2020年2月14日金曜日

弱い風邪にかかっている。

二階の猫家族は程度の差はあるけど、ごく弱い風邪のようだなあ。
目に少し症状が出ています。
もう回復した猫、回復に向かっている猫、これから症状が出そうな猫。
考えてみれば、外で苦労して、不調が目立つから家に入っているので、
弱いのは仕方が無いのかもしれません。
今のところ、通院までは考えていませんが、
要注意、特に、湿度、温度、ご飯と水の量。
触れる時間が増えると治りが早いような気がしますが...どうでしょうか?。



一階組のmodo、療法食やら、普通のご飯やら、特殊な調合食など、食べるご飯の種類は我が家では一番多いでしょう。
臆病で猫仲間とは折り合いがつかず、私のそばにいてもらっていますが、
だいぶ慣れてきました。いつものメンバーだけの時間になりましたので、
動き出します。



動物、我が家の場合は猫、
解らないのが当たり前だと頭で解っていても、やはり知りたい猫家族の気持ち。

どこへ移動しても、何を食べてもOK!という気持ちで接していますが、
j(右)動きは減っています。左はm(最古参です、おそらく最年長)
食欲が無くなってきた時、本当に皆さん苦労されているんですね。
ネットからの情報だけでも涙ぐましい努力が多く見受けられます。
まだまだ、やれること、有るんだなあと背筋を伸ばしている今日この頃です。

猫の命と向き合っている人のブログに、
「弱っていくことを妨げない」という一節を見受けました。

ある種、真理かもしれません。

0 件のコメント: