2016年6月25日土曜日

学ぶべきこと、多し。

遠来のお客様と同じ名前、hana。
やんちゃタイプやでっかいエル君と同室。
この写真は性格が現れているなあ…。

もう少し近づいて…

このネットを外せる日が来るかなあ…。エル…。

判ってくれているみたいだね。

オーシャンビューの白い家。
ピリカは庭を見て何を思う…
白い家は空き家になりました。
空き家は何となくさみしい。

「空き家!」ピリカも注目!

こちらは今が花盛り。

新人(?)のカボチャとトマト



どうすれば猫(動物)の殺処分を無くすことが出来るのか?
このサイト、学ぶことがぎっしりです。
http://florence.or.jp/


本を読んで知りました。
学ぶべきこと、多いです。あきらめないけど、難しい。

「小樽、高野さくら議員からの返事」

小樽市 高野さくら議員からのお知らせ。

保健所に確認をしたところ、
猫の殺処分に関しまして平成26年には117匹あったのに対し平成27年では29匹と保健所やボランティアの方々のお力もあり、かなり減っていると聞いておりますが、残念ながら坂東さんがおっしゃるように0ではありません。

その背景には、猫のゲージがなく保健所でも受け入れには限られていることや住民の中では猫に安易に餌を与えてしまいその後、困って保健所にくるケースも多いようなので、改善するには猫のゲージの確保や住民の方々にも動物に対し放置することのないように意識を高めることも必要なのではないか?と考えます。

議会で取り上げ、少しでも改善ができるようしたいと思います。質問後、答弁がどうだったのかを後日、お知らせをしたいと思います。宜しくお願い致します。
..........................................................
このメールに対する私の御礼とコメント

激務、多忙、議会紛糾、選挙戦突入の最中、
早々のお知らせ、恐縮です。
内容につきましては、しっかりと勉強させていただきます。


少々ですが勉強いたしました。
法律は殺処分を「是」としています。
(解釈の相違を差し挟む余地はありません)
しかしながら
憲法には
「何人(なんびと)も幸せになる権利を邪魔されない」とあります。
毎日のように、人間の無関心、無責任が生んだ命を殺して、
その人はその仕事に誇りを持ち、幸せと言えるでしょうか?
その人が所帯を持って家族で食事をするときに
笑顔で「今日は猫を三匹殺したよ!」と話せるでしょうか?
法律は憲法を映す鏡と心得ます。
「違憲合法」という言葉はそれ自体に矛盾が有りますが、
「猫を殺している公務の実在」は正にこれにあたると考えます。

更に
「猫を殺すことが公務」であるならば、
今、保健所が盾としている「法律」は、
全ての公務は「公に資するもの」としています。
小樽を含め、日本の保健所、全ては
「公に資する」ことを証明する義務が有ります。

付け加えさせていただきますと、
「公務」は命令系統が明確でなければなりません。
誰がどのタイミングで、「猫を殺す」命令書にサインをしているのか?
この部分が重要です。「犬を殺さないボランティア」さんは猫を殺すことにどのように関与しているのでしょうか?
また、
現場の獣医師の判断で行為がなされているとすれば、
大きな問題と考えますが、いかがでしょうか?
最大限、生かす努力をしていると現場が公言するのであれば、
お知らせください、
直接、その方々とお話しする準備はできています。

日本に限って言えば
「猫の殺処分」は総論で「ゼロ」を目指しています。
しかし、
各論(この場合は現場、保健所のスタッフ)は
「ゼロを目指すことは仕事(公務)では無い」
と判断しています。

議員、ご案内のハード面の問題は、
保健所として、いったい、何時から認識をされているのでしょうか?

※※
「殺処分をゼロ」にするにはどうすれば良いのか?
保健所を始め、小樽市として「話し合い」のようなものが有ったのでしょうか?
もし、有ったとすれば、議事録として残っているはずですので、ご査証のほど、
重々お願いいたします。

※※※
アドレスが確認できた全ての議員に同文のお願いを出していますが、
保健所の「お答え」「…によると」等はバラバラです。
実態が闇の中というのは、有ってはならない状況です。
殺処分数と使用した薬物の保管記録は整合性が確認できていますか?

「犬は殺さないが猫は殺す」
これに何らかの予算がついているのでしょうか。

他にも有りますが、
これらは見過ごすことの出来ない問題でもあります。
というより、
「言うべきことを言わないという、議員への侮辱であり、公務の実態を隠す行為」です。
特に、「保健所の業務の一部を業者へ委託している」等。

参考まで
犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟
役員 副会長  井上哲士(参議院・共産党)

貴議員の公式サイト、拝見いたしました。
がんばってください!。
私も梅ヶ枝町に住んでいます。
機関誌も見ています。(全部では有りませんが…)

ブログ「猫と暮らして」
http://mon-ju.blogspot.jp/

内容は後からでもかまいませんので、
このメールを見ていただけましたら、
着信確認だけでも、返信をお願いできないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

誤字脱字、失礼が有りましたら、平にご容赦を。
.......................................................................
ここまでがメールのやり取り
以下は今、書いています。
保健所は相手を見て、いろいろな返答を用意しているようです。
高野議員は共産党の方です。
公式サイトはこちら
http://takano-sakura.blogspot.jp/

...................

我が家の猫たち…
今日の一枚目はエル君 。
身体能力はi君と互角か?
これ以上は大きくならないと思いますが、
均整のとれたボディは相変わらず迫力満点。
膀胱炎のときは苦労をかけました。
こちらの下手なマッサージによく耐えてくれました。

こちらは最近ちょっと大人になった、monちゃん。
こういう表情、
我が家に来てくれた頃は無かったなあ…。

おなじみの親子。m(左)とi。 こういう状態も最近では貴重な一瞬。 m母さんは大きい赤ちゃんに、そうとう手こずります。

何度かお知らせしていますが、手宮廃線を活用した歩道空間。総合博物館までつながります。小樽においでのときは、電車に乗ってきて、ぶらりと歩いて、寿司も運河もガラスもパスして、小樽をしっかり見てください。「ステキな小樽」あります。時間によっては潮の香りが漂います。車を利用しないとどこでもビールが飲めます。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

2016年6月24日金曜日

「本の感想」「支援物資御礼」「ピリカ」「クリスティ」

この本を読みました。

程度、規模等の違いは有りますが、
内容のほとんどは北海道の団体さんも実践済みでした。
マークをした箇所は以下です。


ボランティアの力無しでは運営は難しいが シェルターの運営はプロの常勤 獣医師が居る

行政の保護施設は 営利目的の事業者には動物を譲渡できない。

情報活動で常に心がけている事は 保護活動を楽しく、淡々とつづり続けること。

寄付の見える化

里親さんを増やすことが非常に重要

不動産ビジネスとのコラボ 動物との共生に配慮した街というイメージを醸成

高齢者向けサービスを開発

ソーシャルビジネス

クラウドファンディング 限りなく寄付に近いクラウドファンディング

保護行政の民間領域を広げる

ノートラブルノービジネス


ここからは私の読後感です。 「要は資金、その集め方」
「揺るがないコンセプト」
「法律論は組織の運営上、不具合が有り」


さて、我が家の猫達…
ピリカはこういう目つきはイイ感じです。

こちら、しずくちゃん。なにしてる??

ピリカが特別食を食べる間、ガードしていました。

ここはcocoちゃんが常駐する部屋ですが、とにかく、まんまる目で驚くことになっています。

遠来からのお客様。
クリスティはバッグを食べよう(?)としています???まさか!
何となく絵になります。 クリスティは白が似合うのかな?

「シャシンデオタル」は「貨物船の出港」と「近所の神社の狛犬さん」と「工事中らしい赤灯台」
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
「殺処分ゼロ」の為に小樽の議員へ出したメール、
集計し、皆さんにもご披露いたします、もうしばらくお待ちください。
内容はともかく、着信確認だけでも、即座に返信する習慣が無いようです。
特権意識かITのマナー音痴か、優先順位が恐ろしく低く扱われているのか?
判りません。しかし、有意義です。
結果はともあれ、言うべきことは言いますし、それなりに行動します。
毎日のように「猫を殺している人間」がその辺を歩いているのは事実ですから。


議員からの返信は哀しいほど少ないですが、私の現在の感想は、「保健所の広報感覚はすばらしい!」ということです。
議員にもまともに現状を伝えないという、言わば、「イイ度胸」です。
猫を殺して平気で居られる人間、また、その事実を黙認している全ての人間、表を歩けなくなることが、未だ、判らないようです。
本当に「タフ」な人間達です。ある意味、うらやましい!(冗談ですよ!)


