2019年12月3日火曜日

道半ば...。

何日、続いたでしょう、
そして、
これから、何日、続けられるでしょう。
朝、5時半、水とご飯を持って生存を確認をする日々を。

彼女はこのドアを叩き、「ミョオーミョオー」と人間のお母さんを呼ぶ、
ご飯を食べて、五分も経たないうちにもう一度、そしてもう一度...。
数回繰り返すとどこかへ消える。
消える間際、一瞬、こちらを見る。



彼女は精密検査、ワクチン接種後、家族になりました。
ご紹介します、The nini「にいにい」です。



人間の孤立感と絶望感は
ひたすら救いを求めるつぶらな瞳と向き合ったとき、
霞のごとく消え去るようだ。

自戒。
困難と不可能を混同しないことだ、
夢も希望も叶うまでは不可能に思えるが、
困難という道の半ばを歩いているに過ぎない。


「貴方はいったい何をしたいの?」
よく聞かれる。
旅立ちの理由を理解していれば、行く先を尋ねる愚か者は少ない。
特に一緒に旅立った人間は愚かな質問などはしないはずだ。

0 件のコメント: