2018年12月22日土曜日

覚えていますか?小樽保健所の譲渡会、第一回目。

小樽保健所の譲渡会、第一回目。
保健所がホームページで公表している、その経過説明文です。
..........
開催の経過
犬猫の引き取り相談の理由は様々ですが、小樽市の犬の収容施設ではボランティアが献身的に活動しており、犬の殺処分は0に近づいています。
一方、法令の関係から、小樽市には猫の収容施設がなく、猫の引き取りは即日殺処分が前提でした。 平成25年度の改正動物愛護管理法の施行により、都道府県等が犬猫の引き取りを所有者から求められた場合、理由によっては引き取りを拒否できる旨の規定が設けられました。
規定に基づいて、終生飼養や新たな飼主さがしをするよう指導した結果、猫の引き取り数は大きく減少しましたが、引き取り数のほぼ全てを殺処分する状況に変わりはなく、譲渡を増やすことが求められました。
市内ボランティアの協力を得ながら新たな飼主をさがし、昨年度は猫の引き取り数58匹、譲渡数23匹、殺処分数29匹となり、今年度に起きた多頭飼育崩壊と野良猫の餌やりで増えたケースでは、市外ボランティア団体が協力を申し出てくれました。団体は、SNS等で情報を拡散し、事例が起きた周辺住民と協働して新たな飼主をさがし、短期間に猫の譲渡先を確保しました。
これまでの人脈を頼りに猫の譲渡先をさがす手法は、収容施設のない小樽市では限界があります。
猫の収容施設のあり方について、昨年10月から、市内、市外ボランティア(小樽保健所サポートチーム)と話し合いを開始し、市民を含めたネットワークづくりが重要とのコンセンサスが取られました。今回の譲渡会は猫に限っていますが、その第一歩となるものです。
....................
しかし、下記に有る内容を無視した部分が有ることにお気づきでしょうか?
....................................
「動物愛護管理法の概要」
(1)基本原則
すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱うよう定めています。
.........................
つまり、
「動物とはいえ止むを得ず殺す」ことはあってはならないのです。

「法令の関係から収容施設が無い」
ならば、どうする。
こうなっていないのは「犯罪」では無いでしょうか?
努力したことを説明し、公表して、
それを「証明」する義務を果たさない限り。


mのお腹に誰かの足

ここはkちゃんの寝床ですから..。

油断はできませんが、ゆっちゃん、元気です。

特別出演、cocoちゃん、踏ん張る!


厳しいよね、冬って。
ウミガラスだと思う。


最後まで読んでくれた方々、ありがとうございます。

2018年12月21日金曜日

助かっています。

雪も少なめ、気温も普通。
助かっています。
これからが本番か?
冬...。
奥から
あられ、
m、
j。



動物保護は「官民協働」がベストな選択では無いかもしれないね。
誰もが納得できる恒久的な財源って、この世に有るかなあ??
リスクの無いプロジェクトも、この世に有るのかなあ???

2018年12月20日木曜日

それぞれに特徴があります。

団体のポリシー、其々に特徴があります。
今後の参考にしたいと思います。

「NPO法人ニャン友ねっとわーく・北海道」さん。
詳しくはこちら
http://nyantomo.jp/about/#収支報告
「個人ボランティアの集まりの集まり」と書いてあります。
この辺が特徴かな?


「NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」さん。
詳しくはこちら
http://tsukineko.net/about/
「猫と人を繋ぐことを目的として飼い主のいない猫達に家族を見つけるお手伝いを中心にしています。」と書いてあります。
この辺が特徴かな?


クリスマスの次の日は?
「NPO法人ニャン友ねっとわーく・北海道」さん。
夜の譲渡会です。



生きとし生けるもの、すべてに天寿を全うする権利があると思う。


その命を救うために懸命の努力が続きます。
団体、個人を問わず、使われているお金は全て、経済活動に無関係ではありません。
命を救う活動は行政がどんなに協力しても、街の活性化を妨げない。
行政も本腰を上げてもらいたい。
今、すぐに!

2018年12月19日水曜日

北海道内のNPO法人の概要

北海道の資料より
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/ks1/NPOkatudoujoukyou2.pdf
(pdfファイルが開きます)
以下、抜粋
北海道内のNPO法人の概要

北海道内に主たる事業所を置くNPO法人(以下「道内のNPO法人」という。)は、
 平成 11 年の制度創設以来、年々その認証数は増加しており、
平成 24 年 3 月末現在では 1,778 法人を数える。
また、
都道府県単位でのNPO法人数をみると、
北海道は、
東京都(7,247 法人)、大 阪府(2,960 法人)、神奈川県(2,849 法人)に次ぐ
第 4 位と、全国の中でも多くのNP O法人が認証されている自治体であると言える。

抜粋はここまで。

小樽市は25法人
ホームページは極端に少ない。
ネット環境が無い人たちのことを考えなければならない。
しかし、
ネット環境だけが頼りの人もいる。
ベストは両方を実施できることだと思う。

別件

「小樽市保健所」の設置主体は「北海道」
その主体である「北海道」が「動物愛護管理法」を所管している。
小樽市が所管していない理由は?

