2020年9月11日金曜日

hana...咲く....。

小樽市の限界集落に在る猫と人間の共同生活住宅。


ここを訪れてくれる人は極々わずかです。
でも、みなさん、素敵な人ばかりで、お会いできた日は元気が出ます。

今日はhanaさんが花と一緒に来てくれました。

その場がパッと明るくなるようなhanaさん、
数々のご支援、ありがとうございました。


手前はデカベイビーchipo(全部写っていなくてゴメン!)奥はnini、新人さんですが苦労しながらなんとか暮らしてもらっています。

niniは本当の所、ジュニアが大好きなんですが、現在養生中でそばに行けません。
nini、しばらく待っててね。

fu。
顔つきが変わった(大人顔)?
一階で暮らしてもらうのがイイかなと考えていますが、二階の部屋では彼を頼りにしている仲間が多く、簡単には行きません。

mimo(左)もfuを頼っています。

カメラ(電話付きのカメラ)を引いてみると、こんな塩梅です。


動画、pilikaの大技「ノビノビ一回ひねり」

2020年9月10日木曜日

The Jr. ジュニア。

2015年冬......

彼、ジュニアは私たちの前に姿を見せました。

2016年3月25日、
足をひきづって歩いていました。

同年、3月28日、
去勢手術を頑張ってもらい、
しばらくは玄関のケージで養生してもらいました。
その後、庭でなんとか仲間と暮らしていました。
抗生剤の投与などはありましたが、ご飯も食べて、水も飲んで、甘えて...。

2019年2月26日〜
頻尿、血尿を確認。治療。

同年、5月30日、精密検査。
頻尿以外、特に大きな問題は無し。
しばらく様子を見ていましたが、 食事ができないことを確認。

2019年7月8日月曜日。
再度精密検査。
内科的な問題は無し。
消去法で歯科に課題が残りました。
即日、入院で、翌日、口内、歯科の処置。
数日、食べていないこと、よだれが出ていること、エイズキャリアであること。
それらをドクターが総合的に判断した、対処です。

生死に関わる承諾書を書き、私も覚悟を決めました。

ジュニアは推定ですが、10歳は超えているでしょう。
たとえ、若くても、
外暮らしで食べれないということは、
「死」が待っているだけです。
少なくとも、零下20度では数時間しか生きられません。

退院後、彼は我が家で暮らしてもらっています。


どちらも彼らしい表情ですが、昔の写真と比べられません。
彼が今、どのくらい過酷な戦いを続けているか、
過去の写真と比べるとその差に愕然とします。
きっと、私たち人間が彼にできることは限られているでしょう。

「天寿」
この言葉が私の心に重く居座っています。

この花々は彼のいる部屋からきっと見えないと思いますが、
一階の出窓からなら、見えます。
そこに移動できることが目標です。



人類が多様な生命と共存していく努力を怠れば、
人間もまた、その多様な生命の一つに過ぎないことを思い知らされるでしょう。

過去が現在を創っていることは誰もが理解できます。
しかし、現在が未来を創るということをどれほどの覚悟で考えているのかは疑問です。

存外、彼(pilika)は考えているのかもしれません。

2020年9月9日水曜日

お日様はありがたいんだけど.....。

お日様は生きるためには必須アイテム。

でも、ちょっと強すぎる日差し。
猫家族ジュニアのご飯は特殊。
今、食べるもの、食べられるもののメインは一種類。
それに、サプリと栄養バランス食。
そのメインも買いだめはできません、いつ、嗜好が変わるかわかりませんので。
と、いう訳で炎天下、歩きました。わずかな距離ですが、


手前はchipoと奥の方は???


そのchipoは...お食事中でした。

手前はkilala..みんなで5...。


nini(左)とkilala。(写真としては好きな画)


momo。顔が痛くないかな?

non、この部屋に入ると必ずお出迎え。


そばにはpilika。

しばらく後に行ってみると。窓際でモジャモジャ。
どこに目があるのか???
とにかく、写さずにはいられない瞬間。



動物保護に関心を寄せてくださる方がジワッと増えているようなニュースがありました。
「命を救いたいがどうしたら良いだろう」
素晴らしい問い合わせがボランティア団体の事務局にあったようです。

まずは関心を持っていただくことが大切ですが、行動を考えていただいたこと、
これは大きな大きな一歩だと感じています。

2020年9月8日火曜日

iもmodoも苦労しています?

i君はm母さんを亡くして、どこか、所在無く過ごしています。

以前は人前に出てくることが極端に少ないi君でしたが、最近は人間のお母さんを頼りに顔を出す機会が増えました。
動画はi君の背中をトントンしているところですが、そこに現れたのはmodo。この技?は「コテン」と言います。i君は猫嫌いなのでちょっと困っていますね。


苦労人のあられは見て見ぬ振り?

pilikaは新しい寝床を確保!今日のお薬は70点ぐらい。でも、落ち着きはあるみたいです。



久しぶりに海岸へ。
海、船、水平線。
なんと無く、好きなんですね。


厳しい冬がそこまで来ています。
まずは自分たちがウィルスに負けないように注意する!
これしかないなあ....。
みんなも油断したらイカンよ!!

厳しい冬にどれだけの犬や猫の命が消えるか?
それぞれの立場で考えて、自分の意思を持って行動してほしい。

この国が依然として税金で動物を殺し続けていることも忘れちゃイカンよ!

ハーフ君。外暮らし開始。

必ず家のそばか、庭でご飯を食べてくれますように!
ハーフ君。


ジュニア、検査と点滴と注射。出発。


帰ってくると、ちょっと怒って、爪研ぎだ〜〜〜!

二日間、食べていなかったので、ガッツリ食べました。
明日からまた、たくさん食べようねジュニア。


2020年9月6日日曜日

我が家のウィルス対策に強力な?助っ人。

外で人に会うことが滅多に無い限界集落。

屋内でマスクをしている人はほとんどいないと思いますが、
お母さんは猫家族のための掃除の時はしっかりマスクです。
コロナ対策とも言えるこのマスク状態に強力な助っ人が現れます。
まずは〜〜〜クリスティ。


そして、あられ(中)もお母さんを守る?ためにひっ付きます。
ゆっちゃん(手前)はお食事中ですが。


あられはお母さんの疲れも癒します???。

これではウィルスも参るだろう。(それは疑問だ......)

蒸し暑いので引きこもりもこんな格好になります。pilika。

そのpilika、今日はお薬ご飯0点。
薬、飲んでも飲まなくても、この表情は彼にとってはフツーです。
ダンボール箱のcoca colaの文字が似合うなあ(親バカの思い込み)