間のちっさいのがm母さん。



「NPO法人 ニャン友ねっとわーく北海道」さん。
猫の譲渡会。


猫にとって何が幸せなのか?
答えは複雑かもしれませんね。
でも、
人と一緒に暮らすことは最低限の条件だと思います。
たくさんの縁がつながることを願っています。

sizukuがトイレに行ったよ。

sizukuがトイレに行ったよ。


トイレには行きましたが、用は別な場所で足しました。
でも、嬉しいことです。


季節外れの寒暖の差、微妙にストレスを与えていると感じる。
j、寝顔はあいかわらずですが、ちょっと、元気が無い。



このブログを書いている時点では地震の情報が流れている。
人も動物も無事であってほしい。

2019年6月18日火曜日

お金を集めて維持継続できる「動物保護システム」を作る。

「維持継続が可能な動物保護のシステム」作るために、
ふるさと納税の一種である、
「ガバメントクラウドファンディング」を活用して、
広く全国から寄付を集めることが効果的だと考え,
提案している小樽市議会議員がいます。

サイトはこちら
https://takahashi-otaru.com/

関心のある方、いや、無い方ほど見てもらいたい。


この魅力あふれる港町、小樽。
もっと、輝けるはず。

動物の扱いが先進国の中で最低の部類に入る国の「観光」とはどういうものか?
「おもてなし」とは
「優しさ」ではないのか?
やる気があっても金が無ければ出来ない、
これは
金があってもやる気が無ければ出来ない。
という意味だ。
その港町に今日も船が入る。



「少子高齢化」
この現状を課題という人は少なくない。
もし、本当に国家滅亡の原因にもなりかねない事態だというなら、
まずは責任者、「出てこ〜〜い!」である。
もちろん、その責任者を選んだ人たちにも責任はある。
さらに、
なぜ?「少子高齢化」になったのか?
分かりやすい答えを言う人はいない。
要は現実は問題だが、現実に至る過程は問題では無い。
そういうことだ。
これを「動物保護、動物福祉、動物愛護」の観点から見てみよう。
「現実も問題では無く」「命をゴミと扱った過去も問題では無い」と言うことだ。


我が家のulanも同じ考えだ。(と、思う)

水を飲みに来たulan、たまたま、水の取り替え時間で、飲み水が無かった。
少し前なら、警戒して、すぐに私から離れたけど、今は大丈夫!
ありがとう、ulan。

2019年6月16日日曜日

あられは忙しい。

真ん中の白黒があられ。


とにかく、家中を歩き回ります。
二階から庭を見ることも、あられの特権?


家の仲間はほとんどが外暮らしの限界ギリギリで家に入ってもらってます。
あられは外で人間との距離がありましたので、その分、限界を超えていたとも言えます。
寝床をしっかり確保してマイペースで暮らすまでにはもう少し時間がかかるかもしれません。


年齢的な体調の心配はあるものの、こちらは大丈夫なようです。J君。


こちらi君は一番先に家族になってもらった親子の子の方です。
彼が寝るときはしっかり人から見えないところに隠れます。
この写真はその寝床から出てきたころです。



今日も少し温度が下がりそうですし、小さな嵐も小樽の街をかすめて通るようです。
みなさん、体調に気をつけて!

2019年6月15日土曜日

動きが慎重です。kちゃんの手術後。

目が片方見えていないのは手術前と同じですが、
動きは慎重になりました。
見えている方の視力も弱っているのがわかります。

以前から、仲間とは距離がありましたが、
そばに、あられ(手前、休憩中)がいてもこんな感じです。


自分の寝床に入るk。まだ、よろけるようなことはありません。



2019年6月14日金曜日

リラックスタイム、増えたかな?

sizuku
呼吸が少し楽になったかな?
こういう姿勢、増えてきました。

ご飯は30分から1時間かかります。
膿を取り除いたり、鼻のつまりを解消して、呼吸が整うのを待ちます。
だいぶ慣れましたが、緊張します。


ドクターの助けを借りながら、今、できることを地道に続けるしかありません。
最善か?と問われれば、?ですが。

この運河の景色も人工的に作れる時代。

悲惨な運命の動物を救うのも私たち人間の「仕事」だと思います。
維持継続が可能な事業として官民協働でシステムを創り上げましょう。

2019年6月13日木曜日

今日も元気に!sizuku 食事中。

今日も元気に!sizuku 食事中です。
互いに目と目が会うようになってきました。
もっとたくさん食べて欲しいと思う反面、
無理しないでいいよ..。
この繰り返し。
今日、おしっこが出ました。





「NPO法人 ニャン友ねっとわーく北海道」さん。


この辺、しばらくウロウロしていたところ。
ちょっと変わったけど、まだ、下町風情は残っています。
たくさんの「縁」が生まれますように...。

2019年6月12日水曜日

おとうさんっ子、sizuku。

sizuku。
まずは顔を綺麗にしますが、大事なのは鼻の通りを良くすることです。
次に化膿して出てきたものをできるだけ刺激しないように取り除きます。


素人は大量に消費しますね〜〜。


こういう風にうたた寝をしてくれたら、シリンジでのご飯を満足してくれたように思います。どうかな??



2019年6月11日火曜日

国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱いかたを見ればわかる。

小樽の偉大さと道徳的発展は、
小樽における動物の扱いかたを見ればわかる。




「動物」とは、
虐げられている「命」のこと、私たち人間も含まれます。

犬や猫が身をもって教えてくれています。
自分たちの命が風前の灯で有ることも知らずに。


少しでも、動物(弱き者たち)に関心を持ち、行動を起こす人々は、
「やれること」を考える前に「やるべきこと」を考え、
その中から、「やれること」を探す方向に行って欲しい。

この素敵な港町..小樽のために。

ウンチが出た!ということは??

sizuku
ウンチが出ました!
と、いう事は?
口から胃袋、そして、腸まで食べ物が通過したという事です。
対策の幅が少し増えたと考えています。
ドクターの適切なアドバイスがsizukuを見る目を変えてくれました。感謝です。
写真はありません。


びっくり眼のhana
手前でゴロンとしているのはクマ型catのkilalaです。


日中はお日様も出ていて、むしろ、暑いくらいでしたが、monはここで寝ていました。
ジャストフィット。mon



今日はいい出会いが二つ。
共通していたのは「見過ごせない」でした。

「消えそうな命に出会って立ち止まる」
意外に勇気がいることです。
「地球より重い命」が
人生をほんの少し変える貴方の勇気を待っています。

人生を変えることは何かを失うだけでは無い。
何かを増やすことも有る。

何事にも変えがたい、何かを...。

2019年6月9日日曜日

空を飛ぶ夢....?

左が大先輩のゲンちゃん。
右がゆうき君。



我が家も猫は多い方で、寝姿を見る機会は少なくありません。
でも、
これは無い〜〜〜!


私もずいぶん長い間、動物を取り巻く環境には無関心でした。
導かれるように猫と一緒に暮らし始めて、数年になりますが、
猫に限らず、動物たちの悲惨な状況はあまり変わっていません。

国は漢方薬の効き目を試すようにのんびりと状況を見ているに過ぎません。
しかし、その行政を作っているのは私達だということを忘れてはなりません。

ずいぶん昔から、
行政だけでは「課題を解決する力」を失っています。
あまりにも「課題が多様化」し、
「専門家」も、それを「マネージメント」する人も、育成が実態に追いつきません。
これからは「官民協働のシステム構築」無くしてはキメの細かい「課題解決」は困難です。

動物に関して言えば、その、「官民協働」に達する以前の状況。
行政が「社会の課題」と、捉えていないレベル。
市民は「団体」「個人」を問わず、
お互いが共通点を見出し、大きな意味で「一つになっている」ことをアピールしなければ、
「革命」は成し得ません。


家中を駆け回って遊ぶ?あられ。
ちょっと疲れたかな。
外からパチリ。

2019年6月8日土曜日

大成功!

昭和が現存する街。
銭函。




ここから、「命」をつなぐリレーが始まった!

準備良し!

勉強しました!


「オイラの仲間を救うために、みんな、よく頑張ってくれた、ありがとう。
今日は少しゆっくり眠れそうだ、
みんなもしっかり寝て、明日からまた、仲間の命をつないでくれよな!
じゃあ、おやすみ、そして、ありがとう。」


m、k、jより...。

追記。
保健所さんのリサーチ能力、見直しました。
紙媒体での啓発活動をぜひ!一緒にやりましょう。

銭函

銭函で、勉強して、
猫と仲良くなろう!

2019年6月6日木曜日

今日は割と調子いいかな?

朝、新しいご飯の前に、顔を綺麗にしました。
自分の傷を手(足?)で拭うので、ひどく、汚れます。
手足をお湯で拭きます。
綺麗でしょ!
sizuku。


ペットとして家に入った猫はいません。
外暮らしの限界を見て、入ってもらいました。
思えば不妊手術後も長期間、化膿と戦いました。
持って生まれた「弱さ」があるのかもしれません。
他の星で人類が生活しようとしている現代で、こういう症状がある程度、改善されないとは、にわかには信じがたいことです。
「今を生きる」
この言葉を教えられる毎日です。


この花、萎れているようで、そうでも無い。
可憐で逞しい。

車に慣れるのに大好きな港へ行ってきた。


車は説明書を読まなければなあ...。
これ以上進化するっていうんだから、ヤレヤレって感じだ。


さあ!!!
今度の土曜日は銭函で勉強して遊びましょう!

2019年6月5日水曜日

選手交代?

お日様、どうなってんの??
これはバッターボックスに入らず。

これが指名打者で登場。



sizuku。
少し肉がついたかな?まだだなあ...。傷をこするので、汚れます。毎日ゆっくり拭きます。新しい傷にならなければいいんです。


正面からの顔、出すかなあ...迷います。
私はある意味、慣れました。ちゃんと「カワイイsizuku」を見れています。
でも、慣れない方には難しいと感じています。
ちょっとだけ、掲載します。「目力」を見てやってください。


ネットでも調べました、病理関係の後輩にも訊ねました。
無いんですね、打つ手が。
人間も同様のようです。
「難病指定」..人間ならば..。


sizukuは最近、仲間の動きに反応します。
とにかく、動きの早いmon。

sizukuが目で追うのも大変なくらいです。


灯油ストーブは彼の現状に欠かせません。
20度前後を保って、湿度を下げないように注意しています。
寝ている姿勢で温度が判ります。
この感じはちょうどイイはずです。



さて、もう直ぐですよ!!
6月8日(土)は
銭函へ行こう!!

2019年6月4日火曜日

良く、働いてくれました。

猫と私の通院のため、本当に良く働いてくれました。
致命的な経年劣化が見つかり、危険でした。
市内の近距離は別ですが、うっかり、他人様を乗せることもできませんでした。
しっかり掃除して、お礼を言って引退をしてもらいました。

新しい車は当然、来る訳ですが、
一緒に「セイキュウショ」なるものがガッツリ付いて来ます。
これからはこの「セイキュウショ」との戦いが始まります。


今週ですよ〜〜〜!
みんなで銭函へ行きましょう!!
「猫のための勉強会」


「オレは寝ているけど、みんな!仲間のために行ってくれよな」
「頼むぜ!」
エル君(右、青いケージで寝ているふりをしています)他多数より。
「俺たちの集合写真って、まず、無理だから、これ、ちょっと前の写真だよ」