2020年1月4日土曜日

ジュニア、病院へ。

ジュニア、
口の中が不調で、病院へ行ってきました。
今後の対策を計画するためにジュニアにはすまなかったけど、
お昼から夕方まで、病院に居てもらいました。




病院へ行って相談する段になっても、家で考えていたことを上手く説明するのは苦手だなあ。
そこで、
メモ!!

これを看護師さんに渡しても、いざ面談となると緊張しますね。同じことを何度も繰り返したり、毎度、お手数をかけています。病院のみなさん、ありがとうございます。今年もよろしくお願い致します。

さて、肝心のジュニアの今後ですが、
「抜歯」は根治を期待できるけど、麻酔や術後のリスクは低く無い。
ステロイドはキッックバックの糖尿病のリスク。
インターフェロンは根治を目指すものでは無い。
結論、
抗生剤とステロイドで1ヶ月ほど様子を見て、抜歯も視野に入れながらその後を決める。
でした。

難しく、厳しい状況です。


ピリカのお薬ご飯。
僕?

ドヤ!

ハナマル!100点でした。


それではみなさん、おやすみなさい。
chipo

2020年1月3日金曜日

ここに集まれれば問題なし!

食事制限の猫家族がいるので、時間制にしたご飯風景。
ここで食べようと頑張る家族はまず、問題無し!と考えて良いと思います。


ジュニア、mame、mei、chipo、momo、食事制限や一緒に食べれない家族。
焦らず、工夫を重ねる以外に無いようです。


何度か紹介していますが、ここをお気に入りの場所にする家族は時々変わるようです。今日はulan。

離れて見るとこうなっています。


大好きなfuちゃん(左)にしっかりくっついてこれから眠るmon。


眠そうなのはmimo


眠ってしまったクリスティ。


家族が増えてもしっかり眠って欲しいm。大丈夫ですね。


寝顔と遭遇するのは少ないビジンサン、juju。



緊急装備というほどのものではありませんが、いつも車に積んでる猫遭遇グッズと自分の予備防寒着などを点検に駐車場に行った帰りに写しました。
いつもの大きい船、これから出るのかな?



昨年よりは少し優しい冬ですが、
油断禁物、
みなさん、健康には十分ご注意を!!

2020年1月2日木曜日

我が家に新しい応援メンバー。

ピタリと決まっています。
しっかりしなくちゃなあ..と思います。
我が家の新人応援メンバー。


体は大きいけど我が家ではまだ赤ちゃん。
chipo
寝る場所をしっかり確保するんですが、先輩に押し出されることも少なくありません。


照明が猫家族にとってストレスになる。
そうかもしれないなあ..と考えて変えてみました。

暗すぎました....調整します。

新人niniこんなところにいました。

この場所を廊下から見るとこうなっています。niniはまだ出口に興味があるんですね。もう少しできっと仲良しができるから、我慢してね。もう外では生きていけないから。


modoは我が家で唯一、私のそばにいてくれる猫家族です。一時は生命の危機も可能性としてあり、仲間ともうまく暮らせず、食事の管理が必要で、私がそばにいる時間が長くなったのがその要因だと思います。もう少し体がガッチリしてくれれば気が楽になれるんですが、思うようには行きません。せいぜい、わがままに十分付き合うのができることかも知れません。



「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令案等に対する意見の募集(パブリックコメント)について」
FBの仲間が教えてくれました。
法律があってもその有効性が必ずしも現状に即しているとは限りません。
法律の運用は各自治体の裁量に任されていますので、違反行為はNGですが、積極的に法律を活用して行動しなくとも「なんのお咎めもありません」

一度このサイトをご覧いただき、何がどのように問題なのか?をじっくりと考えていただけると心強いです。
私もプリントアウトして、マーカーを入れながら国に対して何を言えば良いのかを勉強します。 そのサイトは
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195190075&Mode=0

よろしくお願い致します。

2020年1月1日水曜日

どっちが難しい?

海のゴミを一掃しようとする若者がいます。
「人間はそれぞれの能力を持ち寄って新しいものを作ることは得意だ」
彼はそのようなことを言っています。

小樽の街から悲惨な状況にある動物たちを無くすことと、
どちらが難しいかな?

もし、
同じ目的の人が集うなら、
話し合い、
理解し合い、
共通点を見出し、
それぞれのできることを組み合わせて活用できれば、
悲惨な状況にある動物を救うことは意外に可能なことかもしれません。

本年もよろしくお願い致します。
写真はj。




大好きなジュニアが不調で療養中、一番の新人(新猫?)niniはお友達ができるまでにもう少し時間がかかるようです。

遠慮しているように感じるのは考えすぎかなあ...。
大丈夫!しっかり応援するからね。

2019年12月31日火曜日

感謝。

例年同様、色々なことがありましたが、
なんとか、ここまでたどり着きました。



動物の命と真摯に向き合い行動する皆様の勇気と優しさに厚く感謝いたします。
来る年もよろしくお願い致します。

我が家も数人の方の援助で成り立っているような状態ですが、本当に助かっています。
まずは越冬、頑張りますので、これからも重ねてよろしくお願い致します。

実際は闘病中の猫家族もいますし、本調子では無い猫家族もいます。
今日は普段のスナップを掲載させていただきます。
全員は無理でした..。



そして私たち夫婦にあらためて「命の重さ」「命の儚さ」を教えてくれた「Kちゃん」。
彼の名前をつけました。

元気でも心配....。

12月29日(日)、検査を受けたmeiちゃん。
二階から一階に降りたり、あちこちとピョコピョコ動いて、元気な1日でした。

それなりに元気だと感じても、過去の経験が心をよぎります。
重病でも一時元気に振る舞い、その後....ということが、私たちの心底にあるんですね。
写真はありません。


不思議な生き物が写っている?

kilalaの足...でした。

pilika
ちょっと不調、パニックの回数が増えた。
自分で傷を作るパニックなので、特殊な薬を飲んで抑えていますが、気圧や、温度、人間との接触時間などで、症状が重くなるように思います。
猫と一緒に暮らしている方でも、この目つきだけでは意外に気づかないかもしれませんね。
外でも血だらけでしたし、今の薬を飲む前は家に入ってからも私たちを驚かせました。
でも、大丈夫!
こちらがあまり慌てないこと!(これがなかなか難しい)

2019年12月30日月曜日

がんと闘うmeiちゃん、定期検査。

家から出るのがまず難関。左はコンクリートの崖から、右は屋根から雪が落ちてきます。

車は屋根からの落雪を避けて、meiちゃんを車に乗せられる位置。微妙に傾いています。


よほどのことが無い限り、途中で止まりませんので、動く前に確認。どの猫家族も同じですが不安な顔を見るのは何度経験しても慣れません。


検査結果は
癌の進行を辛うじて留めている状態です。
4ヶ月から5ヶ月と言われていましたので、
ドクターも「年を越せるとは頑張ってますね」

私たちができる範囲では良い結果と思っていますが、
薬による副作用など、これから何が起こるか判りませんので、重い結果であることも確かです。