2017年12月21日木曜日

ゆうき君の検査結果。

ゆうき君の検査結果。
問題視されていた「総ビリルビン」は正常範囲の良いほうに治っていました。
しかし、
総蛋白が高く、グレーゾーンからの脱出は見送られました。
濃度を下げた薬を二週間、続けます。
自己免疫力で正常値に戻る可能性も「ゼロ」ではないそうです。
食事、水、トイレ、元気、見た目では普通ですが、
「オシッコの色に注意してください」との指示。
医学的にも不明な部分の多い「FIPの疑い」
慎重に、でも、あまり神経質にならずに見守ります。
ご心配、応援、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。
病院へ出発!

こういう時の写真、不要とも考えますが、キャリーの中の様子は出発前には必ず点検しますので、ゆっちゃん(ゆうき)にはすまないけど、写させてもらいました。
ドキドキ(私)で検査結果を待つゆうき。

帰ってきて、お気に入りの出窓から外を眺める。
仲間はやはり病院の臭いが判るのか、そばに行きません。ゆうきはお母さんを探して、この後ウロウロしていました。


グループ分けで変化がありました。
jujuがトレーニング中。(ゴメンナサイ)

クリスティ(手前)jujuと、それなりに?同居できそう。

でも、クリスティ、一人で眠れるようになったかな?お母さんの声が聞こえると動き出しますよ〜〜〜。

この部屋の、というか、二階の最強cat、エル。

「エル」と読んだら、
振り向いてくれました。

(若い人はわからないと思いますが、私の大好きな喜劇俳優の三木のり平さんに似ていると思います。)
このブログでなんども書きましたが、
私に抱っこさせてくれた最初の猫がこの最強ヘビー級、
エルです。


外猫、全員確認できました。玄関でうまく仲間と付き合えず、気になっているボッサは朝と夜、ちゃんとご飯を食べに来てくれました。ありがとう!
ご飯を食べたら自分から玄関を出て行くようになったボッサ。苦しい日が続きます。
春よ来い!特別、早く、春よ来い!!!

0 件のコメント: