2016年8月19日金曜日

クールダウン…

どんなに急いでもクールダウンは必要。
と、言う訳でもないのですが、
湿度は高いものの少し気温が下がり、何となく、夏休みの中休み?の雰囲気。



http://www.christelfoundation.org/ ここのサイトを見て、質問やら現在進行中の懸案やら、「ちょっと違うんでは?」などとメールを送りました。
二週間以上前の話です。
17日に、返事が来ました。
こちらのメールの内容は役場との合意文章に至っていない項目も有りますので、この場での発信はいたしませんが、推して知るべしの内容です。
その返事は
下記です。(原文保持。)
この度は弊財団にご連絡をいただきありがとうございます。
お返事が遅れ申し訳ございませんでした。
…(私の名前です)様や小樽市の活動に敬服いたしております。
私どもでも、殺処分ゼロをなくすことは難しいとは思いますが、
一般の方にもより多く現状を知っていただき、
ゼロを目指すことが大切であると考えています。
おっしゃるように「殺処分」が無くなればどうなるのかをシュミレーションして、
それに対応すべく社会全体(官民問わず)が動くことが必要だと考え、
この度、全国の殺処分ゼロを達成した自治体の方にも登壇いただく アニマル・ウェルフェアサミット2016を開催いたします。 https://peraichi.com/landing_pages/view/aws2016
このような啓発活動を地道に続けていくことも必要であると考えています。
お答えになっているかわかりませんが
また、進捗があればお聞かせいただければ幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル



動物の命に真剣に対峙する方はそう多くはありません。
それは現実が全てを物語っています。
いわば、「少数精鋭」で「無関心という大軍」と戦っている状態です。
こういうタイプの団体も貴重な存在です。今後も注視し、参考にしたいと思います。殺処分ゼロを実施している自治体は相当数有るようです。そういう人たちを一堂に集められる「力」はやはり貴重な存在です。イベント当日の資料は売っていただけるのか?問い合わせしました。


あられちゃん、この体勢はレスキューハウスの床下に誰か(猫)がいるようです。

警戒態勢から、安全な場所を探す、あられちゃん。
同じく外で頑張ってもらっているゆうき君。庭を上手く使ってもらってこちらが助かっているのですが、あられを排除しようとする場面も有ります。
切ないです。
切ないです。
あまりにも無力です…。
両者を分けてあられにご飯を食べてもらえるのもここ数ヶ月かもしれません。
そうです、あの、手強い、冬がそこまで来ています。庭の植物の様子で判ります、どんなに暑い日が続いても、来るものは確実に来ます。


写真は作業台の下のゆうき君。


最近保護したmimo(ミーモ)とuran(ウラン)二間を仕切っていたドアを開けて仲間が増えました。
でも、これも何となく胸が熱くなるのですが、こうして2ニャンは寄り添っていることがあります。
もともと、同じような時期に外でフラフラになっていただけで、何の関係もありません、食べるために喧嘩をしてもおかしくない状況です。
始めのうちは部屋で一緒でもそれほどくっ付いている訳では有りませんでした。同じ環境の仲間との接触が増えても
こうしているのはどういうことなのかな?きっと人間の「考え過ぎ」…。uran(ウラン)は再々検査が待っているし、mimo(ミーモ)は食べる割には大きくなれません。検査で判らない何かが有るのか?外暮らしのときの「フラフラ状態」を見ているだけに、深く深く考えてしまいます。

今日はこの辺で…。役場との共同作業もクールダウンしているような感じ、こういう「間」が有っても良いのでは?

本当は一刻も争う事態なのですが!

アクセス、ありがとうございます。


こちらのサイトもぜひ!ご覧下さい。http://www.neco-republic.jp/

2016年8月18日木曜日

札幌の人たちが小樽のために…

小樽稲穂で増えたノラ猫23匹と余市の多頭崩壊からの保護猫50匹います。
里親または、預かりボランティアを募集しております。
地域の問題は地域で解決できればと思います、
両者、札幌の保護団体が懸命に保護してくれました。
出来るだけ沢山の小樽、余市の方に広めてください。
(原文はFB経由のもので、文章をお借りしてお知らせしています。)
https://www.facebook.com/nyantomonet/posts/1024055614382503
このブログの主催者が募集している訳では有りません。このリンク先を見て、ぜひ、協力、情報拡散をお願いいたします。



残暑が厳しい…



持続可能な施設を作らなければなりません。
官民それぞれの立場で過去を総括しなければ、前に進めないことも事実ですが、
それは、
施設を作りながら考えることとしました。
雲をつかむような話では有りませんが、不透明な部分も多々有ります。
全てを乗り越えなくては持続は困難。
いずれ、詳細をご報告して、皆様のご指導をいただきたいと考えています。
無関心な方も「税金の使途」という意味では既に関わっています。
NPO法人 東京キャットガーディアンの言葉を借りるなら、「不足しているのは愛情ではなくシステム」かも知れません。犬やねこの命に無関心な方々もあまり意識せずに、動物との共生、少なくとも、税金で殺すのではなく、生かすことに税金を使う世の中を創る仲間になっていただきましょう。泥棒や交通事故が無くならないように、無責任な餌やりさんも無くなることは無いでしょう、それは、「なぜ?」を見つけられずにいるからだと思います。もしくは、そのなぜ?に立ち向かうと大事(おおごと)になると判っているからも知れません。人に対するケアを考え実行しようとしている有志の方もいらっしゃいます。見事な発想です。「結局は人の問題なんだよね〜」と誰もが判っていますが、そこまで届くシステムは未だ有りません。私が考える施設も、里親さんが見つかるまでの療養所的なものです。そこに、街づくり、人づくり(次世代につなぐための)、を盛り込まなくては「持続」は難しい。
下世話な表現ですが、人、もの、金、の中で、やはり、システムを構築、持続させるには人が重要。



写真は
一人で作った庭にある猫の避難小屋。
ここでは、
救った命も
救えなかった命も
見てきました。
そして、その後、
「何が出来るか?」では無く
「何が出来ないのか?」を痛いほど知ることになります…。



見るからに弱そうで、神経質なmodo(モド)。保護するまでには足掛け二年を要しました。検査の結果は案の定、内蔵に問題が有り、大きくなれなければ、治療の方法が難しい体質。保護した後も、隠れている時間が長く、人間のお母さん以外は寄せ付けません。食の判断はトイレの様子から計り知るだけです。今、こうして私たちのそばで元気でいますが、常に初期の診断が忘れられません。


いつも見ていただいて、感謝しています。実際には難しいと思いますが、猫の現状の話を出来るだけ多くの人に伝えてください。既に役場の論理は崩れています。殺す理由など本当は無いのです。それは、殺さない方法を考え、市民とともに実行しようとしなかっただけのことです。心を病み、精神に異常を来している以外、「犬や猫を殺して楽しい」はずが無いと思いますが、皆さんはどう、お考えでしょうか…。

2016年8月17日水曜日

勉強してきました。プラス見学コース付き!

北海道認定NPO法人「しっぽの会」さんへ行ってきました。
小樽の犬猫が天寿を全う出来るように行動する第一歩目、
基本の基を教えていただきました。
地道な努力が実を結ぶかどうかは、無関心を関心に変えること、
出来ることを先ず実行、
ダウンサイジングで大きな成果!
本当に、実践して来た人たちの話は身にしみます。
後は連絡待ちの団体さんが一つありますので、
そちらでは具体的な数値(収入支出の細かな実態)なども教えていただきます。
 北海道認定NPO法人「しっぽの会」さん、
猫舎、建築の最中でした。
見学させていただきましたが、写真は完成後、団体のサイトで公表予定ですので、楽しみにお待ちください。
今日の写真は我が家の居間でくつろぐ???
デッカイ軍団。


こちら、体はデッカク無いのですが、
人間を動かす実力No.1のm。
場を押さえるとはこういうことです。?

クリスティは傷ガードの洋服(ドクターお手製のサポーターの改良型、ありがたいです。)を破ること無く、無事です。同部屋の仲間と小さなバトルをしますので、ケージから出すことができません。
食べて、飲んで、トイレも順調ですが今月いっぱいこの状態、チョット、キツイナア…。


今日もアクセス、ありがとうございます。ちょっとですが、前進しています。皆様のご協力、激励のお知らせ、心より感謝いたします。小樽の「動物愛護」で何か動いているの?という?の有る方、ぜひ!こちらへcafemonju@gmail.comメールを送ってください。現状で説明できる全てをお知らせいたします。その上で、力を貸していただければ、幸いです。よろしくお願いいたします。

2016年8月16日火曜日

クリスティ、無事、退院したのですが…

これから家に帰るクリスティ。
昨日までの目つきと違います。
手術したから、疲れたんだね。

今回、初めての抜糸をすることになりました。
過去に一度も有りませんので、少々(実は結構大きく)ショックを受けました。
大事を取ってのことですが、傷を舐めて壊さないように服を着ています。
みんなと一緒に遊べません。
ケージでしばらく様子を見ます。人間のお母さんもかなりダメージが有ったようです。術後の経過を見るのと、抜糸で今月中にもう一度病院へ行きます。
良い知らせも…はじめて診てもらったときはかなりの衰弱でしたが、今日の血液検査ではほとんど改善されていました。
体格は見た目より、しっかりしていますと言われて、ほっと胸を撫で下ろした次第です。
この写真の掲載はちょっと考えました。クリスティがみんなに見てほしい写真かどうかを…
でも、見てもらうことにしました。
いつも見てくれる皆さんの参考になればうれしいし、本人(クリスティ)は受け入れて頑張っていますので。


フェイスブックもツイッターも殺処分のSOSで溢れています。
どうか皆さん、地元の保健所に自信を持って即刻中止を訴えてください。違法です、犯罪です、組織ぐるみの卑劣な行為です。法律は殺しなさいとは書いていません、総理も、担当大臣も承知。
保健所を含む私たちの本当の役目は「殺さない方法」を探し、実行することです。多くの人々が人生を、生活をかけて、命を救っています。保健所で殺し続ける貴方、貴方も同じ人間です。殺さなくとも良い社会を創ることを一緒に始めませんか?人口を一億とすると、赤ちゃんも入れて、一人が100円出し合えば、この課題、かなり解決するはずです。どうですか?声を上げてもらえませんか?「もう、殺したくない!!!と…」お願いします。


アクセス、ありがとうございます。

クリスティのために用意したケージ。こういうときにしっかりと入るのは????そうです、kilalaです。ソコントコヨロシク!!!!

番外編

公的機関に寄る犬猫の殺処分は法的根拠が全く有りません。
現場のごまかし、
明らかな犯罪です。
動物の命に関心の有る方、
堂々と保健所に乗り込んで!
「即刻中止」を実行させてください。
もし、
公的機関の反論が有ったら私にメールを下さい。
cafemonju@gmail.com
公費で犯罪を犯し続ける日本の地方自治体。
何時まで、ほっとくつもりですか?
環境省のガイドラインを無視するというのは、
良く言って、「良い度胸」
冷静に言うなら「国会の意思を馬鹿にしている」
寅さん風に言うなら、「お天道様はいつまでも黙っちゃいませんよ」
…殺処分を止めたら、
何が起きて、どういう問題が顕著になるのか?
それを「公に資する」形で実行するのが
官民問わず、社会全体の課題。
社会全体が応分の負担をすべき問題。
社会全体とは?
今「猫や犬を殺し続けている」アナタ、
そして、
 それを許容している「愛情無きシステム」、
それを支える私たち一般人の無関心。

現場が
 今後も、殺し続ける気ならば、
声無き、宣戦布告と受け取る以外に有りません。
社会に存在する全ての課題は無理でも、
「殺処分をしない」ことは
平安な気持ちで暮らせる「やれば出来る!一つの課題」であることを
強くお知らせしたい。
「皆さんの税金で犬や猫を殺しています、無関係な人は一人もいません」

犬や猫を殺す方法には
「なにもしない」という、方法も有ります。

2016年8月15日月曜日

「二部屋、仕切りを解放!!!その2」と「クリスティ、病院へ」

写真は昨日と前後しますが、
仕切りを解放した瞬間です。

オッカナビックリ、でもありませんで、何となく、
ユル〜く、顔合わせは進みました。



テーブルから落ちた鉛筆で遊ぶ、modo。

その様子を見ていたj君、
僕もやってみよ〜っと

いきなり、落ちました、いや、降りました。

遊ぶ、j。

クリスティ、は不妊手術のため、病院へ向かいいます、

病院のクリスティ。

あまりにも体全体が細く、
食べる量も少ない。
手術に大きなリスクが生じます。
万が一の場合の承諾書を書く。
夕方、病院へ確認。
手術は成功!
明日一番で迎えにいきます。
術後の経過に不安は有るものの、ドクターからは「見た目よりしっかりした体格」と教えていただき、
少し、安堵しましたが、不安は残ります。
潜在的な病気が無かったのは本当にうれしかったです。
明日、また、お知らせします。今日も見ていただき、ありがとうございます。

2016年8月14日日曜日

「二部屋、仕切りを解放!!!」と「不要の本、眠っていませんか?」

二つの部屋を仕切っていたドアを開けてみました。
今まで、網越しに見ているだけの空間、
彼らにとってはボーケン。
でも…
相変わらず、くっ付いていました。

uran(ウラン)はくたびれ果てていて、mimo(ミーモ)はあまりにも小さく、いつまでも大きくなる気配はありませんでした。我が家に来てからもそれほど体格は変わりません。uran(ウラン)(右)は肝臓の数値が高く、再々検査が待っています。こうして仲良くしている姿は、ある意味、切ないものです。お互いが相手を守っている、そうしなければならない、そういう風に見えます。「仲良し」とはちょっと違う、「キズナ」を感じます。


fu(ふうー)ちゃんは家中、どこでも行ける性格。
この部屋も初めてでは有りませんが、ドアが開放されている状態に、慣れていないようです。シキリ(壁)の威力は良い意味でも、悪い意味でも、強い。

網を破って外に出ないように補強した窓は、人気のスポット。日中、一定の時間になるとイイ風が入ります。扇風機の風は出来るだけ直接当たらないようにして、風の道を確保します。
しかし、その風をしっかり止めているのは我が家のデッカいクラスのkとj。

もう少し涼しくなってほしいのですが、この生き物にとっては束の間の大事な季節。



犬や猫を助ける方法の一つ。
こういう方法も有るんですね。
読書好きの貴方!
積ん読だけの本、有りませんか!!
ハピぼん??