2018年12月8日土曜日

「明日まで!」と「ツキネコさん、 このプロジェクトはAll or nothing形式。?」と「作家、小田実の残したもの」

ニャン友さん、
猫の譲渡会、2018年12月9日(日曜日)



ツキネコさん、
このプロジェクトはAll or nothing形式。
1月31日(木)午後11:00までに、
3,000,000円以上集まった場合に成立となります。
詳しくはこちら。
https://readyfor.jp/projects/tsukineko2


法律はあるが実施は自治体の裁量に任せている。
動物の命に対する、
行政の見解です。



作家「小田実」
氏についての評価は様々だが、
彼は反戦運動について「市民運動の新しいスタイルを生んだ」と言っている。
「市民一人一人が考え、行動し、参加し続ける」 スタイル、
市民運動の新しいスタイルを生んだ、と...。
動物の命について真剣に考え行動する多くの市民がいる、
さて、行政は「市民」では無いのか?
それとも、
「考え、行動し、参加し続ける」ことを実施すると、何か、不都合があるのか?


0 件のコメント: