2020年5月23日土曜日

時代は変わる。

月命日。
めいちゃんに会ってきましたよ。
ここには大好きだったj、キングオブk、がいます。



ここの木々、花々に、ある種、特別な強さを感じます。
自然に対して、決して優しいと言えない、この時代、
文明を優先するが故の無慈悲な放置という中に在って、
逆らうことのできない自然は地球より重い命を腹むことでその強さを日々増しているのかもしれません。
木立のささやきは「優しい響」とは異質の「問いかけの声が聞こえる」
私たちは静かに頭を垂れ、その問いに応える時代に入っていると思いたい。



このエリアは一人の市民の元に多くの有志が集い、非現実的、且つ、極、微量の公費を補うべく、
私財を投げ打って維持管理運営していることを
「命に真摯に向き会い、考え、行動する」世界の仲間に知ってもらいたい。



ナンダコリャシリーズ(まだ、シリーズとは言えないかも....)
毛深いラッコ。

上から見ると....

お顔は...

カワイイくまさん顔なんですが、撮影は困難を極めます(かなり大げさ)
ハイ!kilalaですね〜〜。(登場回数は多い)


我が家の最古参のi。この渋い顔は??

modoが午前中のいい場所から動かないんですね〜〜。
戦えばiはおそらく我が家で最強。まともにパンチを食らったら、頭蓋骨が危ない!(私は経験済み、骨まで響きます) でも、iは動かない相手には反応しません。絶対とは言えませんが、このiとmodo、今のところなんとか同居可能です。なんとなく、i が気の毒だと感じますが、母親と一緒に暮らしている別な幸せ感があるのでは、ということで少し我慢してもらっています。

2020年5月22日金曜日

不調と好調。

はい!

まだ安心はできませんが、こちら好調のようです。

右側のカリカリご飯、減ってますね〜〜〜!
食べれるようになったようです。
この姿勢、久しぶりに見ます。これだけで目から水が出そうだ...。
万が一の場合もあるので同意書にサインしなければならないほどの手術。
帰宅するまでは生きた心地がしなかった。
あらためてご紹介いたします。
The ジュニア。


こちら、薬は順調なんですが、引きこもりと自傷するパニックが少々増えています。
愛しさに順番は無いけど、この猫家族は特別。外暮らしの時代から常に出血していて、家に入ってもらってからもその状態は続きました。
ドクターのご指導のもと、試行錯誤が続きましたが結果的には難病奇病の類。
今の薬にたどり着くまで、辛い思いをさせました。
完治はもちろん期待できませんが、これほど私を警戒しない猫家族はいません。
よくぞ、生きていてくれる、これが毎日毎日の実感です。無邪気とはこういうことを言うのかもしれませんね。あまりにも瞳が綺麗すぎると思う瞬間。
pilika


同部屋のcoco、pilikaと仲良しにはなれないけど、喧嘩もしません。きっと、パニックには驚いていると思いますが。
coco


朝の散歩は必須、港が見えるだけでも得した気分。(散歩の後、猫家族とのタフなやりとりが始まりますので、この朝の空気は必要なんですね〜〜)


2020年5月21日木曜日

ナンダコリャ??

fuのおしっぽさん。



今日のpilika。
表情は少し穏やか?かな?

でも、ちょっとパニックを起こして、傷を深めてしまいました。化膿していませんので、まだ、慌てませんが耳に近い場所なので、心配は付きまといます。


同じ部屋に今は人間のお母さんが寝ます。写真はありませんが、momoのストレスを考えてのことです。
明るいうちからそのお母さんの枕を独占しているのはcoco。



右のデカイのが息子のi。左がお母さんのm。こういう様子、実は極端に少ないです。
m母さんの頑張りが愛しいです。



お日様がありがたい肌寒い日でした。

2020年5月20日水曜日

タンポポは強いね。

タンポポは強いね。


こちらも強い。猫家族のkilala


こちらはノンキ?coco。まずはポイントの足。

全体。


こちらはある意味最強?クリスティ。なんのためらいも無くよじ登ります。


ほとんどお世話をしていないのにしっかりと咲いてくれました。


外へ出る時にマスクは必須、でも、うっかり忘れること、ある。
このくらい、緊張しているんですね。
さて、長丁場、みなさん、「感染させない」ことが最強の「感染しない」武器。
メディアが流している「今までと違う生活スタイル」
「頑張れば物質的に豊かになれる」
この経済システムを見直すということなのかなあ?

2020年5月19日火曜日

ジュニア、新しい薬、良いみたいです。

今朝は30分ぐらい、マッサージと汚れ落とし。
汚れ落としはうまく進みません。
お腹を見せないので、じっくりと距離を詰める以外にありません。
顔はさすがにまだ、触らせてくれません、足(手?)から綺麗にしていきます。
総合栄養食ではありませんが、
痛み止めと抗生剤を一緒に食べてくれました。

おかげさまで午後、ゆっくりと庭の冬じまい(遅すぎだね..)を始めました。
食べている様子です、顔が汚れているのはヨダレのせいです。


最近、動きがユーモラスなmimo
トンネルに入ったのですがいつの間にか、こちらを向いていました。
いつもよりは真剣な顔つきなところを見ると、自分でも驚いている可能性...大!です。

今日もオヤクソクのmodo。
物陰に潜んで何も食べなくなったり、声が出なくなったりと、とにかく他の猫家族とうまく暮らせません。
だから、わがまま?に育てましたので、その通りになってくれました。


もう少し貪欲に食べてくれると安心なんですが....。

2020年5月18日月曜日

ジュニア、不調。病院へ。

もう少し後で治療予定でしたが、今朝の様子を診て、決めました。
病院へgo!








帰宅してすぐに新しい抗生剤をご飯と一緒に食べてくれました。家でも痛み止めを飲みながら、こういう状況はあるんですが、今朝はNGで表情も悪かったですね。


口内の不調、難しいですね。
総抜歯という手段も残っています。
リスク(主に麻酔、止血?)とその後の完治の可能性。
これらはドクターの技術以前の問題でいつも選択を迫られる課題です。
今は家庭内の治療でいきます。
新しい薬の効果も診てみます。

2020年5月17日日曜日

動くpilikaと動かない蒸気機関車?

pilikaです。
猫と暮らしている、貴方、pilikaってちょっと違う....
と、感じたら、正解!

説明は省きますが日常のpilika、こんな風です。


こちらは動きません。
小樽の博物館の展示物。
散歩の途中に見ることができます。


港もあるし!


どちら様も手宮まで歩いてきてね!
しっかりゆっくり歩けばもしかして素敵なカフェレストランなんかに出会うかも。