2019年11月22日金曜日

ウランの視線..

今はまだ4台だけですが、
寒さが厳しくなるとオイルヒーターも入れて7台が稼働します。
灯油タイプは安全対策が組み込まれていますので、三時間で一度消えます。
なので、
三時間おきに延長スイッチを押さなければなりません。
私たちがうっかり忘れると......

教えてくれているのはウランです。



外の厳しさは人間の無力さを感じない訳にはいきません。

できることはこれくらい。

外のレスキューハウスは寒さ対策のため、入り口を可能な限り小さくしています。
普通の湯たんぽが入らないこともあります。
新しいレスキューハウスはこのペットボトルを使います。


クイズ!
行政が、
動物の悲惨な状況をある程度、把握しているのに、
その動物たちに対して積極的な行動ができていないのは、
他の社会的な課題より重要度が低く、優先順位が下位のためである。

これ、
マルか?バツか?

ゆっくりと考えてみてほしい。

行政の勘違いに気づくはずです。
運命に逆らうことができずに死んでいく動物たちの切なさは計り知れませんが、
その事実に思いを寄せる人々の苦しみもまた、深刻なものです。
行政は、
その人々の苦しみ、悲しみ、残念さ、の重要度が低く、優先順位が下位だと言っているのでしょうか?
もしも、そうなら、
はっきりとそのように説明してほしい。おそらくは、そのような説明はしないでしょう。


狂犬病予防法が人間の立場から作られているように、
猫も頻繁に人を傷つければ狂猫予防法ができて、やはり、殺すのです。

要は、
重要度を測る「モノサシ」を勘違いして使っている訳です。
数百万はいると考えられる「人々の苦しみや悲しみ」の重要度が低く、優先順位が下位だというのなら、
この国が滅んでいく理由は
自然災害(天災)を除けば、
「戦争」でもなければ「少子高齢化」でもなく「経済問題」でもない。
改革を恐れて前例の踏襲を仕事と称する行政システムが確実にこの国を滅ぼしてくれる。

2019年11月21日木曜日

勉強したので、再確認。

動物保護に関する課題と将来構想。
現場からの貴重なお話しを聞くことができました。



https://florence.or.jp/about/ir/
上記のアドレスは「認定NPO法人フローレンス」さんのサイトで、決算報告のページです。
「動物保護活動」とは別物として無視するのは簡単ですが、
社会貢献事業を進める上での方法論として理解だけはしておきたい。

寄付や支援は「社会貢献事業」の一部として不可欠な要素ですが、フローレンスさんの場合、
その割合は10パーセントに過ぎず、減少傾向も見逃せません。

社会貢献事業とはいえ、同業者が多ければその手腕が問われるのは
寄付集めでは無く、「事業としての競争力」となるようです。


さて....


左から、時計回りでj、m、i。

2019年11月20日水曜日

生存確認

不妊去勢手術を頑張ってもらって、
さらに、厳しい外で暮らしている猫たち。


生存確認の難しい季節になりました。
有志の皆さんも同様に苦労していらっしゃると思います。




果たして、お母さんに抱っこされるのは?

なんとかmもギリギリ場所を確保....。


頂き物のノレン、あまりにもピッタリで、しばし見とれていました。このノレンに替えた理由はいずれまた....。(あられちゃんが初ノレンくぐり)



雪が降ろうが!槍が降ろうが!(最近、あまり槍は降らないようですが..)
絶対捨てない、いじめない!


動物たちの悲惨な状況をなんとかしたいという人たちは大勢います。
では、
なぜ?
社会の課題として扱われないのでしょう。
厳密に言えば、
社会の課題として取り組まないよりは取り組んだ方が良いんだけど、他にも課題が在って優先順位が限りなく低い。
というのが「行政の立場」です。
毎日、凍え死ぬ動物がなぜ存在するのか?
行政の答えは「人間の無責任」だというでしょう。

死ぬためにだけ生まれてくる命の存在に積極的、真剣に取り組まない行政、
果たして人々の命に真摯に向き合う実行力があるでしょうか?

何れにしても官民協働でしか成し得ない課題だと思います。
気軽な話し合いの場を設けて未来のデッサンを一緒に描きたいと切望しています。
自分の考えをしっかりと持って、「素敵な街」を動物たちも混じえて創っていきましょう!

2019年11月19日火曜日

要注意。

ジュニア、不調。

家に入る前の不調と家に入ってもらってからの別な意味のストレス。
自己の抵抗力が下がっていると考えています。
経験が活かされなければならない場面ですが、
それぞれに個性があり、
経験の全てが当てはまりません。
「焦らずゆっくり」も大きな要素ですが、
どうしても、できるだけの事は実施しようとします。
相手のリズムに合わせながら、少しづつ...これが意外に難しいんですね。



親子で家に入ってくれたm(手前)i(奥)

体調が万全か?と言えば、そうとも言えませんが、
のんびりとした状況は私たちに少なからず安らぎをプレゼントしてくれます。
冬、乗り切らねば!

2019年11月18日月曜日

二階組、部屋の鍵を開けることを覚えました。

出てくるメンバーはある程度決まっています。
一階に誰かいれば喧嘩などの問題はある程度防げるんですが、
一階組はほとんどが療法食。
この療法食が最近、減り方が激しくなりました。
二階も一部が療法食なので、時間制にしています。
慣れないこともあるのでしょうが、
一階の療法食を食べて、の〜んびりして、二階に帰ります。
毎日ですと、いささか経済的に厳しいので、
二階組が自由に降りてこれないよう、
鍵の仕組みを変えました。
はじめはおなじみのこれ、


試験的ですが原始的に紐で結ぶことにしました。

夜中、人間が寝ぼけていても、うまく結べるか?..さて結果は??


港をカメラ付きの電話で写しましたが、気に入らないので、画像処理で少し変えています。
冬がそこまで来て、足踏みしている日本海、写っていますか?

2019年11月17日日曜日

なぜか?写す方が緊張....

以前からあまり活発ではありませんでしたが、
最近は横になっている時間が多くなったような気がします。
癌と闘うmei。

カメラを向ける時、ちょっと、緊張します。
こちらがリラックスすること、大事だと解ってはいるんですが、たやすくはありません。同じ状況の方々、沢山いらっしゃるんでしょうね。


動画です、出演はkilala
題名は「Uターンゲーム」



本格的な冬を前にして、去年のような体力ではどうにもなりません。
午前中に動くようにしています。
屋根からの落雪を避けて、車を別な場所に移動していますので、そこの除雪などをリハビリを兼ねて頑張っています。
初冬の小樽港、まだ、海温が真冬になっていないようですね。


この砂を撒く日々が続きます。移住してきた頃は「ナンダコレ!」でしたが、だいぶ慣れましたよ。