2016年8月14日日曜日

「二部屋、仕切りを解放!!!」と「不要の本、眠っていませんか?」

二つの部屋を仕切っていたドアを開けてみました。
今まで、網越しに見ているだけの空間、
彼らにとってはボーケン。
でも…
相変わらず、くっ付いていました。

uran(ウラン)はくたびれ果てていて、mimo(ミーモ)はあまりにも小さく、いつまでも大きくなる気配はありませんでした。我が家に来てからもそれほど体格は変わりません。uran(ウラン)(右)は肝臓の数値が高く、再々検査が待っています。こうして仲良くしている姿は、ある意味、切ないものです。お互いが相手を守っている、そうしなければならない、そういう風に見えます。「仲良し」とはちょっと違う、「キズナ」を感じます。


fu(ふうー)ちゃんは家中、どこでも行ける性格。
この部屋も初めてでは有りませんが、ドアが開放されている状態に、慣れていないようです。シキリ(壁)の威力は良い意味でも、悪い意味でも、強い。

網を破って外に出ないように補強した窓は、人気のスポット。日中、一定の時間になるとイイ風が入ります。扇風機の風は出来るだけ直接当たらないようにして、風の道を確保します。
しかし、その風をしっかり止めているのは我が家のデッカいクラスのkとj。

もう少し涼しくなってほしいのですが、この生き物にとっては束の間の大事な季節。



犬や猫を助ける方法の一つ。
こういう方法も有るんですね。
読書好きの貴方!
積ん読だけの本、有りませんか!!
ハピぼん??

0 件のコメント: