2020年5月2日土曜日

病院が続く。

要ブラッシング。
kilala。


同じく要ブラッシング。
fu

こちらはブラッシング不要、フケ多めなので別メニュー。
i



ジュニアは今日、病院でした。



こんな様子なので、明日はゆっちゃんが病院。(口の周りから出血、元気無し、鳴き声が極端に減りました)


ジュニアのご飯を探しに夕食後出かけたのですが、閉店時間が通常と違うことに気づきませんでした。
目的のご飯は明日の課題です。

でも、久しぶりに夜の運河に逢えました。

庭にゲージツ。

いろんな意味で限界を感じる日々が続きます。

優しさと出会った時は涙腺をきつく閉めないと目先が曇る。
猫のことでもお世話になっている方。
また...猫に助けられました。
遠慮せずに頂戴いたしました。
ありがとうございました。

この度数だと、ハバナクラブとのカクテルもスーパーテクニッックが必要だ。
しっかりと手の消毒に使います。


ジュニアの不調対応も苦慮していますが、こちらも難しい。
momoです。



人口減少のもう一つの見方。
20万人分のインフラを8万人で使う贅沢。
官民協働で新しいものを作るゆるい「座」を作るとこから始めようと思います。
要は「地球に最適な人口は?」なんてことを話せる「場」。
これが無い。
「地方自治体の活性化」
よく聞くことですが、
どうですか、「活性化」って何でしょうか?
なんて...話もできるような「場」
今日も小樽、明日も小樽。


庭にゲージツが登場。
馴染んでいるのがとてもフシギ....。

2020年4月30日木曜日

強いね。

ご近所に迷惑をかけない程度に枝を切ったり、
風で何かが飛ばないように注意する程度で、
庭はほとんどお世話してません。
そんな中、風で流れてくるのか、
いろんな花が咲きます。
特にこの花は強いなあと思います。
小屋の裏にひっそりと、でも、しっかりと咲いています。
この辛抱、今、世界中で必要なのかもしれませんね。



外暮らしが長かったあられ、動きが「外っぽい?」
この動きの理由は....
お母さんの抱っこの時間なんです〜〜〜〜!

経過観察中のゆっちゃん、のんびり、ダラリが少ないんですよね。
お母さんが抱っこする以外は休めないのかな??



お日様、いいね〜〜!

2020年4月29日水曜日

英語の勉強しなくっちゃ!

最近はアメリカからのアクセスが多い。


英語のメールが届く。
翻訳ソフトで見ると、どうやら、何かの勧誘のようだ。
違うかもしれないけど、コロナ対策のように後手に回ることが無いよう全て処分。


ついにクリスティの出待ちがここまで進化しました。

お母さんの肩に飛びつこうという作戦のようです。
キッチンに出ても外には出られませんが、危険物(刃物)などがある場合もありますので、気を使います。

バックのポスターはチャップリンの「キッド」
クリスティの背景は偶然ですが、常に心のどこかで気にしている「悲惨な状況にある動物たち」のこと、ことさら重くのしかかります。
ウィルスとの戦いはあらゆる生き物に影響があることを忘れてはならないと思います。
「生命の多様性」をあまりにも軽んじた文明のあり方もじっくりと考える試練の時、家から出ないことも大きな意味がありそうです。

2020年4月28日火曜日

ジュニアは定期的な通院になりそうだなあ...。

おなじみの写真になっちゃいますが、

こういう「おなじみ」は無い方がイイですよね。
ごめんねジュニア。


無事帰宅。



人間のお母さん、細かい作業が難しくなってきました。
毛糸編み、卒業です。
猫家族が切れ端を間違って食べることもありますので、使えるものは若い人にもらっていただいて、このカラフルな残りはショブン。



外出しない!
意外に難しいのかな。
ネットで買って、配達してもらうことが増えました。
本当にありがたいと思っています。
そこで!
こうなりました。


そして、命を守るために体を張っているすべての人々に、感謝です。

2020年4月27日月曜日

世間は厳しい状態だけど...。

ウィルス、本当に不気味だね...。

猫家族はあいかわらずのようです。
課題は多く明日も病院なんですが元気な家族はのんびりです。
ノンビリが体型に現れるkilala。
可愛く写せないんですよね、マイペースが売りなんです。


あいかわらずの形は様々。
自分の部屋からなんとか出ようとチャンスを伺うのはクリスティ。


窓から外を眺めるのはあられ(手前)とゆっちゃん。あられ、カメラに気づいてこっちを向いちゃいました。



荒波でも不動で船を守る灯台、私たちも踏ん張りどころです、しっかりビビりましょう。 できることは限られていますので、それを徹底するしか無いんだけどね。

2020年4月26日日曜日

ゲスト出演は?

一見、平安な様子ですが、
看病の毎日が続いています。
私の家ではおそらく同様レベルの看護はできないだろうと思っています。
今日のゲストはpolo、元気そうです。


pilikaは投薬が続いていますが、昨日はNGでしたので、今日は早めに済ませました。
ここに居るpilikaの口に直接すりこみます。
「信頼関係」と言いますが、それとは別に良い意味で駆け引きもあります。
こちらの指がどこまで持つか?
意外に深刻です。



m母さん(左)と息子のi(右)
どうやら今のところ問題無いようです。
猫家族の旅立ちが続き、普段の見方がちょっと変わるなあ....、



曇り空ですがお日様がなくなったわけでは無いですよね〜〜!


今日も猫家族のジュニアのご飯を探しに外出しました。
マスク、消毒を一生懸命頑張りました、家に入る時、一度立ち止まり「さて...」と立ち止まりました。
ドアノブに触らなければ家に入れないですよね、
と、いうことは、外に消毒液が必要なのかなあ??
中に入って、手を洗ってから、消毒液でドアノブを拭く。
こういう塩梅にしました。
ヤレヤレ、なんか疲れるけど、これしか無いんだよね、フツーの人々は。
公園ではマスク無しで少年たちが遊んでいました。親御さんはそばにいました。
小樽、危ないなあと感じましたよ。
嫌なことがたくさんあるのが人生だけど、生きていればさあ、きっと、良いこともあると思うよ。
だから、できること、しっかりやろう!みんなで!