2016年10月16日日曜日

pilika(ぴりか)の毛玉と月と二階


これは、pilika(ぴりか)の傷の周りの毛玉を刈り取ったもの。


私への信頼は戻ったようです。

自分で引っ掻いて作ってしまう傷、初めて見る人は相当驚くと思うけど、幸い、pilika(ぴりか)は私たち以外の人の目に触れる機会は稀だ。
今まで二階で暮らしていたので、一階から見る外の様子は興味深そう。しばらくお陽様の温見(ぬくみ)を感じているようで。私の方が勝手に救われた気分になる。(馬鹿な話だよねきっと)
刈り取ったので、ご機嫌?



月が誰かの釣り竿にかかった。


月はすぐに逃れて、
船をどこかへ引っ張って、
港から離れた。



二階の仲間に遊んでもらおうと思って行った。

ジャラに飛びついたのはクリスティだけで、

他の仲間は見ているだけ。


hanaちゃんはいつもの目で、距離を計って、


uran(ウラン)も様子を見る感じ。


fu(ふうー)が元気がありません。
一階で、リラックスさせたいという作戦もありました。

もう一つ、最強ボディのエル君、
パンチが多くなったようなので、
その対応もありました。





彼は自分自身を世界に伝えるために、
慎重に言葉を選んだに違いない。

しかし、それは、

あまりにも抽象的だったり、

極端な「たとえ話」であったり、

ふざけた、冗談のような口調も見受けられる。

意味不明とも思われる、単語の組み合わせを、

ただただ、 繰り返す部分もある。




「いつだって本当の気持ちを話そうとすると、
それがいちばんむずかしくって厄介だってことがわかる、
とてつもなく厄介なことだってな」
直木賞、毎日出版文化賞、文藝春秋読者賞を辞退した、
生涯無冠、反骨の作家山本周五郎の晩年の短編より。

今日もアクセス、ありがとうございます。

0 件のコメント: