2016年10月29日土曜日

チョッと不調です…そして切ない…ことも…

エルがチョット不調。

新人のmimo(ミーモ)とuran(ウラン)、
エルにとっては煩わしいのかなあ…。

そういえば、長い事、変わらないメンバーだったところに、
新人が二人入って来て、
エルはボス格だったけど、それなりに苦労したのかもしれない。
部屋を分けたので、数日で結果は出る。


いつも一緒の仲間、
気のせいか、心配そうに見える。
monとfu

人(猫も)はそれぞれ、心配するスタイルが有る。
こういうスタイルも…?

momoを保護して、一息ついた人間。
momoと、ほぼ、同期、玄関仲間猫、ゆうき君が人間に訴えるように鳴く事が増えた。
今までは無かったこと。
momoが居なくなったので空気感が違って不安になっているかもしれない。
momoが石垣の高いところで右往左往している時、人間のお母さんの「戻りなさい!」という声に反応して、ゆうき君は滅多に行かないその場所に決して俊敏とはいえない体力で果敢に向かいました。そして、一緒に無事に人間のお母さんのもとに帰ってきました。その時は気づきませんでした…「一緒が安心」ということに…。
私たちに限っていえば、
考える事はこの程度だ、momoとの約束は守れたが…この程度だ…。


今日もアクセス、ありがとうございます。小樽は冬です、皆様のところはどうですか?くれぐれも、体を大切にしてください。

約束…

約束でしたから…

momoと約束をしていました…
ずっと以前に。

男子猫と上手く同居できず、玄関から姿を消した数日、
頭に浮かんだ言葉は…

小樽へ来るきっかけになった猫、亡くしました。
明らかに手遅れが原因、人災でした。
エイズキャリでしたが、
発症を送らせるか、発症しない可能性は充分にありました。
科学的では有りませんが、
今となって、
我が家のキャリア猫を見るかぎり、 そう、思わずには、いられません。
手遅れ、全て、遅かったのです。

「手遅れ」
二度とあの思いはしない。

momoは今、我が家で休養しています。


病院へ行く前、
このおびえた顔を見る事は
いつになっても、
慣れる事は無い。

検査後のmomo

帰りの車中、涙があふれました。
病院の検査、最近はずいぶん慣れて、
タフになったつもりでいたのに…
まったく、どうかしている…。


今日も、アクセス、ありがとうございます。
modo(モド)のウィンク?を、どうぞ!


支援物資、いただきました。
人間もうれしい!(特に私!!)
助かります、ありがとうございます。

2016年10月28日金曜日

「支援御礼」その他 

ご支援をいただきました。
猫はもちろん、人間にも、ありがとうございました。
今年は寒くなるのが早く、燃料代等に使わせていただきます。
助かります。

男子猫と同居が上手くいかないで、
玄関で暮らしていた、momoが居なくなって、
二日以上経ち、
昨日の夜と今朝、近所を回りました。
大きな声で呼びながら、
暖かい時期ならもう少しゆっくりと行動したかも知れません。
でも、今は…
姿を確認するまではいつまでも捜索は続ける!
居ました!
玄関に帰って居ました。
きっと人間のお母さんの声に勇気を出して戻ったんだ。
男子猫が居ないので、ゆっくり休ませる為に、玄関を閉めた。
男子猫は庭のどこかのレスキューハウスで大丈夫だ。 チョットの間、辛抱してもらう。ごめんね、そしてありがとう。
エル君が元気無いので、しばらく一緒に過ごした。
遊ぶ時間が少ないのでストレスが増すのか?
ご飯を食べて、触っていると、ゆったりとした様子。目力も大丈夫だと思う。明日は抱っこするぞ!約束だ!

先ずは、スマホを狙う、mimo(ミーモ)

次はタブレット!

monも何かを狙ってる???


