2018年7月20日金曜日

「ちほちゃん、再検査」「poloには苦労をかける」

ちほちゃん。
症状は抜け毛が多く、引っ掻いて傷を作る。
その箇所の皮膚の一部を削っての検査結果は

疑われるのは「カビ」
これも「念のため疑う段階」ではっきりとはしません。
一つ一つ、可能性を消していく以外に方法は無いようです。
まずは薬を朝晩。
出発前、人間のお父さんも一緒に緊張します。

この緊張に対しては数え切れない経験もなんの役にも立ちません。
高速に入ってしまえば、異常に気づいてもやたらに止められません。
鳴いても心配、鳴かなくても心配。
検査結果を待っています。
この間も経験だけでは乗り切れない長く感じる時です。

下の写真はケージを解放して検査に行く予定が無かった時のものです。

こうして、ドアを開けておいても、それほど出たがりません。
それはそれで心配ですが、この後、なんとか部屋の探検を始めました。
ケージの中にいる時には気づかない部分が見えたので、
「これは検査しか無い!」
暑さにちょっと参っていた午後のことでした...。


modoはどこだ??
ここですね。

逆光で判りづらい。
もう少しカメラを引きましょう。

今度は見えるかな?
そこへ現れたのがpolo。

同部屋の「あられ」「ゆうき」とご飯が違うので、こうして別の部屋にきてもらいます。その間に残った猫が自分のご飯を食べるという日課。
仲良くなりたくて、接近するようですが、威嚇に受け取られて、喧嘩の一歩手前までいきますので、目が離せません。もうちょっと時間が必要かな。
この部屋には2ニャンのキャリアがいます、怪我は両者にとってどうしても避けたい。
poloにはもう少しの間、苦労をかけます。
本人(polo)はマイペースで、私が抱っこしていればそれでイイようなので、ちょっと気は楽ですが。

2018年7月19日木曜日

「NPO」

内閣府のサイトより抜粋。

NPOとは
「Non-Profit Organization」又は「Not-for-Profit Organization」 の略称で、
様々な社会貢献活動を行い、 団体の構成員に対し、 収益を分配することを目的としない団体の総称です。
抜粋はここまで。


さて、
「適切な手術をしないでご飯を与えていたので、猫が20匹に増えてしまって困っている、なんとかしてもらいたい」
仮に、こういう要望が行政、民間団体、個人にあったとします。
行政は「殺処分」もありますがなんとか天寿を全うさせるよう努力しているところもあります。
動物保護を一義に考えている人、団体は、
猫を保護し、適切な手術、治療などを施し、
新しい飼い主さんを見つけて、天寿の全うに力を尽くします。
また、 TNRという手法で居た場所に返し、地域で見守るという場合もあります。
どの活動も、
上記にある
どのような「社会貢献」になるのでしょうか?
事情はともかく「困っている人を助け」のだから、
立派な社会貢献になる。
このように考えると、
困っている人はある種のサービスを受けたわけですから、
対価を支払わなければこの社会は成り立ちません。
しかし、費用の負担ができないからといって、
猫をそのままにすると新たな悲劇が増大し、繰り返されます。
この、
「新たな悲劇の増大を防ぐ」ことも「繰り返されることを防ぐ」ことも
「社会貢献になるでしょうか?」
邪魔になった猫を川に捨てた話は珍しくありません。
この行為を無くすことも「社会貢献」になるでしょうか?

この辺のことを深くじっくりと考えて、
一定の結論を持たなければ「社会貢献事業」として「動物の保護」を維持継続させるのは非常に困難です。
「私は動物の状況に関心ないし、自分の暮らしに背一杯だ」という人に
「無関係ではないですよ、共有すべき社会の課題なんですよ」と説明できなければ、一般的にいう「寄付」は期待できません。
サービスを受けた人からの費用の負担と販売などの実業だけを頼りにしなければなりません。どちらも、確実性は低いです。
「できる範囲でできるときに自分のお金で行動する」という独特のボランティアスピリットを増やすこともそう簡単ではありません。

確かに無駄と思える税金の使い方は少なくありません。
しかし国全体が赤字で、2040年には896の地方自治体が消滅するというレポートもあります。行政だけでも、もちろん民間の善意だけでもあらゆる対策行動は行き詰まるでしょう。
行政、個人はもちろん、団体もお金があれば教育しても人は育てられるし、施設もある程度確保できます、そして、細々でも維持していけるでしょう。
しかし、猫に関して言えば、「課題の数」が圧倒的に「解決の力」を超えていますので、
尋常な考え方と手段で乗りきるのは難しいと考えています。
「何もしないよりはイイ」という感覚で15年ほどそれらしき行動をしてきましたが、 新たな考え方を確立する必要性を重く感じています。



今日はそんなことを考えながら、蝶や蜂をじっくりと眺めてしまった。

2018年7月18日水曜日

お母さんが帰ってきた!!

お母さんがいない間、
mちゃんはグッタリ(気候のせいもあると思うけど..。)

でも、
今日、帰ってきた!!
もう、しがみついて離しません!!



この花もきっとおかしな天気を辛抱して咲いたんだ。


さて、人間の父さんも、
少し動きを取り戻せるかな?

まずは異常なしで船は来る。

家の中の全員(猫)ほぼ、異常無し。

そして、
船は来る。



小樽の猫の課題、
札幌の団体さんと小樽保健所と小樽の市民、協働で実行しています。
ありがとうございます。

2018年7月17日火曜日

湿気がすごい!

湿気がすごい。
でも、
こんなに元気なヤツもいる。

昼間は寝苦しいように見えるけど、
夜は少し良いようです。
なんとか無事。猫たちは。




NPO法人「猫たちを守る十勝Wishの会」
サイト内の
支援に関するページ
https://catcafe-wish.jimdo.com/%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

2018年7月15日日曜日

ネットを利用していない人々に伝えてほしい。全部は無理でも...。

いずれも支援のお願い、その方法などです。


「犬のM基金」
http://m-kikin.com/supporter.html


NPO法人 猫と人を繋ぐツキネコ北海道
http://tsukineko.net/support/goods


NPO法人ニャン友ねっとわーく
http://nyantomo55.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html


ごく一部だと思います。


我が家も助けられることがあります。
札幌のhanaさん。
小樽のYさん。
親戚のAKさん。
そした、ご近所さん。

本当に助かります。
物質的にはもちろんですが、何より、「心が助けられます」
きっと、団体さんも同じではないでしょうか。


この目つきのモジャモジャは?

kilalaです。
カメラを引くと、

でも、目つきの原因は?

手前右、エル君がいたんですね、最強の..。