2016年12月15日木曜日

ビオフェルミン小児用顆粒

アガサ(agasa)、食事中。来週オシッコだけ検査します。嘔吐が良い方向に向かいませんので。ところで、我が家の猫を支援してくださる、方から、ビオフェルミンの効果を教えていただきました。アガサ(agasa)のドクターにも確認して、少量を試しています。さて、嘔吐が少しでも減ってくれる事を期待します。

食べられるのなら、総合食であれば何でも良いみたいですが、現状に沿ったものを購入、試食を開始しています。

j君がmodo(モド)を枕にしているのでは無く、jが寝ているところにmodo(モド)が入り込んだ結果です。

pilika(ぴりか)のケアは午前中。数分の時も一時間ぐらいの時も…。隣の部屋から見ているfu(ふうー)。pilika(ぴりか)の独特なアクションは誰もなじめません。特に、意地悪をされる事はありませんが、一緒に寝てくれる猫は今のところいません。体当たりして、ゴロンとするのが一つのパターン。見ていると無邪気な赤ん坊。写っているのfu(ふうー)ですが、カメラのほうにいるのはpilika(ぴりか)。写ってませんが…。


今日もアクセス、ありがとうございます。

0 件のコメント: