2016年4月29日金曜日

ウランちゃん、確認!ピリカ近況。

ウランちゃん、確認!


春雨、寒風の中、ウランちゃんがご飯を食べにきてくれまして。
ジュニアも確認、まずは安心。


雪が溶けたら、足の怪我が心配な「あられ」を保護して治療。次はお腹の大きいようなさびの猫、でも、そう簡単ではありませんでした。
毎年の事ですが、早朝から夕方まで病院に間に合う時間、待機する日が続きます。でも、今年はいつもより、大変でした。
かなり体調の心配な「バル」をまず、保護。短い時間しか一緒にいられませんでした。あられはかなり、神経質でトラップは一時断念しています。毎日ご飯を食べにきてくれれば生存の確認だけはできます。
お腹の大きいさびの確保はできていません。もう、かわいそうな子を産んだ可能性があります。
ほかにも、数匹、見かけます。
非力を感じ、精神的に孤立しかねない状況ですが、もっと、大変な思いで命を助け続ける方々を思うと、弱音を吐いてはいられません。
可能な事にチャレンジし続ける以外に前進は有りません。
なんとか…

さて、家の中のピリカ。
油断はできませんが、はじめから見ている私たちにとっては、リラックスしている様子を見る事が多くなりました。
一日の中で相当の時間をかけます。
定期的に接して、とにかく、触って話しかける、これがイイのかも?
判りません、そう思っているだけです。ノビをするピリカから見てください。
朝一番はこの中に引きこもっていたのですが出てきてくれました。


今日のこの場所はj君。棚の強度が心配だ…。

2016年4月28日木曜日

つくしといっしょ…と自転車と小樽の海と大切なお客様…

momoとゆうきが遊んでいますが、
判りますか?

今日はお陽様が早くから出て、応援してくれました。
つくしも一緒です。

今日は
あられ、ジュニア、どちらも確認できました。
庭でご飯も食べてくれました。
ありがたい事です。

この自転車、パンクを直しました。
今年も一緒にあっちこっち…。

ほとんど毎日、灯台を写します。
これは今日の一枚。

こちらは高島の入り江。


今日、飼育放棄された猫の里親さんが訪ねてくれました。
ご近所さんです。
16才のワンちゃんと一緒です。
ワンちゃんは重い病気の療養中ですが今日は様子が良いので外出です。
この方が里親さんになってくれたときは本当に勉強しました。
こちらの状況を全て理解して、不安を和らげ、
「命を救う」重い決心を教えていただきました。
どれだけ、助かったか…
今でもあのときの事は忘れません。
これからも…

2016年4月27日水曜日

チョット、イイかな?その他

ピリカ、
チョット、傷がいい状態です。
自分であまり毛繕いしないので、
毛玉の時期、じっくり時間をかけます。

同じモフモフのこちらは?

キララです。
最近、一階の居間?に登場する機会が増えましたが、
天然はそのまんま。
私のパソコンの上で…。

「眠いから静かにしろ〜〜!」ってな感じ…

エル君のビッグナックル

大きさ?ブラシと比べてください。

jujuがイイ感じのカメラ目線。
ピリカと仲良くしてくれています。

さて、今日の宿題?
この凶器を作っているのは園芸用品のメーカー、

これくらいの威力が有ります。
メロンの皮の硬い部分、軽く投げつけた状態です。

皆さんはどう、思われますか?
人間と一緒に暮らしていない猫が、なぜ?存在するのか?
少なくとも、このメーカーさんは考えていないはず。
園芸を荒らされるのはいい気持ちはしないでしょう。
しかし、動物(生き物)の命に無関心な人々が花を愛で、作物の収穫を楽しむ事を私は理解できません。
この凶器、猫が冷静に近づけば、まず、大きな怪我はしないと思います。
人に乱暴に追われたときや、猫同士の喧嘩で本能的なスピードで接触すれば、かなりの確率で傷を負います。
外猫が傷を負う事は「死」を意味します。
この国、日本は「外で死んだ猫」を「ゴミ」として扱う決まりです。
そのゴミを作ったのは?

2016年4月25日月曜日

kちゃんの「ガーッ」?

kちゃんの「ガーッ」とは
特別食の名前です。
今のかくはん機は割と静かな音(それでも結構な音量…)ですが、
以前のは
金属の粉は出るは、
音は掃除機並み(世間には静かな物も有ると思いますが)
その音が「ガーッ」!
この音と、特別食がkちゃんの頭の中で連結されて、
音がすると戸の前で待つようになりました。
「ガーッ」の説明は以上です。
長い説明につきあっていただいた方々、
ありがとうございました。
さて、その「ガーッ」を作るときの様子ですが
まず、糖コントロールのパウチを二つ用意します。

パウチの中身はこんな感じ。
専用(?)の食器も二つ。
一つは戸の向こうで待っているkちゃんにすぐ、食べてもらうため、もう一つは保存用。
このゴッツイかくはん機でトロトロを目指します。

慣れるまでチョット苦労しましたが、
こんな風になるまで、かくはんします。

以前にもお知らせしましたが、
この特別食は歯茎の出血がきっかけでした。
糖コントロールのカリカリごはんも食べてくれますが、
量が減ってきていましたので、
今は大切な補助食になっています。
糖尿の数値を改善してしばらくたちますが、
食の量が減る事は、全体の弱体化につながり、食べれなくなります。
その分、水が多くなり、弱体化が進みます。
太るのも痩せるのも「要注意」
特別食は水分が多く、これを食べた後に水を飲む量が減り、糖をコントロールし、栄養も補給されます。
これからもお世話になると思います。
「ガーッ!!!」。

迷子猫のポスター、貼っていただく方が増えました。郵便局に所用で来て、ポスターを見て、申し出ていただきました。ありがとうございます。なんとか見つかりますように!!

急ぎです!

迷子の猫を探しています。よろしくお願いします。
小樽市末広町8丁目付近です。
去勢手術済みです。
温厚な性格ですが、臆病です。


kちゃんの特別食は今日、書きます?
予告はずれですみません。

2016年4月24日日曜日

お陽様が配慮をしてくれました…

踊りながら、寝る?j(ジェイ)君
男子の大事なところはお陽様が配慮をしてくれました、とさ…。


普段なら私が近づくと距離を置く「しずく」
我慢しながら必死に守っているのは?
「ピリカ」です。
今日はなぜか?毛布に引きこもり。
私の声を聞くと
「ミョー」と返事?をしました。
意外に元気というか、ピリカにしてはフツウでした。
あれ、我慢疲れ?
眠くなってきたかな。

しずくがここを離れないという事を
愛しく思います…


めいちゃんも心配?

ジュニアは今日もご飯を食べてくれました。
小さな安心です、ありがとう。
(先日、ジュニアは手術後しばらく過ごした玄関に入ろうとしました。
momoとゆうきはビックリ!
ジュニアはしばらく庭を歩いてから。離れていきました。)
切ない事です。でも、こうして、毎日きてくれます。
「ごめんなさい」と「ありがとう」をどれだけ伝えても足りません。
無関心の壁の向こうからは、見えないジュニア。
明日も、必ずきてほしい。

オスソ分け。

明日はkちゃんの特別食の紹介、我が家にきてからの状態を考えると、痩せる事は要チェック!。特別食の名前は「ガーッ」乞うご期待。