2018年2月26日月曜日

あられの涙

今の部屋にある何かに反応している可能性があるかもしれません。
あられの涙の跡。

いろんな原因があるようです。
ちょっと様子を見ます。
あられの全体。
写っていませんが、背中に二つ模様を背負っています。

これでも外にいた頃からみると、だいぶ綺麗になっています。
毛の状態は時間がかかりそうです。
涙のことがはっきりしないので、毛を拭くような化学製品も控えます。


家の前の道路は一応、市道なので、大きな除雪車が入って持って行ってくれました。
でも、こういうところは人力しかありません。
ご近所のボランティアさんは相当頑張ってくれていて、頭が下がりますが、やはり、限界があります。
街づくり、経済システム、両面から考えなければなりません。

外で頑張ってくれています。
ジュニア。
撮影は玄関の中にいるところです。(ウ〜ン、誰かに似ているなあ)


小樽では犬と猫を個別に対応しています。
ご存知でしたか?
さて、その理由は..。

0 件のコメント: