2019年7月19日金曜日

探して探してたどり着いたら?

我が家の捕獲器はお隣の町内で頑張っています。
しかし、ちょっと気になる猫が庭に出没、体調が思わしく無い。
そこで、
もう一つ買いました。
苦労(?)して探してみたら、
以前買ったものと同じでした。




仲間に教わった安全策。床部分の網穴に直接足が刺さらないように平らにします。


木製の枠で全体を覆います。はじめはトンネル状態にして、ここでご飯を食べてもらいます。


捕獲器はそれほど種類がありません。
仕掛け全体を折りたためる仕掛けのもありましたが、避けました。
猫にもよりますが、捕獲された時、想像できないほどの力を発揮します。
出来るだけ素早く布を被せますが、車に乗せるまでに相当の力が要る場合があります。
シンプルな作りであること、針金の先端の始末(やすり残し)がしっかりしていること、 この辺は日本製が安心です。
ケージやキャリーも猫に触ったことの無い人が作ったのでは?と思わられるものも少なくありません。
プラスチックの加工を機械で処理していますので、どうしても縁が鋭利になります。手仕事でやすりをかけている業者は今のところ見当たりません。
紙がすっぱりと切れるほどのものも経験しています。

せめて、子供のおもちゃ程度の安全基準は欲しい。

リードをつけてもキャリーに入れないで車に乗せる人は珍しく無い。
事故の時、最初に死ぬのはおそらくは...動物。

2019年7月18日木曜日

お花、ありがとうございます。

愛しい仲間の死を受け入れるのは簡単ではありません。
お花をいただきました。
涼やかな風が吹き抜ける暫しの安らぎが漂います。
ありがとうございます。




この塔もいつかは忘れ去られるでしょう。


順序は少し後になるけど、このビルも...。



選挙運動、
「安心安全」「少子高齢化」「年金」「人口減少」

「動物たちの悲惨な状況」は票になりにくいのか?聞こえてこない。

無関心とは善人の沈黙のことだと思うが、
立候補している人たちがその善人であることは疑いが無い。

「貧しきもの」と「罪を犯したもの」そして「動物」の扱いを見ればその国の本質が解るというが...さて??。

2019年7月17日水曜日

私、写ってます!

ボランティアグループのTシャツ、買いました。


まずはここを見ていただきましょう。
「おたる樽ねこ」と書いてあります。ボランティアグループ名です。


全体はこうなっています。

絶賛発売中! 詳しくは「おたる樽ねこ」で検索!


こちらのポスター、

こちらシロクマ食堂さんと、


ハローキッズ(学習塾)さんに掲示してもらいました。


末広町のYさん宅にも掲示していただきました。潮祭りの最中だから、寄れる人は寄ってください!よろしくお願い致します。


仲間が亡くなってちょっと気落ちしている二階部屋、monちゃんは大丈夫なようです。いつものビックリマナコでご対面!
ありがとう、そして、ごめんね。

2019年7月16日火曜日

小樽の動物愛

「厳寒期に屋外で飼育するのは残酷。前向きに検討する」
これは
「災害時の避難所内へのペット持ち込みについて」
小樽市長が議会で答えたものです。

世界レベルから言えば、小さな一歩ですが、
小樽市にとっては大きな一歩だと思います。

動物に関して多くの自治体は
「しなければならない仕事」としていません。
言い換えれば、
「仕事にできない」と言えるでしょう。

このような現状を作っているのは
自治体の職員さんだけではなく、
私を含む、
多くの一般の市民です。

多くの市民がほんの少し関心を持ってくれれば、
この瞬間も悲惨な状況にある動物全てを救うことも
決して不可能ではありません。

動物と人との共生を考える時、
「善人の沈黙」は
高く厚い壁となっていつも行く手を阻みます。



ジュニアは時々、悲しそうに声をあげますが、
人がそばにいると落ち着きます。
ありがたいと思います。
私たちを少しづつですが、信頼してくれることが...。




このポスター、掲示していただきました。

小樽市梅ヶ枝郵便局。

いつもありがとうございます。

2019年7月15日月曜日

CDラジカセと曇りガラス。

CDラジカセ、買いました。


その訳は....

考えてみれば当然のことですが、
仲間が居なくなって異変を感じない方が不思議ですよね。
二階の仲間は特にダメージがあったようです。

一階は音楽が途絶えることはまずありません。
私の習慣もありますが、癒し系を中心にジャズ、ロック、歌謡曲...色々流れています。
「そうだ!二階にも音だ!」
思いついたら、Kズデンキに居ました。(ちょっと盛っています)
必要最低限の機能で簡素な作りですが、我が家の暮らしから言えば高価なものです。

仲間全員が気がかりですが、特に心配なのは限界を見て家に入ってもらったジュニア、そして、病院で精密検査を受けたfuちゃん。
少し前から頻尿の徴候のあるchipoちゃんです。

まずはfuちゃん(左)の午前中。
私が差し出したものを食べるようになり、鳴き声も聞こえます。行動範囲も増えました。右はchipoちゃん。


そして午後、2回目のプッシュご飯。OKです!




なんで?ガラスを曇りにしたのか??
外から家に入ってしばらくはグッタリと眠っていたジュニア、徐々に違和感を行動で表します。
苦労を共にして、互いに、守り、守られていたniniとbomがまだ庭で頑張っています。
その姿が見えないようにこのようにしました。
エイズのキャリアでもあり、部屋割りはまだ決まっていませんが、この部屋はしっかりと庭が見えます。
これが最善かどうかは判りません、ただ、言えるのは「ジュニアが消えて戸惑っている庭の仲間がどこにも行かず、無事に年を重ねて欲しい」ということです。
人間のお母さんの必死の引き留め対策が開始されました。庭にいる時間を増やし、ちょっとした変化にも注意を払う毎日です。
ジュニア、「なんか変だなあ...」



小樽市も動物愛護推進(人と動物の共生を考え行動する)を地道に頑張っています。
潮祭り期間の、恒例になりました、犬管理所の啓発イベント。
主催は「任意団体HIKARU]」と「ボランティア団体 小樽市犬管理所 ドッグエンジェルHIKARU」
そして、後援は「小樽市」と「小樽市保健所(衛生指導グループ)」



定期検査では異常無しのk(右)が寝ているところへmちゃんが..。
複雑な模様になっていますが、ポイントはmのお尻さんにkの顔がひっついているというところです。


そのkがカリカリご飯を食べています。これを見ると数時間、不安が解消されます。




植物のたくましさは教えられることが多いです。

2019年7月14日日曜日

空模様、ハッキリしないね...。

梅雨?
さて?仲間たちは?(ほんの一部ですが...)

これは?

hanaちゃんだ!。起こしちゃったけど、機嫌はそれほど悪くない。

やっぱり、起こされて、怒ってる。(ゴメン)


ピリカの薬タイム、いつもなら起きてきて、体当たりしてくれるnonちゃん。梅雨空のせいか?ダルそう。


左はchipoちゃん、右はjuju。
jujuは、割と新しい仲間chipoちゃんと付き合ってくれています。(そう見えるだけかもなあ..)


この様子はulan(左)がmimo(右)を守っているのでは無く、ulanの寝ているところにmimoが潜り込んだ、らしい。



彼(蜂)がこうして来てくれるので、トマトを食べられる。
「生命の多様性」を維持継続することが大事だと思うのは考えすぎか??



今日の港はサワガシイ。