2018年12月15日土曜日

お役所にはもう少し解って欲しい。

あれから三か月、「ニャン友ねっとわーく北海道」さんの活動。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://nyantomo55.blog.fc2.com/blog-entry-1477.html


NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」さんのブログ、
https://ameblo.jp/tsukineko-hokkaido/entry-12425003822.html


北海道は「動物愛護管理法」を所管しています。
(所管=ある範囲の事務をそこの責任・権限で管理すること。また、その範囲。
小樽は「動物愛護管理法」を所管していません。

北海道は「狂犬病予防法」を所管しています。
小樽も「狂犬病予防法」を所管しています。

小樽は「動物愛護管理法」を所管していないので、
犬も猫も法律に沿った扱いをするのは北海道の「お手伝い行為」になります。

これって、誰かにとって良いことなのか!?

犬と猫を区別して扱っている小樽市、
その理由は「動物愛護管理法」を所管していないから、
だとすれば、
所管していないことが既に「問題」なのではないか!

これを見たみなさん、
私の考えに惑わされずに、自分の意見を持つために、
自分で調べて、じっくりと「問題」を見つめてください。

「無いから出来ない」
これをサービス業(行政はサービス業です)の立場で考えたら、
「なぜ無い?」「あったほうが良いか?」「作るにはどうしたら良いか?」
なぜか?「ヤクバ」はこうならない!

「官民協働」は、
お互いの「やる気」を確かめることから始まる。

上の二つのリンク先を役場の誰か一人でも見るだろうか?

無関心の人々はその存在すら知らない、「動物保護団体」
しかし、
行政は既に十分知っているはずだ、
その存在も、
今、
行政がやらなければならないことも。



k

momo

j



ここには書ききれないほど、多くの人々が悲惨な状況に置かれている動物の「命」を守るために人生を捧げていることを付け加えます。

2018年12月14日金曜日

小樽市保健所と動物関連のボランティア活動

小樽市保健所の公式サイト
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/anzen/doubutu/pet_tekisei_siyou.html




明日は少し気温が上がるみたいで、助かります。
でも、
今日はしっかり重い雪が積もりました。
これが無かったらどうしよう!
庭に猫道を確保、屋根の落雪の除去、家の前の除雪。

夜でも、動かすようになるでしょう、これからは。

2018年12月13日木曜日

小樽市保健所


1939-4月 道庁小樽保健所として小樽市花園町西3-17にて業務開始。

1944-10月 10月 小樽簡易保険健康相談所を吸収し、道立小樽保健所と改称する

1948-6月 小樽市に移管し、小樽市保健所と改称する

1948-9月 小樽市予算による小樽市保健所として発足

1950-4月 A級保健所に指定

1972-5月 新庁舎竣工(小樽市富岡 1-5-12、鉄筋コンクリート造 3 階建 延 1,955.4 ㎡)

1994-9月 猫の不妊手術助成開始

1995-9月 ペットの飼い主さがし開始

2002-14月 「ドッグズウォークin小樽」を開催


保健所のお金(みんなの税金)

衛 生 費    4,615,830,000(総額らしい)
以下、その内訳らしい。
1 保健衛生 費 1,935,088,000 
2 保健所 費   554,406,000 
3 清 掃 費   2,126,336,000

北海道の一つの部署としてスタートしたのにも関わらず
北海道と同じ業務と、
北海道のお手伝いをしている業務とが有る。

行政として
何を考え、何をしなければならないのか?を
問うてきたが、話す相手を間違えていた可能性がある。
戦術はともかく、
戦略が間違っていたのでは、どうにもならない。

「やる気」だけでなんでもできる、とは、考えていない。
しかし「やる気」が無いと、何にも始まらないのも事実。

「命令」「与えられた職務」なら、それなりの成果を上げなければならない。
その、「命令」をする人、「職務を与える人」に会う必要がある。
その人たちとどう向き合うか、これが本当の「戦術」になる(はず)。

どうにもならないことをどうにかするのは、
「オモシロイ」部分も有る。

何より、素晴らしい仲間に出会えた。

もう一つ、違う道を歩んでみよう。
この写真に写っていない、まだ見ぬ、猫のために、
まだ見ぬ、悲惨な状況にいる「命」のために。








2018年12月12日水曜日

ガンバル、二つ。

老朽化した保護施設の改修!北国の厳しい冬を暖かく迎えたい!
「NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」さん。
クラウドファンディング、チャレンジです。
こちらから応援できます。
https://readyfor.jp/projects/tsukineko2/announcements/90959


夜の譲渡会。
「ニャン友ねっとわーく北海道」さん。



誰もが冬を無事に越せますように。門柱の上から皆さんを見守ります。



「慢性鼻炎?」
ご飯も水も大丈夫なんですが....。
お薬、病院(再診)のタイミングを見ています。
一番、人間から遠い、しずくちゃん。



NPO関連のフォーラムに出てみて、
感じたこと。
「官民協働」は必須の前提条件では無い。
むしろ、
活動と社会との間に「必然性」があることを説明できるか?と云うこと。
さらに、議論をどこまで深められるか?
もう一つ、
小規模でも実際にやってみる。
参加者の皆さんは人間として強いなあと感じたことも付け加えます。

2018年12月11日火曜日

動物関連が無い!

小樽には37のNPO法人があるようです。
が、
動物関連はありません。
全国的に見ても、少ない。
「社会貢献」と「動物保護」これが繋がっていないからだと思う。

NPOの多くは「人助け」で「社会貢献」と結びつきやすい。
助けられた人はそのサービス?に対して対価を支払うことができる場合とそうで無い場合がある。
しかし、お金が無いとどんな行動もできない。
そこで、寄付、行政からの助成、物販などの事業展開となる。
この状況を事業展開の方から見て、社会貢献の上に立脚させようとするのが、「社会貢献事業(ソーシャルビジネス)」では無いだろうか?

