2016年10月8日土曜日

ありがとう!

小樽のホーマック手宮で猫の幸せ作りが始まりました。
ニャン友ねっとわーく北海道さん、ありがとう!!


小樽の皆さん、ありがとう!

こちらの会社もご協力いただきました。ありがとう!




当たり前の、ささやかな幸せを、一瞬も感じる事無く、消えていく命が、まだまだ存在します。人間とは違う命かも知れませんが、人間の無責任と無関心が作り出した命である事に疑いはありません。私自身、その人間の一人です。何をどうすればこの命を殺さずに済むのか?私たち全ての人々は知っています。なぜ?その方法が実行されないのか?その理由も…。




自分の心の向きが少しが変わると世間が少し違って見える事を経験しています。
そして、すぐに気づきました。世間はそう簡単に変わらないということも。

「 自分の気持ち
全てを敵に回して
どうするのさ
それでは一歩も
ふみだせやしない」
岩崎 航 著「点滴ポール 生き抜くという旗印」より


きょうも見ていただいてありがとうございます。

2016年10月7日金曜日

いよいよです!

いよいよ、
明日から、
小樽ホーマック手宮で猫の里親さんを探すイベントが開かれます。
人間の無責任と無関心がこの世に送り出した「命」
その人間がこの「命」をどのように扱って来たか?
現状と未来を一緒に考えてください。
そして、
自分の命と猫の命の共生を真剣に考えて、相談して下さい。
「命を守る」プロフェッショナル集団が親身に相談を受けてくれます。
「命を守り一緒に暮らす」ことに応援するには
様々な方法があります。
ご自分の人生も見つめて、
自分に出来る範囲の事をぜひ!この機会に実行してください。
寒く、天気もよくないかも知れませんが、健気な命の為、
応援、してください。

以上の文章は私個人のエールです。


以下はポスターです。



「僕の写真少なくない?」
uran(ウラン)
ヨッシャ!
男前(ちょっと古いか、この表現、日本語は進化しているからなあ…ユルセヨ)
を二枚。

毎回登場しているようですが、本日もご披露いたします。
何処がどうなって足なのか?手なのか?寝ているのか、転がっているのか…
kilala

暗闇に潜むは?J君、何か悩んでいるようですが…実は何も考えていません。人間のお母さんの居場所を考えているのです。チャンチャン

mimo(ミーモ)カッコ良くジャンプ…この後、後ろ足がずっこけました、ここだけの話ですが…
hanaさ〜〜ん(人間の)、元気ですか〜〜〜!

おまんじゅう、kちゃんが心配してますよ〜〜


今日、一番のありがたい写真。外で辛抱してくれているpoloが玄関で寝ています。
ありがとう、そして、ごめんね。




おぼろ月でも墨田の川に
昔変わらぬ濁らぬ光
やがて、夜明けの
来る、それまでは
意地で支える、夢一つ
……………………


今日も見ていただいてありがとうございます。

手(足?)も表情豊かです。

落ち着いています。
手はのんびり見えます。
だいぶみんなと打ち解けたんですね。

でも、未だ、目がなあ…。

踏ん張り足のfu。性格はデッカイ赤ちゃん。
このままで良いんかな??

マイペースNo.1のkilala。足がその性格を物語っています。
我ながら、判りにくい説明だ。全く…

この位置関係、今風に言えば「ビミョー」
エルは自分の強さを知っていても、最近は威嚇行為は減りました。
周りも間合いを上手にとるんですね。

「ビミョー」な位置関係と言えば、こちらも…。

屋根裏部屋のスミッコ、階下の暖かみが届きません。今期、初稼働、オイルヒーター様。「様」を付けるほどありがたいものです。火傷や火災の心配が少ないので。「北電さん、もう少し、電気料金、オマケしてください。」世界中の猫より…。この暖かさを、今、命有る、全ての猫達に届く事が願いです。何度も書いていますが、「出来ない事が多過ぎる」



今日は今週の土日に開催される譲渡会のチラシを配る手伝いをしました。多くの方に出逢い、お願いしました。紙面を見るだけで同情してくださる方がいらっしゃいました。まだまだ、「点」は多く存在する。うれしい限りです。快く、チラシを受け取ってくださった方々にあらためて御礼申し上げます。




夜の小樽港、四景。



今日も見ていただいて、ありがとうございます。

2016年10月6日木曜日

パッチリ

パッチリ目、先ずはhanaちゃん。


そして、The fu、パチリよりキリリか!

次はjuju

こちら、mimo(ミーモ)、お行儀もgood!

水面を見るときも、お行儀良く…mimo(ミーモ)

パッチリとは言えませんが…

トンネルの中ではキョトン?
エル君がここに入るとは思っていませんでした。デカイですからねえ。

自分で傷を作ってしまうpilika、キャリーの上と押し入れ中段との間に引きこもり中。
そのキャリーの中にはpilikaを守って傍から離れない、しずく、が居る。
pilikaが自分の個性から傷を作る事は
こちらから見てせつない…、
でも、
しずくが慕ってくれているところを見ると、
こちらの心が少し晴れる。


小樽で猫の譲渡会が開催されます。
この度は小樽市が後援する。
チラシを配りました。
小樽市掲示板-A4ラミネート版-1枚
(保健所が申請した内容をラミネート加工したA4版に変更していただきました)
この掲示板に貼っていただく予定です。
意外に多くの方々が利用されています、役場が身近に感じました。ホントウニ、色々発信してるんですね!つながっていないけど仲間がいるようで嬉しかったなあ。
小樽市市会議員事務局
(議員一人に一枚が届くようにお願いしました)
A4ラミネート版 1枚(掲示用)配布用小25枚

