2016年7月9日土曜日

「二部屋をつなぐトンネル」その他、

二階の二部屋、区切っていましたが、トンネルを開通させました。
今、ピリカが隣の部屋へ行こうとしています。

向こう側から見ると。

こんな風(このダジャレ判るかなあ??)です。


さて。こちら… お陽様が出たり入ったりが原因??…
ダラーッとしているhanaちゃん。

同じくダラーッのピリカ

運動不足解消のため、居間に居ます。アガサ、つぶらな瞳?

同じ場所ですがこちら「ビックリ顔のkilala」

カラスさんに悪いとは思いますが、
猫のご飯を食べますので、
レスキューハウスを改良しました。
さて、効果のほどは?…

momo、そこから道路に飛び出さないでね!

庭の仲間達です。

支援物資を頂きました。(人間と猫、両方にです)ありがとうございます。
助かります。


三ヶ月もさまよって、無事、家族と再会したサブちゃん。元気で居るかな?幸せの余韻の中に外猫の厳しい暮らしぶりが際立ちます。野生のネコ科の動物は多く存在すると思いますが、私たちが見かける猫はもう野生動物として生き抜く力はそれほど残っていません。これは、実体験から得た決して少なくない、悲惨な最後から得た素直な気持ちです。一人でも多くの方が猫(人間の関わる全ての動物)の実情を知っていただきたい。
そして、
「なぜ?猫が殺されなければならないのか?」一緒に考え、行動をおこしてください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

2016年7月8日金曜日

再会

戸惑いと確信が同時に胸に迫り、
その瞬間を言葉にすることができませんでした。

あらためて、ご報告して、御礼申し上げます。
大好きな人からはぐれて、およそ三ヶ月、
「サブちゃん」は家に帰ることが出来ました。
ありがとうございました。

二人のyさん、tさん、mさん、協力して病院へ連れて行ってくれた方々、
近所の郵便局、ツルハドラッグさん…
どの一つが欠けても、サブちゃんは戻れなかったと思います。

自然界と人間が介在する世界、
どちらもそれなりに厳しいものが有ると思いますが、
猫は人間と共生しなければ「天寿の全う」は無理だと思います。

殺すのも生かすのも人間次第。

保護主さんの玄関、再会の一瞬です。
この写真が物語るものは
「猫の保護」に留まらず、
人間社会の有り様を少なからず写している様な気がしてなりません。



三ヶ月間放浪していた猫のことを知っている人は多くは有りません。このブログを見ていただいた方は出来るだけ多くの人々に語り継いでほしいと願います。
サブちゃんが家に帰ることができたのは、私が一度も合ったことの無い、人たちのおかげです。
あらためて、優しき人々に感謝。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

2016年7月7日木曜日

i君、この人だけは?

i君、先日逢った人と再会しました。
大丈夫、隠れませんでした。
あきらめかけていたのに、波長が合ったのか、
「や・さ・し・さ」を見抜いたのか…。
その人、猫に対しては、確かに「邪気」が無い。
そのi君、他の猫も上手くおつきあいできないけど、
このクリスティだけは「おてあげ」なのか、問題無し!
ヤレヤレ…
一緒の写真を二枚。

hanaちゃん

エル君

どちらも、部屋を移動する予定。
さて、どうなることか。





ウランとジャラで少し遊びました。
肝臓の数値検査にもう少しで行きます。
改善されているといいけどなあ。

mimo(ミーモ)は問題無しだけど、ダニの検査をもう一度。近々病院。本人はいたって快調!



アクセス、ありがとうございます。

アガサとトマトとゆうきともも

アガサ、大冒険。
いつもの押し入れ天袋から出て、
出窓でゆっくり出来ました。
エライ!!!!



お陽様が足りません!
でも、コチラもがんばっています。
トマトさん

ゆうき君、なにやらレスキューハウスで食べたご様子。
人間のお母さんの足音に気づいて、別のご飯をもらうために移動。

白い部分は後ろ足です。

momoは首の後ろにダニがついているようですが、元気です。
遠いところに居てもこちらを確認して、「momo〜〜〜」と呼ぶと駈けてくるんですよ!



fbでは既に流れていますが、ご心配いただいた迷子猫「さぶちゃん」の件、諸事情が確認でき次第、このブログ、fb等でお知らせいたします。

アクセスいただいてありがとうございます。明日もよろしくお願いします。

2016年7月6日水曜日

縦横その他

縦になったり



横になったり

ホントにこんなカッコするんですね〜〜。

ピリカがこの階段をダッシュで登る、理由…。
大好きなしずくに逢うため。

しずくに挨拶をしたら、
ピリカは積極的に?引きこもります。

庭で遊ぶmomo。

傍にはバッタさん。
小さくて…判るかなあ…

さっきまで、ツメとぎ合戦のmimo(ミーモ)とウラン。
小休止。

難しい性格(野生の赤ちゃん)ですが、彼と巡り会わなければ、これだけ多くの猫と暮らさなかったかもしれない。
「人生を変えた猫」とも言えます。
あらためて、紹介します。i(あい)。私たち夫婦以外にだれも彼を見た人は居ませんでした。でも、最近一人、何気なく遭遇した人が居ます。「何気なく」これは大切なことかもしれません。


今日もアクセス、ありがとうございます。
小樽市議会議員へのアプローチ、迷子猫の再会、近日中に書きます。それじゃあ、また!!

2016年7月4日月曜日

タナバタ

保護、手術、庭暮らし。TNR予定のポロ君.
警戒しながらご飯を食べています。

外暮らしの先輩、yuuki君とmomoが見守り?ます。
momoの姿、判りますか?

家の中でカメレオンのように周囲の色に染まっているのは?クリスティ!(探さないと判らないかも…)

二階の部屋に移動するのが趣味?のkちゃん。
糖分をコントロールしているので、ご飯が困ります。
今日は一階であまりご飯を食べていないので、二階への移動はNG。少々、機嫌悪し。

こういうとき、傍を通るとき、警戒するi君。(おシッポさんが上がっているから、そうでもないのかな…。)

どちらが面倒見てるのかな?



迷子猫の確認は7月7日の夜になりました。その後、あらためて、お知らせします。
いつも、見ていただき、ありがとうございます。
下の写真は向かい側の斜面の夜景。

2016年7月3日日曜日

「mimo(ミーモ)とウラン」「hana」「mame」「祭りと海と客船と…」

mimo(ミーモ)とウランの部屋は唯一、窓が道路に面しています。
冬の暖房のため、シールを貼っていますので、上手く写っているかな?
やっぱり少し、見えにくい。
ウラン(右)も外の様子を見る余裕が出てきました。

hana、何か、考えてる?
ここは人気の場所、でも、hanaはなかなかこの段でのんびりできません。
小さいし、おつきあいも上手では有りません。
近々、全員の場所替えを考えています。
hana、のんびりできる場所、作るからね。

掃除機から身を隠すmame。
(ほとんど見えていますよ〜〜)

?です。何ニャン、写っているでしょうか??
こういうカットは意外に機会が少ないです。
慌てて、手ぶれがひどい!

高島神社のお祭り。

この景色は

ここから写したものです。

狛犬さん

高島から見る…海。

小樽はステキな街だと思う。


いつもの、トマトの生育状況です。
僅かですが、一所懸命、実を付けようとしています。
今日はすぐに隠れたお陽様、明日はしっかり出てくれますように…。

この本、読みました。
猫に限らず、社会の仕組みに変化をもたらそうとする人、全員にお勧めします。
知識はともかく、「勇気」「覚悟」は見習うものが有ります。
私にとっては。

最後まで見ていただいて、ありがとうございます。