2016年12月12日月曜日

越冬隊…

我が家は越冬体勢に入りました。




ここは今、yuuki(ゆうき)とporo(ポロ)、そしてjr(ジュニア)が利用していますが、皆、男子。難しい状況が続いています。jr(ジュニア)が最後には遠慮するのですが、なんとか仲良く冬だけでも過ごしてほしいと思います。去勢手術を強いたのは私です。生き延びてくれなければ何の意味も有りません。次世代を作らないという、私たち人間の都合を押し付けて、「思いやり」も有ったもんじゃ有りません。これからも続く苦しみは当然の責務で、逃れる事は出来ません。「殺さない方法」は必ず有ります、社会問題として、多くの人々に認識してもらいたい。無責任な餌やり人間が無くなる事が不可能だとしても、「生まれた命」を「殺さない方法」は必ず、在ります。

テレビにはボブディラン。だから、集まった…そんな事無い…とも言えない。

modo(モド)は毎日、私に接近して、言葉を理解するようになって来た。(ジョーダンですヨ??) 夜は一人で寝ますが、カミナリや強い風の時は私の寝床に来ます。数分で移動しますが、見事に顔を踏んづけていきます。こちらが急に動くと余計にカミナリ等を怖がりますので、顔を踏まれてもなるべく、じっとしています。(トーサンもつらい…)

pilika(ぴりか)はここで越冬。

i君はここで…

意外ですが、iがここで寝るのは本当に珍しい事です。彼が居なければ猫と一緒に暮らしていたかどうか判りません。全ては彼から始まりました。今は仲間が増えて、対応に苦慮しています。当初は一切干渉しない育て方をしましたので、私たちにも責任はあります。…この寝顔にどれだけ助けられるか、iは、きっと、判っていない。


今日もアクセス、ありがとうございます。

0 件のコメント: