2016年7月23日土曜日

「庭にトラップ」「寝姿」「初めての写真」

庭にトラップを仕掛けています。
トラップに慣れてもらって、相手の体調を見て、
私たち夫婦の体調も合わせながら、
保護して、不妊去勢手術をします。
ご飯だけ与えて、「死ぬために生まれてくるような猫の命」を考え無い人々。
その人たちがこの世から簡単に消えないことは多くの現実が教えてくれます。
それでも、誰かが、何かをしなければ、一つの命すら救えません。
私はアフリカの砂漠も、南米のジャングルも行ったことは有りません。
そこに野生の動物達が生きているとメディアの情報で知るだけです。
しかし、
猫は既に野生を失いかけています。
人間の生活に振り回されながら、生きる以外に天寿を全うすることは難しいでしょう。
どうか皆さん、
「殺す」ことより「生きてもらう」ことを少しづつ、心の中に育ててください。
外暮らしの猫が子供を産んで、その子猫の多くが死ぬことは、
決して「自然の摂理」の中で説明がつくことでは有りません。
かわいそうだと言って、
ご飯をあげても、それだけでは「殺す」ことになります。
もちろん、ご飯をあげなくとも、「殺す」ことになります。
やるべき事はそれほど多くはないと思います。
一度でもいいから、ご飯をあげたら手術をして、可能な限り天寿を全うする手伝いを、「命」のために行ってください。重々お願いします。
このブログを読んでくださる方々は既に「気づき」行動を起こしていると思います。
もう一つ、機会があれば
無関心な人々に伝える作業もお願いします。一人でいいんです、「無関心」が無くなれば…。


寝姿二景

この姿勢から、

金メダルへの着地

今日も、見てもらって、ありがとうございます。

2016年7月22日金曜日

小樽のyさんへ

小樽のyさんへ。
アガサへのご心配ありがとうございます。
ドクターからは特に指示はありませんでした。
薬はチャオのチュルチュルで飲ませています。
通常のご飯はカリカリでシーバの比率を変えて、
日本ペットフードのスーパービューティー(15才以上)を増やしていきます。
上手く行くかどうかは時間がかかると思いますし、
他のご飯に移行する可能性もあります。

お気遣い、本当にありがとうございます。


海外からの不明なコメントも有り、
コメントは、一括削除して、一切、公表しないようになっています。
そちらからのコメントも一緒に削除する危険が有りますので、
以前のように下記宛にメールを頂ければ、個人宛に返信できます。
cafemonju@gmail.com
お手数ですが、よろしくお願いします。

写真は「庭の仲間です」
今年は大きなまんまるな蜂が来ません。
「地球環境の異変」微妙に現れているのでしょうか??

早速、アガサのために…

早速、アガサのために、ご心配のコメントを頂きました。
 小樽のyさん、ありがとうございます。
コメントは全て、公開していませんので、
このブログで御礼を申し上げ、その他の件もお知らせします。
アガサは今、ご飯を調整中です。
詳しくは人間のお母さんに確認して、
明日(22日)このブログに書きます。


 常日頃の、お気遣い、本当に助かります。
人間も助かります。
キャンペーンの応援も確認しています。
ありがとうございます。
それでは、明日(22日)のブログに書きますので、
よろしくお願いいたします。

写真は迷子猫の支援者の方の働いている農場です。
良いところでしたよ。
許可をもらったら、詳しく書きますので、応援してください。

2016年7月21日木曜日

アガサはお利口様でしたヨ

アガサはお利口様でした。
オシッコが極端に近く、トイレまで間に合わなくなるほどで
量も少なく、軟便状態も有り。
早速、病院へ。



病院、到着。

診察の結果は、
膀胱炎のウタガイ濃厚。
抗生剤のお薬を飲んで四〜五日、様子を見ることになりました。

反省
車の中で吐いた。いつもより少しキャリーの底部が斜めだったのが原因かもしれない。
ごめんなさい、アガサ。
帰りはしっかり調整しました。
この件とはあまり関係ありませんが、ほとんどの車、ウィンカー出すのが「遅い!」
高速に上がるまでの時間が「高速道路」の意味を無くす。


こちら、kちゃん。
何度も書きますが、捨てられ、傷を負い、雨にぬれて、ボロボロになり、我が家に来てからは、重病、治療、食事コントロール…。これらを乗り越えて現在が有ります。動物の悲惨な状況を数え上げれば、切りが有りませんが、実際に接したkちゃんには多くのことを教わりました。「僕は生きたい…」その気持ちが彼をここまで元気にさせた原動力です。有識者の話に「簡単に擬人化することは冷静な判断を邪魔することがある」と表現されることが有ります。正論でしょう。しかし、人間が未だ知らない能力が有るとすれば、「命有るもの全て」と会話できることも、その一つだと確信しています。なぜなら、kちゃんが自分の皮膚を血が滲むまで舐め壊した光景と、この寝姿の両方を受け入れ無ければ前に進めないからです。「死にたく無い…」「生きたい…」そういう気持ちが全く、人間と同じだと考えなければ…前に進めない…からです。

下の段のmちゃんは我が家の最古参。人間のお父さんとお母さんを完璧にコントロールします。まっ、実力者ですね。
ところが、上段のクリスティにはその実力は通じないようです。おシッポさんがmちゃんの顔の前を行ったり来たり…。(後で良く言っておきますから勘弁ねmちゃん)

jくんがこうして外を見ていると、つい、「何を見ているのか?」気になります。
目線を同じような位置にして私もジ〜っと見ますが、特別仲間の猫が居る訳でも、狩猟相手の雀が居る訳でもありません。強いて言えば、風で動く花や樹を見ているようです。ちょっと、切なくなります。人間の生活に合わせる動物達。そうしなければ生きていけない猫。「今は最善なのか?」この疑問は常に私や多くの保護活動者が、心底に眠らせている素朴な疑問の一つです。



ここまで、読んでいただいて、ありがとうございます。「猫の話だけで、良くまあ、毎日少しでも書けますね〜」と言われることが有ります。「書き足りない」というのが本音です。


保健所の方とミーティング。
有意義でした。
本当によく調べていて、いろいろと教わることができました。この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。
前進有るのみ!との印象を深くしました。どんなに大きな改革もたった一人の心から始まるのだと思います。彼は冷静に「やるべき事」を「どのようにしたら」「出来るのか?」と課題を整理しながら、進む方法を知っているようでした。

2016年7月20日水曜日

我が家は二階建て。

犬猫殺処分廃止100万人の世界大署名プロジェクト
このリンクをチェックして、応援してください。

このブログを見て、多くの方が署名してくれました。



いつもの二段状態。

いや、三段でした、お利口様です。

オット〜〜!その上にも居た〜〜!
で、
四段でした。(ア〜ア〜)

uran(ウラン)とmimo(ミーモ)、だいぶ、慣れました。uran(ウラン)は再検査が待っているけど、明日はアガサが病院なので、今週は多分、行かない。アガサのことは明日、お知らせできると思います。

mimo(ミーモ)水を飲みます!
(水を飲む姿を見ただけでうれしいんだから、私はどうかしてる…かも?)

これは、はっきり言って、邪魔でゴンス!!
それにしても堂々としているなあ、見習わなくっちゃ。



明日、7月21日(木曜日)保健所の方と一緒に施設の具体化の勉強会です。
いろいろと教えてもらって、「天寿全う施設」、実現します。
「ポリシー」「人」「もの」「財源」
財源の問題が全ての様な気がしますよね。
「金があればなんとかなる」、そんな感じ、しますよね。
でも、
きっと違うんだと思っています。
「ポリシー」「人」「もの」「財源」これのどれか一つが欠けても、
実現しないと思います。
ただ、言えることは、
「財源」だけが、見通しが判りません。
「賛同」の全てが「財源」につながらないことは、
猫を真剣に考えている人たちは、
身にしみて実感しているはずです。
「気持ちは有ってもお金は出す余裕が無い、生活がかかっているから」
そうなんです、
これが多くの現実です。
しかし、
「有るところに有る」のが「オカネ」。
「天下の回りもの」も「オカネ」。
「社会問題解決事業」に
「社会問題貢献企業」が協力するシステム。
これが、「ソーシャルビジネス」と言われているものです。
明日は、
この内容を誤解無く、
相互承知できるかがポイント。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。明日も一所懸命更新します。よろしくお願いします。