小樽市美術館-配布用小20枚

小樽市図書館-A4ラミネート版-1枚-配布用小50枚


バッグパッカーズホテル杜の樹様-A4ラミネート版-1枚
-配布用小10枚

西條産業株式会社様-A4ラミネート版-1枚-配布用小20枚

シロクマ食堂様-配布用小20枚
BARクロクマ様(上記の姉妹店)配布用小20枚

アイラ動物病院様-A4ラミネート版-1枚-配布用小50枚

横谷様(飼育放棄された猫の里親さんです)-A4ラミネート版-1枚-配布用小20枚

北ガスフレアスト小樽様-A4ラミネート版-3枚-配布用小50枚

アトリエクレール様-A4ラミネート版-1枚-配布用小5枚




もうしばらくすると、
船に灯がともる。
灯台にも…
そんな柄ではないけれど…
忘れかけてた
さみしさにも…灯がともる…
なぜか、しょんぼりするなあ…



猫の譲渡会、団体さん工夫の商品もあります、ぜひ、お誘い合わせの上、ご来場を!!お願いいたします。
里親さんになれない人にも多くの支援の仕方があります。来ていただくだけでも、会場のお店には良い事ですし、どうせ買うなら、この機会に!でも助かります。多くの人に、多くの人に、知っていただきたいのです。今と近い将来を!


今日も見ていただき、ありがとうございます。

2016年10月4日火曜日

小樽 譲渡会 お手伝い

小樽で譲渡会です。

主催/ニャン友ねっとわーく北海道・犬のM基金
協力/DCMホーマック株式会社様
後援/小樽市
協賛/フレアスト小樽様・北ガスジェネックス株式会社様
ありがたい事です、ご尽力いただいた皆様、心より感謝申し上げます。
動物保護については是非も含めて、相当数の考え方があります。
ただし、
過去、考えた結果が現状だとしたら、
違う考え方は今と違う結果を表すはず。だれも、リスクを負わない。この国の法律はまだまだ、信頼して良い部分を残している。その部分を表面に出して、お陽様の光と暖かみをあてよう。だれも、リスクを負わない。


和服の整理を
お手伝いしてくれているのは?

ダメダ!コリャ!
みんな、興味津々?
これで、エル君が参加したら、トホホ…



外と玄関で頑張ってもらっているmomo、植物の中を冒険するので、ダニです。自然にとれると言われて、事実、先回もとれてきれいになりました。でも、やっぱり、申し訳ない。



向かい風でしたが、自転車、久しぶりです。最近、法律に従って、ヘルメットをかぶっていますので、一見、宗教関係のお兄さんに見えます。小樽は少ないなあ、札幌は至る所で見たなあ…。

立派なイス、光の加減で我が家も高級住宅に(見えないか?)modoとj。そのイスはね、頂き物ですから、大切にしてください。まっ、無理ですね。既に相当、ツメ研ぎに使われて、隠れた人気スポットになっています。

今の時期の寒さは独特だ。
光は眩しいくらいに降り注ぐのに、なぜか、切なさもあり、希望を暖めるような小春日和もある。



風は強いが小春日和と言えなくもない小樽三景


こっちへ行くと、祝津方面。

こっちへ行くと、札幌へ向かう国道方面。

風が強いので、船のそばの二人が気にかかる。


今日も見ていただいて、ありがとうございます。

2016年10月3日月曜日

kちゃん

kちゃん。
カリカリと特別食(少々)食べて、ここに…。
普通状態にも思えるし、ちょっと胃腸が疲れているのかなあとも思う。
今日は五分ほど外を歩いていから、ずっと傍に居た。

kちゃんはツオイから、大丈夫!
皮膚を自分で穴をあけて血だらけになっても、
糖尿病で一日何度も注射しても、
虫歯が炎症して、よだれを流し続けても、
キャリアでも
負けなかった!
kちゃんはツオイから、大丈夫!
周りが気を使って静かにしているようにも感じる。
i君、所在ない感じ。

朝方、息苦しくてチョットだけ外を歩く。
珍しい型の船が入っていた。

雨が降るはずの空模様。
海が重く見えたのは、空模様のせいだけでは無い…。


FB(フェイスブック)は古い投稿を時々、勝手に掲載する。
特に問題はないが。
数年前にこんな文章を投稿したようだ。
「「人間が一歩前進すると自然は二歩後退する」(開高健)
私はそれに付け加えたい、
「後退した二歩を助走路にして自然は大きくジャンプして帰って来る、人間 の浅い知恵を乗り越えて」と…。
最近重く心のどこかに居座り続ける。
どう進むかではなく、「どこへ行くのか?」
ゆっくりと急いで話す時期だ。
少なくともマネーゲームで人生を考える人以外は。
マネーゲームで人生を考えている人達に
ついていく事だけは、
せめて、
きっぱりと止めなければならない。」

寝る前に描いた手紙を翌朝、読んでみたら、
とてもじゃないけどポストに入れられない。
そんな文章だ。
それにしても、
「人間が一歩前進すると自然は二歩後退する」(開高健)
この一節は今も、
これからも、
きついボディブローとして、
我々に突き刺さる重い拳のようだ。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。