2018年3月26日月曜日

何度でも読みたい

社会における課題は時代とともに多様性を増し、「行政」だけでも「民間団体」だけでも、ましてや「個人の懸命の努力」だけでも、解決は容易ではありません。
しかし、
行政は
その責務として、
目標とその手段、抱えている問題を説明する義務はあるのではないでしょうか?

「時期尚早」「準備段階」「経済的な問題」これらを列記するだけで、
その内容を話すことができないというのは、
いかがなものですか?

こうしている間にも悲惨な動物の状況は相も変わらず、「死ぬために生まれてくる命」が後を絶ちません。
確かに、世の中から犯罪が無くなったという話は聞きません。
ならば、「どうする?」
その話を一緒にしませんか?
小樽の保健所長(不在につき法的に)、森井さん。
現場は「動物保護」については「全くの秘密主義」で、途中経過さえも話す気はないようです。
貴兄も自治体の長としてご苦労されていらっしゃるでしょうが、
動物たちが、見捨てられ、殺される、または、ただ死ぬのを待つ実態に現場が何をしているのか?教えていただきたい。


CDCA「一般社団法人民間災害時動物救済本部」

このサイトのトップページに書いてあることは自分のために常に参考にしています。
http://cdca.jp/


今日も元気に大暴れ!
最近出演の多いkilala

こちらも騒動の種、クリスティ。

大好きな人間のお母さんを爪とぎの代わりにするj君、最近、それができないので、不機嫌。後ろ姿に男の忍耐が..。写ってないよね。

キングオブkの足、ファンが多いんですよ!約1名。

外で頑張ってくれている4cats。玄関にいると安心なんですがこれからの季節は..。



我が家の壁が壊れる!

屋根からの落雪が氷塊になっています。車に倒れないように破壊したいのですが壁も守らなくてはなりません。みかんの箱が役に経ちました。

おしまいはkとj(手前)のにらみ合い?

kは一人がいいみたいで、一瞬こういう目つきになりますが、問題はありません。パンチは届かない程度だし、お互い、素早い動きはあまり見ません。このあと、くっついて寝ました、ご安心を。

0 件のコメント: