2020年5月9日土曜日

ジュニアがお薬ご飯をしっかり食べてくれたので、夏タイヤ交換とシーズンチェックに行ってきましたよ。

このご飯、本当は総合栄養食の補助的なもの、「おやつ」です。

とにかく、リスクを考えた限界までの手術は済んでいますので、後は食べて、体力をつける以外にありません。 再手術も選択肢としてはありますが、完治の確率は?で、同じ状態になることも少なくありません。 口内の病気(体質、加齢)なのでまずは食べる!
このご飯には痛み止め(炎症を抑えるなど)とサプリが入っています。
問題は食いつきに大きなバラツキがあることです。
試行錯誤の上、現状があるわけですが、明日、どうなるかは判りません。

今日は私の都合を察してか、しっかり食べてくれました、ありがとうジュニア!


m母さん(最古参です左奥)のそばを通ってクリスティがご飯を食べ始めました。mの表情に注目!

mが消えました!

その動きは?


迫力で圧倒、この力が息子のi君を守り、自らもマイペースで生き抜く力だ。抱っこするまでに10年以上時間を要したが、今はお母さんにくっつくのが日課になっている。しかし、それはmのペースであって人間の意思ではどうにも制御できません、見事な生き様だと思います。

pilika、ガリガリと私の指を噛みますがなんとかお薬ご飯をその指から食べてくれます。
多くの方々が病気の動物のお世話で苦労されていると思います。
pilikaも薬を中断できない状態です。
独特な目つきですが、本当に私を信頼してくれています。
今日もブラッシングのあと、薬、okでした。



今一番ホット?なmimo。
「ウィルスなんかに負けてどうするんですか?頑張るよりはしっかり恐れて、他人を思いやり、できることをやりまショ!」
と、言っています。
それにしてもイイ表情だなあ。



小樽のyさん、ご支援ありがとうございます。
頑張ります。
yさんの家計も大変だと思います。
無駄にしません!本当にありがとうございます。



小樽はお金持ちが多いのか、支援金がこれほど遅くなることに行動を起こす人がいないんだな〜。
私たちが選んだ市議さん、市長さん、そして、「良き公僕となると誓って現場を守っている人々」
貧乏の実感、少ないのかなあ...。
本当の貧乏ってねえ、「明日、死ぬしか無いなあ」と思う瞬間があるということです。
市長名で金融機関から12億円を一時お借りしたらどうですか?
国という担保がついているんですから、
もしもこれを「常識はずれ」という人がいるんだったら、
勘違いしないでいただきたい、
それぐらいの「覚悟」で今の地位にいるんでしょ、ということです。
「今が大事な時です。新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、重ねて市民の皆様のご協力をお願いいたします。」
これは市長のページに掲載されている文言です。
何か欠けていませんでしょうか?
一部、無関心の方々がいらっしゃるかもしれませんが、
みんな自分の命を守るために頑張っていると思います、
その「頑張り」ができなくなるというのが現実的な叫びです。
「小樽の再起動」を実現するために、ぜひ!御一考賜りますよう、心底よりお願いいたします。

2020年5月7日木曜日

momoに好かれて....。

この写真は私の膝にmomoが乗っかっているところです。



でも...本当はpilikaの薬の時間。
そのpilikaはキョトンとしています。
この後、なんとか指先からお薬ご飯を食べてくれましたが、これからはmomo対策?も考えなくては...。



春の港だね、力強いよね、桜が応援しているようだね。

みんな、大変だよね、我が家は猫や猫仲間の応援でなんとか生きているよ〜〜〜!
ネットも役に立つことあるんだね、みんなの苦労が伝わってくるもんね。


今日は小樽のMさんから猫のご飯の支援がありました、本当に助かります。ありがとうございました。

2020年5月6日水曜日

微調整。

昨日5月5日(火)にこのブログでお知らせした庭の小屋の土台。
車のジャッキで苦労した一件。

微調整が必要です。
全体が均一に沈まない土壌なので根気よく付き合います。
今日はジャッキの出番は無し、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、バールという鉄製(最近はアルミ製もあります)を使い、てこの原理で持ち上げます。バールの写真は別な機会に。

沈んでいる足の部分にまずは板を挟みます、次に全体を見て2ミリの調節専用のスペサーとういうブラスチック板を差し込みます。
この微調整をしっかり覚えておかないと私程度の技術では小屋がひっくり返ります。



modo、らしさが写っていると思います。接近してその瞬間を待つ。今日はちょっとだけできました。


やはり不調なゆっちゃんはそれなりに写ります。
カメラを固定して写しましたので、ブレはゆっちゃんが動いたからです。
わずかな気配が気になるんですね。この辺が体調にも反映していると思います。



誰もがあからさまに態度に表さないだけで、今は不安がすべての行動を制御しているようです。
しかし、敵が見えないとしても負けるわけにはいきません。 だから、もっと強く恐れて、
恐怖より大きい戦う意識を持つことが必要だと思います。

何度も書きましたが、強く思っていますので、また書きます。
「無関心はウィルスにとって、強力な味方です。」

2020年5月5日火曜日

多分初お目見え!

monちゃん、二階から一階へ!

未だに彼女のスピードについていけません。(昨日5月5日は彼と書いてしまいました、ごめんなさい、お嬢様)
これからどんどん追いつけなくなるんだろうなあ.....。



ゆっちゃんが経過観察中で違う部屋にいる時間が長くなり、i君としては平和.....。


考え事かな?fuちゃん。
デカイ先輩が旅立ち、モフモフ感も手伝って大きさが際立ちます。
抱っこもできるんですが、ちょっと遠慮してしまうほどデカイんです。



ウィルスは侮れない。
総力戦で立ち向かう以外に勝つ方法は無い。

2020年5月4日月曜日

体力。

これはレスキューハウスを夏バージョンにしているとこです。



これは素人大工(私で〜〜す)の小屋の雨漏りの応急処置です。


これは車のジャッキですが???


レスキューハウスが設置されている場所が日本庭園造りの樹木のコーナーで地盤が重さに耐えられなかったんですね。

傾きをなんとかしました。(どこまで持つか?応急処置ですよね..これって)

庭を守っているのは?
ゴロ君、(名前は今考えました)



この程度の作業でも、体には効きます。
膝や腰の筋肉の実力を頭が理解していないようで、ヨロケても怪我が大きいのでは?とつくづく感じます。
今、できることが明日は判りません。
知恵の出ない奴は汗を出せ!と、昔はよく言われましたが、どちらも出なくなりましたね。
準備運動と労働後のストレッチをバカにしてはいけません。
今だと外科に行くのも気が引けますもんね。

2020年5月3日日曜日

ゆっちゃん、頑張りました。

先生を威嚇することはありませんでした。

先生の手は傷跡がだいぶ増えていました。
ゆっちゃんは静かにしてくれました。
出血の原因の特定には全身麻酔が必要。
今回は点滴と注射で様子をみることになりました。
帰宅。



何か考えている?
考えていません、次の遊びまでのキュウケイ。
mimo


ゆっちゃんがお世話になった病院は待合室で三密が発生しないように徹底的に管理されていました。
駐車場で順番を待って、デジタル機器で知らせるなど、消毒液もしっかり、全員がマスク。
新築ということもあるのでしょうが私が見る限り、換気と空調は完全だったと思います。

それにしても、ウィルス、手強い!
できることを徹底して実施して、 何より、「他人のことを想う気持ちを」しっかりと持って、頑張りましょう。
防ぐこと、人に感染させないこと、この二つがしっかり実行できれば、
勝てる!!!


小樽も給付金などの決定の議会を今月中旬頃なんてのんびりしていないで、
今すぐ、明日にでも議会を開いて給付をすぐに始めないと、
ウィルスで死ぬ前に餓死する人や自殺する人が出るよ!
2月くらいから、収入が途絶えている人が居ると思う。
最悪の状況を想定できない首長なら
正直、人間としての資質を疑わなければならない。要は「ビンボー」を知らないのかもしれない。
市民は今の行政をしっかりと見つめ、
次のステージに活かそう!