さて、
動物に天寿を全うしてもらうことは社会にどんな良い影響があるだろうか?
その話に行く前に、
私としては、悲惨な状況の動物がなぜ存在するのか? を考えてほしいのだが、話を進めます。

動物保護活動、動物福祉活動は、
「人が作り出したことなので社会問題として誰もが応分の負担をしなければならない」
と考えていますが、
「事情はどうあれ、命を救うためにあらゆる可能性を排除することなく活動しなければならない。」
というのも、実感で、多くの人々は人生を変えて実行しています。 さらに、
「人間の暮らしに対する悪影響(畑を荒らす、など)を無くする」という、行政の苦情対応もあります。


簡単なことを難しく書いているのでは無く、
動物関連の活動自体が実に難しいことなんだと思います。

確実に言えることはこの瞬間もどこかで命が凍え死んでいることだ。
そして、
今のままで良いと考える人は少ないのに、
社会の「課題」になっていないことだ。



ご飯を食べて、

寒く無いところで寝る。

これが難しい国に私たちは生きている。
どんな立場の人たちも声を挙げてほしい、
そして、
命を救う仲間になってほしい。

2018年12月10日月曜日

NPOと行政

下記は
「特定非営利活動法人 日本NPOセンター」さんのサイト内(行政の方へ NPOと行政との協働についての考え方)からの引用です。 https://www.jnpoc.ne.jp/?page_id=10158
ここから引用文。
(1)NPOと協働する行政職員の8つの姿勢

NPO活動推進自治体ネットワーク 協働を進めるための行政職員の意識改革研究会編
1. 公共は「官」だけが担うのではなく、NPOや企業などさまざまな主体と共に担う意識を持つこと
2. 協働とは特別なことではなく、チャレンジであり、失敗を恐れない意識を持つこと
3. ニーズは、現場に足を運び、当事者の生の声に耳を傾けてこそわかるという意識を持つこと
4. 協働相手とは対等である。本音で語り合えてこそ、協働であるという意識を持つこと
5. 協働の現場では、自らの責務として率先して行政内部で連携し相乗効果を得ること
6. 協働には十分なコミュニケーションが必要であり、共感するには時間がかかるという意識を持つこと
7. 情報は市民のものであり、市民のために活用してこそ価値がある
8. 協働できない理由を探すのではなく、受益者のためにどうしたら実現できるのかを考えること


(2)行政と協働するNPOの8つの姿勢

民間NPO支援センター・将来を展望する会 編
1. 市民の共感と参加を基本とする事業づくりの能力を持ち、それを通じて本当の市民自治を促進すること
2. ミッションと協働事業の整合性を考え、事業を展開すること
3. 行政に依存せず、精神的に独立していること
4. 相互のシステムの違いを理解しつつ、解決の糸口を見出していく姿勢を持って努力すること
5. NPOならではの関与によって協働事業の質を向上できるような専門性・特性をもつこと
6. ルールの違いを乗り越えるための能力を備えておくこと
7. 協働した結果は、市民の共有財産として広く積極的に知らせていくこと
8. 契約にあたって、対等な立場で交渉する力をつけること
引用はここまでです。

現在、私はどこのNPOにも所属していません。
「社会的課題の解決を目指す事業」の可能性を勉強しています。
「NPO」と「社会的課題の解決を目指す事業(ソーシャルビジネス)」
両者は似て非なるものですが、
ソーシャルビジネスは「NPO」を包括していると考えています。
つまり、
社会的な課題の解決方法は多種多様なシステムが必要だと云うこと。
それにしても、上記の8つの姿勢、 できてないような気がする。
昨日の「北海道NPOサポートセンター20周年記念フォーラム」では「社会的価値の創造」という話を聞いた。 一人一人の問題意識の質と解釈したが、どうだろうか?

行政の姿勢
協働できない理由を探すのではなく、受益者のためにどうしたら実現できるのかを考えること。
協働とは特別なことではなく、チャレンジであり、失敗を恐れない意識を持つこと。

今日はこれに尽きるなあ....。


去年より今年は冬に立ち向かう体力が少し良いような気がする。
気のせいかもしれないが、ありがたい。

長い間、厳しい外暮らしを耐え抜いた「あられ」
限界が見えたので最近、家に入ってもらった。
人間の無関心、無責任が生んだ「命」
なんとか天寿を全うしてもらいたい。
我が家の他の猫たちもテレビを見ることはあるが、
あられが見ていると、「やっぱり、まだ、テレビが珍しいのかな?」と思ったりする。
特に動物が動くシーンでもない、ドキュメンタリーなんかを真剣に見ていると。
こちらが深読みをしてしまって、胸がつまる。


遠景の港がすっきり見える、これは寒くなるぞ..。

北海道NPOサポートセンター20周年記念フォーラム

http://npo.dosanko.org/2018/10/npo20.html

12月9日(日)
北海道NPOサポートセンター20周年記念フォーラム
「北海道のNPOは何を作り上げてきたのか -第1.5世代&第2世代が見る過去・現在・未来-」
参加してきました。

勉強したことは少なくありません。
詳しくは後日書きますが、
「市民」とは「市民活動」とは..
深く再考しなければなりません。
時代はどんな力で形作られるのか?
その「力」は誰が持ち、誰が使うのか?


政治は「市民」という言葉を嫌う。という話もあった。
根深いものがある。
「民をして、依らしむべし。知らしむべからず」
この文言の解釈は幾つかあるようだが、悪い意味だけが印象に残っているのも確か。