2016年7月1日金曜日

「ウラン、近況」「夏バテ」その他

ウランは昨日よりも多く食べるようになりました。
シーバ、の他は総合食よりもおやつタイプが多く、
食事の内容は今ひとつ不安が残ります。
先ずは食べる体を作って、内容を変えていく。
そのように考えて焦らず、接していこうと考えています。
水も飲みますし、私がそばに行くと「ご飯かな?」という感じで動きます。
小さな山ですが、一つ越した様な気がします。
油断せず、見守ります。
落ち着いて考えてみれば、
調子が悪そうなので家に入ってもらった訳で、
そういう意味では、簡単に元気にならないのも、自然かもしれません。

今日のウラン。
少し、のんびりしているように見受けられます。
こうして撮影しても、あまり緊張しなくなりました。
油断はしませんが、本当にありがたいことです。
応援してくださったみなさま、これからも良い報告が出来るよう、がんばります。



古い住宅ですので、断熱は期待できません。
特に二階は熱気が溜まります。
緩やかに回る扇風機の近くでバテテいるfuちゃん。
ウ〜〜ン…毛が長いからなあ…。

原因は暑さではないんですが、
ご機嫌ナナメなクリスティ。

暑さでバテテいるfuちゃん(クリスティか?)と遊びたいピリカ。
とにかく「だれか」はサッと逃げました。

仕方なく、お気に入りの場所へ移動するピリカ。

庭で遊ぶmomo。

遊び相手は?ちょっと太めのゆうき君。いいコンビになりました。
遠くに行かないで、庭で遊んでいてね、狭くてごめんだけど。


カボチャ、二景とトマト。
暑さの割には元気は今一。
もう少し勉強せねば。

いつも見ていただいて、ありがとうございます、明日は普段着の小樽も掲載します。よろしくお願いします。「猫の命を守る」ことが「社会的課題の解決を目指す(ソーシャルビジネス)」として、立脚するか?私なりに詰めています。webを最大限活用すべく、ベースとなるものを創ります。重々ですがよろしくお願いいたします。
選挙のことも有るのでしょうが、本当に小樽の議員さんは「命」について考える時間がないようです。「社会的課題」と認識されていない証拠ですね。「難しいけどあきらめない」
また、明日!

2016年6月30日木曜日

ほんの少しですが…

ほんの少しですが、
ウランのご飯の量が増えました。
おやつタイプ(ちゅるちゅる)
総合(シーバ)
シーバの方は素人なりに脂肪分を気にしています。
今は食べる方をとる以外に有りません。
皆さんからの支援物資は全て試してみます。
本当に助かります、重々ですが、感謝しています。
 水も飲んでいます。
ご飯も水も体重から換算すると少なく、
不安は晴れません。
昨日より今日は食べているので、一応は上り坂。
ケージの中の様子も写真を撮らせてくれるようになりましたし、
上下の移動も当初から見ると増えています。
病院へ行くことを前提にして、
ケージから出して、ストレスを軽くすることを考え、明日、実行しようと思います。


クリスティは相変わらず、突撃で遊んでもらおうとがんばります。
まずは、ピリカにキック(ほとんど届いていません)されました。

めげずに向かったmodo(モド)には「ぷりっ」。

これって、どんな状態??

最近、接近中のしずくちゃん。この姿勢で掃除機から隠れている?
暑さのせいも有ります、この場所は意外に涼しいのかもしれません。

二階の部屋は扇風機が回り始めました。
冬の厳しさは外猫の生死を分つほどですが、
夏でも、ウランのように何らかの原因で体調不良になった場合、
生存の確率は極端に下がると思います。
人間と動物の共生に無関心の人、全てが「気にかけてくれる」ようになるのは無理な話かも知れません。
心の中では毎日、少しづつ増えているような気もしますが…。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
明日は、お陽様のおかげで元気なトマト、カボチャ、毎年やってくる蜂などの写真を掲載する予定です。自転車も修理したので普段着の小樽も紹介したいと思います。

2016年6月29日水曜日

再会「ネック君」その他…

小樽多頭飼育放棄(h宅)の救出には
実に多くの方が力を貸してくれました。


メインとなって今も救出を継続していただいている団体さんはもとより、

私たちが立ち往生した場面で
救いの手を差し伸べてくださった方も数多くいらっしゃいます。


気持ちだけではどうにもならないことがどれほど有るのか?
未熟さを痛感する経験でした。

http://mon-ju.blogspot.jp/2013/03/2012.html
このページに登場する首の後ろに傷を負った猫。
ネック君。

あまり軽率に使いたくない言葉ですが。
保護、救出の現場を知らない、
未熟な私たち夫婦にとっては「奇跡」のリレーでした。

そのネック君に今日、
しばらくぶりに逢ってきました。

二ヶ月に一度、ご飯を届けていますので、
その都度、
逢えるのですが、
なんとなく延び延びになっていました。

簡単に逢うことが出来なかった理由をうまく言えません。
お察しくださればありがたく思います。






jとfuの会話…
j君(右)「なんか?ソーダン、あるの?」

fuちゃん。「別に無いけど、僕たち、暑苦しいビジュアルだよね、きっと…」


昨日、切る気がないと言っていたラベンダー。
ネットで調べた結果、
今日、切りました。(収穫というらしい)
物置をさわやかな香りで満たしてくれています。
虫除けにもなるそうですがコチラは未確認。
ラベンダーさん、ありがとう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「ウラン、病院か?」「エライなあ…」「撮影できるようになりました。」「jr(ジュニア)」「庭の花と作物」

朝夕は未だ涼しいくらいですが日中は夏日25度。
でも、
この部屋は我が家で一番寒いかも。

ウランの食欲が無く、今日、病院も考えましたが、
支援者の方から頂いたご飯の一つを十分な量では有りませんが、
なんとか食べてくれました。
病院は明日一日様子を見てから考えます。

丁度いい温度はいまのウランにとって大事な「くすり」。
温度は見過ごしていた、ごめんなさい、ウラン。

jr(ジュニア)は毎日来てくれています。
日差しはありがたいのですが、jr(ジュニア)にとってはそうでもないようです。
定位置、作業台の下、今日はいつもより長く居ました。もちろんご飯もしっかり食べてくれました。

人間は平気だけど、カメラは苦手のmon。
最近はシャッターチャンスが増えました。
ツメ研ぎガンバル!

「どや!」(普通だと思いますが…)

kちゃんは今、糖コントロールを二種類(カリカリとパウチ)たべています。
写真はkちゃんがパウチをミキサーにかけたものを食べているところ、見ているのはmとi。最近は理解してくれているようで、傍に居るのは食べたい訳ではなく、私に「遊んで!!」と言っているところです。エライ!!!!!

お陽様のおかげで庭に活気が出てきました。
ラベンダーはこの時期に刈り取りするのが良いそうですが、切る気になりません。
カボチャ、トマト、と一緒にご覧下さい。

「猫の殺処分を止める」ために小樽の議員にお願いしています。
進行状況の報告はもう少しお待ちください。
否定だけではなく、代案もしっかり表明しなければ、多忙の中、返信いただいた方々に申し訳有りません。
あらためて、 三つはっきりしました。
一つ目は「社会問題解決事業(ソシャールビジネス)としての成立の可否」
二つ目は「行政の一員(役割の一部の担い手)としての成立の可否」
そして、最大の難問「猫の殺処分は社会問題か?」
問題の実在に疑いは有りませんが、社会全体の中で、どのような構造が「殺処分を横行」させているのか?。
その構造の再確認をしています。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

2016年6月27日月曜日

「ウラン」「kちゃん」「mの爪研ぎは正しい姿勢」「j」「kilala」「小樽の横田議員から返信を頂きました」

ウランの食欲が落ちています。
昨日からのことなのでもう少し様子を見ます。
ドクターの指示では
「一ヶ月後に血液検査をした方が安心ですよ、」
ということでした。
状況によっては検査が早くなるかもしれません。
写真は有りません。



kちゃん。一時期少し痩せて心配しましたが、
大丈夫なようです。
小さな傷も油断できない状況でこちらも気が張りますが、あまり緊張せずに対応したいと思います。 写真、こういうような動きがもう少し多いと良いなあと思います。

mちゃんの爪研ぎは正統派。みなさま!これが正しい爪研ぎの姿勢です。正座してご覧下さい。

j君にはこのベッドでも大きすぎません。(私が寝るときに退いていただくのが大変ですが…)

筒の中のkilala?

小樽の横田議員から猫の殺処分に対する調査の結果をお知らせいただきました。激務、多忙の最中、深く感謝いたします。詳細、こちらからの再度のお願いは明日、お知らせします。現在の状況では保健所はそれぞれの議員に対応していますが、微妙に表現が違います。こちらが承知している内容も抜けているようですし、「なぜ殺すことが公に資するのか」「殺す判断は誰がどのような基準で行っているのか?」「犬管理所の業務を委託し、その業務に支障がない限りにおいて、猫に対応するというのは、いったい、どんな意味なのか?」議員各氏が質問しないのを良いことに、一切答えていません。保健所の言葉は難しい言葉が並んでいますが要は「お金と人員」がないので、適当に選んで殺しているということを「出来る限りの努力をしている」と表現しているに過ぎません。一頭だけ犬も殺しているようですが、業務を委託された業者は何をしたのですか?「殺すことが公に資する」のであれば、説明を求めます。お陽様が見ています。もう少し、人間らしいこと、しませんか?世の中には人生を賭けて命を救おうと努力している人たちが居ることを「保健所の皆さん」もご存知のはず。同じ人間のはず!どこがどう違うのか??
今回の議員への対応を見る限り、
保健所の方々も「人生を賭けて、猫や犬を殺している」こと、
しっかりと承知せざるを得ません。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。あしたも、一所懸命、書きます、どうか、猫、犬の命を応援してください。貴方の傍に、猫や犬を殺し続ける人が存在し続ける限り…。

2016年6月26日日曜日

「台風のかわいい目!」「相棒」「jr(ジュニア)」

クリスティ(真ん中)はkちゃんを大好きで、ご機嫌おしっぽさんです。「くっ付いて離れないぞ〜〜!」



まだまだ、ガンバル、クリスティ。

kちゃん、困った…。

見守るのはでっかいj君。(写真では見えませんが顔は心配そうです)

自転車、入院から帰ってきました。
これなら、札樽も大丈夫かも?海がまた、近くなりました。

自転車の占有スペースも有る歩道空間。

本来なら、少々予算を増やせば、新しい「そこそこの新車」も可能でしたが、この自転車に乗り続けるのは遺品として頂いたからです。シャーシ本体が壊れるまでは走り続けます。
リハビリとして、運動が重要な私にとって、かけがえの無い、「相棒」です。これからは登場することが増えます、猫同様、よろしくお願いいたします。


庭でガンバっていると思われる、jr(ジュニア)。
深夜、ご飯を食べに玄関に来てくれました。安心が一つ増えてうれしい!



猫の殺処分に関する問い合わせメールの返信が無い方々です。

斉藤 陽一良 議員 公明党
千葉 美幸 議員 公明党
 秋元 智憲 議員 公明党
山田 雅敏 議員 自由民主党 

濱本  進 議員 自由民主党
 鈴木 喜明 議員 自由民主党
 酒井 隆行 議員 自由民主党
 面野 大輔 議員 民主党(未だ有るとは知りませんでした、小樽の公式サイトのまま、掲載しています)
川畑 正美 議員 日本共産党
   石田 博一 議員 無所属
議員紹介の公式サイト https://www.city.otaru.lg.jp/sisei_tokei/gikai/giin_meibo.html#6