迷子猫保護のきっかけを作ってくれたyさんが訪ねてくれました。相変わらずの不思議感。残念ながら、小樽から札幌に住居を戻されましたので、遠くなりますが、フワフワとした雰囲気の再会を期待しています。


明日は小樽保健所で動物保護についての意見交換会があります。少しでも関心の有る方々に出来るだけ多く参加していただきたいと思います。課題は多種多様ですが、全て、一つの対策で緩和できる課題です。人、もの、お金。官も民もありません、みんなで行動しましょう。情熱を持って自費で活動する多くの方々の存在、もっと知っていただきたい。

今日も、アクセス、ありがとうございます。

2016年10月27日木曜日

pilika(ぴりか)といっしょ…

しばらく前、このブログで書いていますが、その後の状況です。
 おかげさまで、pilika(ぴりか)が傍に居てくれます。
病院へ連れて行って、
カットしてもらおうと思ったくらい、
あちこちに毛玉が有りましたが、かなり、減りました。
ゆっくりと傍に居て、何もしない。
彼が近寄るまで、何もしません。

皆さん、ご存知のように、
通院はストレスだけで無く、
鎮静剤の投与にもリスクは有ります。
特に、pilika(ぴりか)の場合、向精神薬を服用していますので、
想定される状況は未知数です。
こういう症例もある事を発信する事で、
何らかの役に立てばありがたいです。

彼には大きな借りがある。
取り返しのつかない大きな借りが…。
無知は選択肢を狭める。







運河はしっかり寒い。



ご近所さんのワンちゃん。
愛ちゃんが亡くなりました。
そういえば、散歩の姿が最近見えませんでした。
安らかに…。


こういう取り組みが有ります。
資料をいただきました。
動物保護活動の参考になると思いますので、ぜひ!見てください。
システム(考え方の組み合わせ)は基本的に同じだと思います。
「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」

2016年10月26日水曜日

monは小さいなあ…と、pilika(ぴりか)近況

nonちゃんも小さいけど、
monも小さい。
健康そうなのと、付き合いが上手なのが、親孝行。

グッと望遠、

やっぱり、小さい。

hanaちゃんも、mimo(ミーモ)も、小さい組。

場所取り激戦区、今日は?

ところが、この後、なんと!pilika(ぴりか)が…

pilika(ぴりか)がここでリラックスしているのはうれしい事です。カレーライスがいつもより美味しく感じたり、頂き物のぶどうの味が懐かしいと感じたり、今年初めて使う手袋を妙にありがたく思えたり、まったく、どうかしている。「人は自分が気づかないだけで、実は自分を罰していることがある」ホント、どうかしてる…ぜ。

動物の保護施設を作るという事は。 財政的にマイナスでは無く、
プラスになるという話をしている。


関連法律を所管していない(持っていない)という理由で、
猫を殺し続けているのは異常なことだ。
「関連法を所管していない」事が問題だということは誰もが気づいているはず。全くの無関心な方々を責める訳には行きません。違法で、残虐な行為を公的な機関が「宣伝」しないかぎり、無関心は存在し続けます。この「宣伝しない」という事がむしろ、違法行為者の自白ではないか?


今日も、アクセス、ありがとうございます。

2016年10月24日月曜日

ラッピング

先月、入り口を補強した、道路側のレスキューハウス、

今日は更なる、防寒対策。
厚みのあるレジャーシートとブルーシートで、
すっぽりと包む、ラッピング作戦。



今日もアクセス。ありがとうございます。

ツヨイ、kちゃんを、見習おう、ワタシ。

動くピリカ!とドア作り

ピリカ、今日は引きこもりから、
外出、といっても、ほんの少し。
先ずはいつもの場所。

こちらは外出してmちゃんにごあいさつするピリカ。
なんか、黒いレッサーパンダ??

毛玉をだいぶカットできました、ハサミに気づいてここに避難。

今まで、冬の間、板で固定していたレスキューハウスに、
ドアを付けた。

この工事中、ここに居たあられがどっかに行った。
ごめんね。

今日はjにcocoがくっついて、ベッドを占拠。ベッドが小さく見える。(実際、俺には小さいケド…)

お天道様はいつもどっかに居る。ただ、見えない時もある。中学の修学旅行を思い出す。旅行なんてそれまで全くの未経験、旅館のご飯は何も食べずに、ひたすら、菓子パンを食べていた。その時のグループがバンド結成につながるが、今は活動していない。でも、解散もしていない。修学旅行の帰りのバスからこれと同じような空を見た。女子で泣いている子も居たなあ…。笑い話に成らない、それくらい、バスから降りるのがイヤだったんだ、きっと。

港は既に冬、あの、タフな冬が来る。



今日も、アクセス。ありがとうございます。


【緊急SOS】小樽・余市の子猫へのご支援のお願い。