「狂犬病予防法」は北海道も小樽も所管している。
この二重行政に果たして意味があるのか?
道民にとって最良の状態なのか?
この法律は保健所の有る無しに関わらず、日本中どこでも実施されている。
謎は深まる。イヤ、そうでは無い。
答えは誰もが知っている、特に行政の現場小樽の保健所などは...。

今日の「シャシンデオタル」
信号が赤だったら、もう少し多く撮影できた。



奥左はm母さん、右はkちゃん、手前はj君。

j君はデカイから、一緒に寝れない。
他への移動を考えています。

私の寝る場所は????

2018年12月18日火曜日

大丈夫かなあ??

稀にお見えになるお客様に落雪の危険を知らせる看板。


その落雪はレスキューハウスの出入り口にも危険です。
さて、
これで、大丈夫かなあ??
ゆっくり降って、静かに落ちてくれれば大丈夫、だと考えているのですが。


今夜の雪は積もりそうです。
明日、この防御の強さが判るかも。
無事でありますように。

2018年12月17日月曜日

小樽市の助成金?

*画像は小樽市の公式サイトのキャプチャーです。


https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sumai/machidukuri/kyoudoujigyou/joseijigyo_itiran.html

小樽市の助成金?
その仕組みは?


具体例



「餌やりさん(生まれてくる命の大半が死ぬ事をどう考えているか?解らない)」や「動物の被害を感じている方々」「観光がまだ産業だと思っている方々」「小樽を素敵な街にしたいと感じている人々」
誰にとっても、「動物保護」は無視できない、「社会の課題」だと思う。
なぜ?
美味しいお寿司を食べているすぐそばで、猫が凍え死んで逝きます。
観光都市とは素敵な街とは、「物言わぬ弱き命に優しい」街のことではありませんか?
お土産を買ってすぐに小樽を離れる旅人もその優しさは直感するものです。
これだけネットが情報発信に力を発揮している現代、ギリギリのところで「マイナスイメージ」が食い止められているのは、
動物保護関連の方々が皆、優しいからです。「ネットを一つの考えのために悪用したりしません」
「観光都市宣言」をしている「小樽市」は「数え切れない猫が悲惨な最後を遂げていること」を隠し続けている。
そんなことをネットに流したりしていません。
公式サイトの裏に隠されている実態を暴露したりしません。
なぜでしょう???
それは、
行政が穏便に事を進めるために、もっと多くの情報を隠す恐れがあるからです。
「殺したこと」を「死んだ」と表現したり。
「治療しても生きられない」と「判断」したことを隠されるのを
心優しき動物保護関連の人たちは...恐れているのです。


猫とはいえ「命」と真剣に向き合い、何らかの行動を起こす勇気と良心の無い行政は、どのような「街づくり」を助成するのでしょうか?



fu (左)クリスティ(右)
本当はfuの方が大きいんですがアングルの関係でこうなりました。
fuは誰にも優しいイイ男。でも、クリスティは全くの赤ん坊なので、ちょっと、迷惑そうですね。
彼らがここに写っているのは、
何らかの偶然では無い事をどれだけの人たちに感じてもらえるかなあ...?
放っておけば死んでしまうことが解る命に出会ってしまった時、
人間は何をするでしょうか?
何ができるでしょうか?
自分の立場がどれほど重要でも、知らぬふりをできるものでしょうか?
自戒を込めて、書きました。
あくまでも...自戒を込めて..書きました。

2018年12月16日日曜日

まだまだ続きます。

ニャン友ねっとわーく北海道さん、夜の譲渡会!
詳しくはこちら。
http://nyantomo.jp/



可能なかぎりの材料を工夫します。
カバーを二重にしました。


一休みしてくれた、冬。
庭の片付けが残っていたので、助かりました。
雪の中、我慢してくれていた愛車(自転車)も格納できました。来年、手入れをし直して、今年よりは乗る機会を増やしたいと考えています。
冬が楽しみだった時代もありましたが、
今は、山だけに冬がくればいいのになあと感じています。


老朽化した保護施設の改修!北国の厳しい冬を暖かく迎えたい!
「NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」さん、クラウドファングにチャレンジ!
https://readyfor.jp/projects/tsukineko2/announcements/90959