2017年7月9日日曜日

嬉しいことと、憎むべきこと。

嬉しいこと。
預かりさんで、rip(リップ)君。
元気にしています。
症状の完治までにはしばらくかかると思いますが、
ご飯、水、トイレ、どれも、立派です。
何より、彼を包み込む命に寄り添う心が一番の薬のようです。
私は小さい猫はあまり知りません。
こんなに小さいのか!
素直な感想です。
おもちゃで遊んで、疲れたかな?
夏用サークルに入りました。
今度は備え付けの紐と遊ぶようです。
今日の夜はあまり鳴かないような気がしますが、どうかな??

写真はrip(リップ)君の兄弟、ベル。写せませんでしたが、もう一匹はpot(ポット)


玄関でぐったりしていたらく君、和室に入ってもらいました、
やはり、玄関暮らしは厳しかったようです。不調に加え、エイズのキャリアですので、少々焦りました。早く元気を取り戻して欲しい。
やっと、水を飲むために動いて、ご飯までたどり着いてくれました。(いやはや、本当に焦りました。)

らく君が出た玄関に外で頑張ってもらっている、ジュニアが来てくれました。冬、他の仲間とここを基点に暮らして欲しい。届け!、願い!


憎むべきこと。
動物虐待が発覚。
小樽の街中です、詳細は明日。
勇気ある行動をしてくれた通報者の方、本当にありがとうございます。 犯人を見ているようですが、伝聞ですので、わかりません。相手は異常者、くれぐれも自分を守ることを一番に考えて行動してください。
札幌の団体さんが夜を徹しての対応、警察も本格的な調査、なぜか、この件、保健所には届いていないようです。届けば、別な角度での対応が始まります。これは犯罪のことですが、保健所の領域でもあることをご理解願いたい。

0 件のコメント: