2018年11月10日土曜日

治療後のしずく。ホットな支援。

治療後のしずく、だいぶ、息が楽になりました。

「やまい(病)美人」

poloが遊びながら療法食と普通のご飯を食べる様子。
療法食8割キープが目安です。


今日は出窓の下のレスキューハウスを寒さ対策。


こんな状況の中、ホットな支援をいただきました。
空き段ボールを活用、断熱構造を二重にした優れもの。大きな小屋の寒さ対策が待っていますので、使わせていただきます。
小樽のAさん、ありがとうございます。



あられは本当にノビノビ暮らしています。
どっかに遠慮があるのも確かですが、わずかですが人間を信頼しても「イイかも?」と思っているかな。だったら、嬉しい。
カメラを向けるとこんな感じで目をゆっくりパチリとします。(閉じたところが写っています)



外で越冬する猫たちの大多数は「凍死」か「餓死」します。
「厳しさゆえに爆発的に増えない」と言ったのは、ある公職の方です。
法律があって、その方向を示しているのにも関わらず、なぜ?いつまでも「死ぬために生まれる命」が無くならいのでしょう。
行政と民間が目的を一つにして全力で取り組めばそれほど遠く無い将来に「終了するプロジェクト」です。
何よりも厚く高い壁は
「無関心」です。
最近、存在を感じるのは
「無関心を装う」人たちです。
企業も個人も「社会貢献」が行政の専業では無いことを実感し始めているからでは無いでしょうか?

2018年11月9日金曜日

しずく、病院。

しずく。
通院のために入れようとしていたキャリーに入らなくて、不安な日々を過ごしていました。
もしかしたら、自力で回復もあるのか?
期待は言い訳にすぎません。
ところが、夜中見回った時、別の暖房用のキャリーに入っていることを発見。
夜中から朝までズ〜ットキャリーではどうか?と考え、その時はそのままにして、
今日、
外出中に携帯が鳴りました。
「入ったよ〜!」
早速引き返して、病院へ。
車に乗りました、気の強いしずく、こんな顔は初めてです。

病院到着。相変わらずの人気、混んでいました。益々混むようになるだろうなあ。

鼻が詰まっている状態、「風邪」です。 注射で様子をみることに...。
帰ってきました。

こちらを見ながら、押入れの天袋へ。

病院へ連れていけないので眠れない日々が続きました。
当然、安心はまだ早いのですが、ちょとだけ、気が楽になりました。


いつも、心に居座るのは「これが最善か?」という重い問いかけです。
過酷な運命に向き合うことを決意し、多くを教えてくださった人々へ、
あらためて、敬意を表したい。

この他にあと二つ..冬支度。

こちらの心がなんとなく軽くなる人は居るもんですね。
越冬用品の応援に忙しい中、来てくれました。
ありがとうございます。


今日はこのレスキューハウスを冬支度。


明日は忙しい。
心配が絶えない。
poloはマイペース。


少し、救われる。
「ありがとう..」

2018年11月7日水曜日

我が家にたどり着いた猫だけでも、凍え死にはさせない!

法律は在るが実施は自治体の裁量に任せている。
これがどういう現実を作っているか?
自治体は知っています。
何もしていない訳ではありません。
ただ、
対策を講じるべき「社会の課題」として位置付けていませんので、
その評価を内部で文章化できません。
行政に携わる皆さんは「裁量に任せる」という意味を誤解しているのか?
裁量に任された場合、
実施する説明努力も
実施しない説明努力も
両方を丁寧にすることが必須であることをおそらくは「無視」している。
もう一つ、
「裁量範囲では何もできない」ということは
行政は「その能力が無い」と言っていると同じです。

「残念」では済まさせれない「課題」もあると思うのですが。

冬を越してくれることを願って、避難小屋を保温工事です。
暖房用シートを二重に巻いて、雪が滑り落ちるようにシートも二枚重ねます。


目つきが少し柔らかくなりました...。
chipoちゃん

冬毛っていっしょに暮らしていると判んないなあ..。
kilala

短毛はソノマンマ
ele(エル君)

何か相談中はhana(奥)ulan(手前)


紅葉は青空に映えるけど、今日から寒くなる。



男子か女子か?
そこが問題?
modo

カケヒキ(動画、長編ですご注意を!)

チョット、長いんですが、poloと苦労?の駆け引きです。
ぜひ、最後までご覧ください。



彼、poloは原則的に療法食以外は食べられません。
空腹感を与えて(ガマンさせて)食べてもらう方法もありますが、
ガマンの時間をできるだけ少なくしながら、療法食を食べてもらうのには、
カケヒキが必要です。
病気ではありませんが、
外猫の死因になることは少なくないようです。
要は「便秘」で死に至るということです。
腸そのものに課題があるので、該当する薬は無いそうです。
便を柔らかくする薬(?)は在るようですが、
腸が積極的に働くわけでは無いので猫がどの程度快適になるかは解りません。
愛情と辛抱、この両立はムズカシイ。
動画の後半に色々工夫しているところが有りますが、うまく見えるか?チョト怪しいです。

2018年11月5日月曜日

風邪気味?

動きが見えにくいしずく、
鼻づまりが気になっていたのですが、
温度を少し上げて、湿度も適正に、常時換気をしながら調節するのは古い家の場合、人力に頼る以外にありません。
この場所にいるようなら、まだ、薬までは不要かと考えています。
通院ストレスとのバランスが難しいですね。


fu(左)とmon。ワンセットです。

同じくワンセット。ulan(左)とmimo。

この辺で20度前後をキープするのはオイルヒーター。
停電がオッカナイ!

散歩道に鳥が。
写っているはずなんですが。



この青い消火栓があっという間に雪に埋もれます。
無事越冬のためにも坂道散歩は続けなくては!。


海霧?

2018年11月4日日曜日

チョット狭い??。

poloは体型のバランスが良いので、
仲間と比べてもそれほど大きい感じはしませんが、
私の膝だとチョット狭いかも...。

私もそれほど足は短くないと思うけどなあ...。
独り占めして満足?な目つき(チョト鋭い)


こちらも少々狭いかも。
やや険悪な雰囲気。

何とか収まりました。



フェイスブック経由で教えていただきました。
「猫問題を住環境問題」として地域ぐるみで考えることが「まちづくり」につながる。


そうですね。
住み心地の良い環境を作る一つのコンテンツとして「動物保護」が在る。
これは客観的に見て、「動物保護」に無関心な人にも伝わりやすいかも知れません。
どんな社会的な課題も「自分の暮らす場所を心地良くしよう」と考え、行動を起こさなければ、何も変わりません。
「どういう状態が心地良いのか?」
「何を無くしたいのか?」
「何を作りたいのか?」

そして、
変化を求める時は、
小さな妥協の積み重ねが必要なのかもしれませんね。