一歩前進…するために…

犬猫殺処分廃止100万人の世界大署名プロジェクト
このリンクをチェックして、応援してください。

このブログを見て、多くの方が署名してくれました。


今日は曇り空。一階はじっとしていると涼しいくらい。
で、
こうなりました。地味ですよね。
クリスティも写っていますが、判るかなあ〜。

これ以上、「死ぬために生まれてくるような命」を増やさないために…。庭にトラップを置いています。
せめて道行く人たちに理解してほしい。
振り返る人も少ない、ポスターですが、止めたら、一歩後退する様な気がします。手術して元の場所に返すことには大きな問題が有ります。恐らくは、賛否両論が有ると思います。

しずく(左)に守られているピリカ、甘えているように見えます。自分で作る傷、一歩前進そして一歩後退。

ちょっと変わった鳴き声に、「猫??」。違いました。お陽様があまり出ないので、鳥もご飯の時間が変わるのかな?
今日も最後まで、おつきあい、ありがとうございます。


「殺処分」は存在自体、ごまかしに過ぎません。誰もが無いことを願っているのに、公務として実施されている。何か手当をしなければ死ぬ猫をそのまま見ていることは虐待。現場の人間は「精神が狂っている」としか、思え無い。
動物虐待者にはそれなりの実刑を強く望みます。
たとえ、それが、どんな公務員でどのような立場の人間でも…。

貴方は生活のために猫を殺すことが出来ますか?????????

2016年7月18日月曜日

「譲渡会お疲れさまでした」「いつもの我が家」

犬猫殺処分廃止100万人の世界大署名プロジェクト
このリンクをチェックして、応援してください。

このブログを見て、多くの方が署名してくれました。


譲渡会、毎度おなじみの小樽名物のお団子で応援してきました。
皆さん、ありがとうございます。

ワガヤ…
「カメラ目線お願いしま〜〜す!」

「どう?こんな感じで」

クリスティ(右の奥)はみんなに守られている??

エルはいつも私を気遣ってくれている。(そう感じます)この写真はピリカにご飯を食べさせているときにそばに来たエルです。特別食で美味しそうな臭いがエルにも届いているはずですが、邪魔しません。ありがたく思います。

ジュニア、玄関が空いているからそっちへ移動したら?
去勢手術後、外でがんばってもらっています。
庭に良い場所、作るからね。

最近のピリカの引きこもり場所。
「ご飯、持って来たよ」と言うと、ゴソゴソと動きます。今日はこの後、自分から部屋を移動しましたので少し安心です。

暑苦しい?仲良しのfuとmon。

mimo(ミーモ)らしい、写真が撮れました。
mimo(ミーモ)は離さない!

mimo(ミーモ)はこの姿勢で遊ぶのだ!

mimo(ミーモ)は立ってもできるのだ!!!


夏らしくない「夏」
庭、二景。

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。
一番上に書いた署名運動、ぜひ!検討してみてください。

2016年7月17日日曜日

犬猫殺処分廃止100万人の世界大署名プロジェクト、その他…

犬猫殺処分廃止100万人の世界大署名プロジェクト
このリンクをチェックして、応援してください。


脱走、迷子のサブちゃんを保護してくれた方々にあらためて御礼を…。

サブちゃんには辛い思いをさせましたが、
 犬や猫の悲惨な現状をお話しできる機会も得ました。
 聞いてくださったことにも、感謝しています。ありがとうございました。
追記(7月18日)… 迷子猫でお世話になった方が
余市でイベントを開催していましたので、いろいろ教えていただいて、贈答用のワインを購入してきました。
そのときの写真はこのブログの一番下に掲載しました。心地よいところですヨ…。


ワガヤ…
かなり狭いところです。
一番小さいmが一番面積をとっています。
カンロク、カンロク、 カンロク、。



modo(モド)が部屋を変わったのですが、

nonちゃんと上手く行きません。
現在は一階で様子を見ていますがiちゃんに 追いかけられています。さて、どうなることやら…。
mimo(ミーモ)とuran(ウラン)の部屋にj君が試験的に入りましたが、先ずはここを確認。
mimo(ミーモ)とuran(ウラン)は?

こんな感じです。
クリスティがここで寝ている理由は?

j君が居るからなんです。
j君、落ちないか?心配です。

アクセス、ありがとうございます。美味しそうな?風景をどうぞ…。