札幌から支援物資を頂きました。ありがとうございます。

2016年6月23日木曜日

ウ〜ン…困った…(その他)

新人(新猫)ウランとmimo(ミーモ)はどうやら元気です。なるべく早くなれるようにして、皆さんにもっと見てもらいたいと思います。
さて、
ウランとmimo(ミーモ)が入っている部屋はアガサとクリスティが入っていた部屋。
クリスティはなんとか他の先住猫と暮らしていけそうですが、
アガサは静かなる「猫嫌い」?
人間のお母さんと私以外は傍に寄せません。
押し入れの最上階、天袋からなかなか降りてきません。
ご飯は食べて、トイレも大丈夫なのですが、
もう少し、お陽様にあたらなければ体に触る様な気がします。
この写真はいつものアガサの声がしたので私が行って、降りるようになだめて、やっと傍に来たところです。(なんと、メンコイ事か…)
なので、写真は一つ。
すり寄ってくるのでうまく写せません。(あごの下の肌色の部分は私の手です)優しい静かな人(私?)が好きなんです。

老齢、ヘビー級(私たち夫婦の責任です)の為に、椅子を高くしました。
猫好きの方はご存知だと思いますが、念のため、「猫は垂直でも、引っかかる事ができれば、なんとか登る事が出来ますが、垂直の落下にはほとんど対応できません。とくに、野生が薄れている場合。」
踏ん張った足下が揺らぐ事にも慣れていません。


誰でしょう????

ノンちゃんかしずくちゃん?

しずくちゃんでした。 (接近撮影は快挙!)

今日も見ていただいてありがとうございます。
明日もよろしくお願いします。


行政は総論「殺処分ゼロ」
現場からの各論「無しに等しく」
しかし、はっきりと「殺す作業」が存在します。
近日中、fb,Twitter、このブログで書きます。
「殺処分ゼロ」
「それが叶うまで、いつでも不可能に思える」

2016年6月21日火曜日

小樽市会議員から教えていただきました。

最初、お会いして話を聞いていただいた日
3月30日(水曜日)13:00頃
面談内容の記録は有りません。

面談の内容をふまえた上で、メールで再度お願い。
2016年5月8日 23:28
私からのお願い
多忙のところ恐縮です。
ご存知とは思いますが、
保健所の動物の扱いに付いて、
4月1日付けでこのような告知がされています。
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/anzen/doubutu/itaku.html
猫はどのようになっているのでしょうか?
公式の見解が見当たりません。
お時間のあるときに教えてください。

問い合わせの回答をfb経由のメールで頂いた日。
2016年6月18日 13:03:03
以下、全文保持。(段組みは変更しています)

以前、頂いたお問い合わせについての回答も合わせてお答えします。
 小樽市で引き取った猫に関する業務について御説明いたします。
 1 引き取った猫に関する業務の現状 平成28年度から、
小樽市が実施している動物に関する業務を一部委託し、
犬管理所に収容した犬の管理は市民団体に委託いたしました。

犬管理所には、
市民等から引き取った猫を収容していることもあり、
猫の管理業務については、
委託業務の仕様書の中で、
収容犬の管理業務等に支障がない範囲で行うよう努めることとしております。

 仕様書の記載内容は次のとおりです。
 小樽市犬管理所収容犬管理及びペット等火葬業務委託仕様書(抜粋)

 (4)給餌、給水 収容犬の給餌、給水は毎日実施し、給餌内容、給餌量は委託者から特に指示がない限り、受託者が決めること。(中略) 収容犬以外の動物(以下、猫等という)が収容されている時は、収容犬の管理業務等に支障がない範囲で、給餌、給水を行うよう努めること。

 (7)収容室の清掃 収容犬がいる収容室は毎日清掃すること。(中略) 猫等が収容されている時は、収容犬の管理業務に支障がない範囲で、ケージ等の清掃するよう努めること。清掃等で排出する廃棄物は減量化に努め、分別して所定の場所に集積すること。廃棄物の処理は委託者が実施する。

 (9)収容室の寒さ対策 室内で飼われていた犬、子犬、老犬、病気にかかっている犬等のいる収容室は、適宜、電気ストーブを使用する等、防寒に努めること。猫等が収容されている時も防寒に努めること。
 引き取った猫の管理は、市職員が実施することを基本としているため、
仕様書の中で、猫等の管理を「収容犬の管理業務に支障がない範囲」としております。

5月27日現在、保健所が引き取った猫は7匹おり、
比較的手がかからない4匹は、犬管理所の空きスペースに収容し、委託した市民団体と市職員で協同管理し、手間のかかる子猫3匹は、
保健所内の空き室で、市の獣医を中心とした職員が管理を行っております。

2 「犬の引き取りと収容」と「猫の引き取りと収容」の違い 法令の面から御説明いたしますと、
小樽市で行っている「犬の引き取りと収容」と「猫の引き取りと収容」は、
関係する法令が異なっております。

犬の引き取りは、
小樽市畜犬取締り及び野犬掃とう条例(以下「条例」といいます。)第5条第2項に基づき実施し、
引き取った犬は、長橋1丁目27番1号にある「犬管理所」に収容しております。

「犬管理所」は、条例や狂犬病予防法に基づき、小樽市が捕獲した犬を収容する施設で、狂犬病予防法第21条に基づき設置している施設となっております。

このように、
小樽市で実施している「犬の引き取りと収容」は、
法令上、実施義務のある業務となっております。
 一方、
猫の引き取りは、
動物の愛護及び管理に関する法律(以下「動愛法」といいます。)
第35条第1項に定められている業務ですが、
小樽市はこの法律を所管しておらず、
道内では、北海道、札幌市、函館市、旭川市が所管しております。
小樽市は、動愛法第35条第5項の規定により、
北海道に協力する形で猫の引取りを行っております。
法令上は、実施義務がある業務ではないことから、
動愛法を所管している札幌市や旭川市のような猫の収容施設もなく、
収容した猫を飼養する十分な人員もいないのが小樽市の現状です。
以前は、引き取った猫のほとんどを安楽死処分していましたが、
動愛法第35条第4項にある「殺処分がなくなることを目指し」、譲渡に適すると判断した猫は、
北海道や市民ボランティアと連携し可能な限り譲渡するように努めております。
しかし、
人員、設備、譲渡先に制約があることに加え、
生まれて間もない子猫や交通事故等で瀕死の状態で保健所に運ばれる猫も多く、
猫の殺処分数を減らすのは容易ではありません。

 猫の殺処分の問題は、
猫の飼い主や野良猫の餌やりをしている方々に対し、
不妊手術の重要性、終生飼養や適正飼育の啓発を進め、
理解を得た上で、一人一人の意識が向上していかない限り解決しない問題だと考えております。

 小樽市畜犬取締り及び野犬掃とう条例 (捨て犬の禁止等) 第5条2
畜犬の飼育者は、畜犬が不用になった場合は、自ら処理できる場合を除き、
当該畜犬を市長に引き渡さなければならない。

この場合において、市長は、
畜犬を引き取る日時及び場所を指定することができる。
 狂犬病予防法 (抑留所の設置)
 第21条
都道府県知事は、
第6条及び第18条の規定により抑留した犬を収容するため、
当該都道府県内に犬の抑留所を設け、
予防員にこれを管理させなければならない。 (政令で定める市又は特別区)

第25条
この法律中「都道府県」又は「都道府県知事」とあるのは、
地域保健法(昭和22年法律第百一号)第5条第1項の規定に基づく政令で定める市については、
「市」若しくは「市長」又は「区」若しくは「区長」と読み替えるものとする。
ただし、
第8条第2項及び第3項並びに第25条の3第1項の規定については、この限りでない。
 動物の愛護及び管理に関する法律 (犬及び猫の引取り)
 第35条
 都道府県等
(都道府県及び指定都市、地方自治法第二百五十二条の二十二第一項 の中核市(以下「中核市」という。)その他政令で定める市(特別区を含む。以下同じ。)をいう。
以下同じ。)は、
犬又は猫の引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない。
ただし、
犬猫等販売業者から引取りを求められた場合その他の第七条第四項の規定の趣旨に照らして引取りを求める相当の事由がないと認められる場合として環境省令で定める場合には、
その引取りを拒否することができる。

4  都道府県知事等は、
第一項本文(前項において準用する場合を含む。次項、第七項及び第八項において同じ。)の規定により引取りを行つた犬又は猫について、
殺処分がなくなることを目指して、
所有者がいると推測されるものについてはその所有者を発見し、
当該所有者に返還するよう努めるとともに、
所有者がいないと推測されるもの、
所有者から引取りを求められたもの又は所有者の発見ができないものについては
その飼養を希望する者を募集し、当該希望する者に譲り渡すよう努めるものとする。

5 都道府県知事は、市町村(特別区を含む。)の長(指定都市、中核市及び第一項の政令で定める市の長を除く。)に対し、第一項本文の規定による犬又は猫の引取りに関し、必要な協力を求めることができる。

今日の写真、
我が家の猫を代表して、クリスティを掲載します。


明日は写真、沢山載せます。
読んでいただいてありがとうございます。
多くの方のご意見を頂きたく、よろしく、お願いいたします。

2016年6月20日月曜日

「イイゾ、この調子」「愛は愛?」「雨の日はテレビ」「kちゃんは銀ちゃん??」

昨日の支援物資は
飼育放棄された猫の里親さんです。
あらためて、感謝。

「イイゾ、この調子」
ウンチがあまりにも柔らかいので、心配しましたが、
こんな感じで外暮らしの疲れをゆっくり癒しているように見えます。

「愛は愛?」
i君は相変わらず…でもありません。
クリスティには優しいし、j君にはあまり興味を示しませんし…。
しかし、一応、動くものにはナチュラルに反応いたします。

「雨の日はテレビ」
fuちゃんは「ドキュメンタリー」と「美人さん」

クリスティは「天気予報」と「どっかのおじさん」
どちらも食べられませんが…。

kちゃんは階段を下りるのもゆっくりになりました。
(銀ちゃんって…?映画、蒲田行進曲の登場人物。劇中劇で階段落ちを披露します)
途中で止まる事も有ります。猫のスピードが全てに優先する決まりの我が家。ゆっくり待ちます。肩の力は強く、前足(手?)の力もまだまだ有ります。ゆっくり降りられるのも全体の筋力のおかげだと思います。

日本海に面する小樽の港には初夏の風情は有りません。
今日の「シャシンデオタル」は港遠景と定期船のフェリー。
「ラストホット」は「君、うぐいすさん???」
ここまで読んでいただきありがとうございます。また、明日!!

「歩く姿は一人前」「お陽様ありがとう」「ゲージツ」

歩く姿は一人(一猫)前…

でもなあ…
もう少し横幅が有って、目の色も黄色が薄くなればなあ…。
とにかくマイペースで動きますので、
先住猫さん達、遠慮しています。(トホホホ)


お陽様出たぞ〜〜〜!ありがとう〜〜!
すぐ、消えたぞ〜〜!!しっかりしてくれ〜〜〜
お・陽・様・さ・ん
うれしい、うれしい、momoとゆうき!
太め(失礼)で黒の部分が多いのが「ゆうき」。模様が「モーモー、牛さん」に似ているのが「momo」

トツゼンですが…山鳩?

ホットラスト(心がほっとするかもしれないおまけ)は題名「過去と未来の結合」「ゲージツを理解する猫のおしっぽさん」

今日もこのブログにおつきあいいただき、ありがとうございます。
明日もよろしくお願いいたします。


今日、うれしい支援を頂きました。猫はもちろん、人間もココロ助かります。ありがとうございます。