2018年7月5日木曜日

「ちほちゃん、再検査、お引っ越し」「限界に挑戦」

ちほちゃん、動きが悪いのと毛が割れているので、再検査。
出発前。

当然ですが不安。
検査の結果待ち。
これもまた、不安。

心臓の音、血液検査、異常無し。
家に帰ってきましたが、昨日まで住んでいたケージ、カビが出てしまって、戻せません。我が家では初の状況、長いエゾツユの影響か。(写真は清掃消毒後)
上にいる黒いのは多分、hanaちゃん。

一番でかいケージに引っ越し。

どのくらいデカイか?というと、これくらい。
コレジャ、ワカラン。以前の約1・5倍。上下運動をして欲しいので、段差は豊富です。どうしても下にいる時間が長いので、すぐに敷物を取り替えるようにしました。(とりあえずペットシート)
今日、気づきましたが、意外に細長く大きいです。「ちほ」って名前は「小さくて細い」を略しているんですが、長くて細いから「なほ?」ということにはなりません。
ulanは気になって動きが多くなりました。



こちら、7月3日の続き、サークルベッド。
最重量級jとkちゃん。
これ、寒いからですよね、きっと。
でも、限界に挑戦することは良いことです。
見習わなくては!

当然、長くは持ちませんで、
こうなりました。
j君に似合ってますか???



お日様にキラめく運河、いつ、見れるんでしょう。


自分のために時々ここに書く。
「戦略とは、誰と戦うかということ、戦術とは、その相手といかに戦うかということ」
そして
「戦略無くして戦術無し」
「敗者無くして勝者無し」を 決して忘れてはならない。

同じ動きが同じ方向に向かっているように見えることがあるが、
それは多くの場合、「錯覚」 。
「そうあって欲しい」という
「素朴な希望から生じる期待のようなものだ」
しかし、
一斉に向かっている方向を矢印で示してもらうと、
微妙に違う。

そこの調整無くしては
「戦略」も「戦術」も成り立たない。
集団で何かに立ち向かう場合、
個々は少なからず「何か」を捨てなければならない時がある。
その「何か」の質によって、
戦いの勝敗は概ね決まってしまう。
戦う前に..決まってしまう。

2018年7月4日水曜日

みんなで育児?

みんなで育児。
育児される猫はクリスティ。
見事にわがままに育ちました。
人間のお母さんが自分の想い通りになりますので、強気です。
ここにいるんですが....

みんな避難体制になります。
j君も、

i君も、

あられちゃんから逃れて?ここにいるゆうき君。

そして、kちゃん、



今年はまだ、出番がありません。

こんな天気がまだ続きそう。
港も泣いているぜ。

ボケの実はご機嫌?

2018年7月3日火曜日

「夜の譲渡会」「ベッド」「チョット書いた」

夜の譲渡会
「NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道」さん。



このサークルベッド、大人気です。

modoがみている間に...。

こうなります。

サークル、小さいのが可愛いなあと思っていましたが、一定の大きさが必要なんですね。学習しました。


チョット書きます。
ごく少数の強欲な人間とかつての私を含む無関心な人間が、
死ぬために、
殺されるために、
生まれてくる命を
この瞬間も
増やし続けている。


官民の垣根を無くして、
可能性の全てを実行してほしい。

自戒を込めて。

お日様を待つ間もその美しさを懸命に維持しようとする。



最近、強く願うようになりました。
公的な立場、もしくはそれに順ずる立場で
動物を仕事として、また、なんらかの事情で、
なんら正当な理由無く、殺した人、それに関連した人、見て見ぬ振りをした人、
じっくりと
カウンセリングを受けてもらいたい。
残された人生の為に。

2018年7月2日月曜日

「poloのご飯」「人間の覚悟」

本来、poloが食べなきゃならないのはこのご飯(療法食)です。

でも、他に食欲をそそるご飯があるので、どうしても、そちらに気が向きます。
今のところ、療法食がベストの選択なので、困っていました。部屋がもう一つあって、独占できる状態なら、ゴマカシも有効に効くのですが。
そこで、
別の匂いのご飯(別な猫が食べている療法食)

これをパウダー状にしてふりかけを作ってみました。

さて?
polo考え中です。

どうやら、食べてくれました。

二度目、三度目に有効か?判りませんが、今の時期はどうしても他のご飯を食べさせるわけにはいきません。多少は他のご飯を混ぜながら、ダマシダマシでも。


今日は色々と勉強になった日でした。


動物の保護に関して、
それほど多くない経験ですが失望したことは少なくありません。
期待はずれが失望になり、
やがて大きな不信感となって心に残り、
どんな状況にでも、肩に力を入れ、
自分を守るために身構えてしまいます。

「人に優しい気持ちで接する」
これができれば、進み方が随分と違うようです。

自分は反省して、なんとかしなくちゃなあ..。


もう一つ、
人の「覚悟」を見極めるのは、
簡単では無いと、
今更ですが、強く、感じた日でもあります。

2018年7月1日日曜日

「カッコイイ活動」「円盤?」「kilala」

「NPO法人 猫たちを守る十勝Wishの会」さん。
こういう「つながり」もあるんですね...。
カッコイイ!
https://jammin.co.jp/charity_list/180625-catcafewish/


とにかく、おかしな天気。

でも、花は元気そう、ちっさいんですよ。

二階に円盤?

頂き物のテーブル、さて、最初に試すのは??

monです。
こ〜〜んな感じ。



猫の方が自分の好きな相手を選ぶのですが、このkilala、多分、私を気に入ってると思う。
形がくまさん状態なので、
たまのお客さんにも人気があります。
こういう姿勢だと、ウ〜〜〜ン、何か違う動物??

我が家で唯一、どこの部屋でもいけるkilala、マイペース度合いもNo.1 です。

飼い主が急死して残された4匹の猫のその後。



愛知県岡崎市のことです。
飼い主が急死して、身寄りがいない。
数日後、親戚の存命が認されましたが、その人は行政に「処分してくれ」と告げたそうです。
子供達に勉学を教える立場だった人です。
切なさを通り越して、情けなくなりました。

残された4匹の猫のその後。

「昔、お世話になりましたので恩返しです」
そう言って、難しい事情の中、奔走して頂いたのは地元の個人ボランティアさん。
そして、FB経由で教えてもらった団体さんです。
3匹は飼い主さんが見つかり、無事に再出発を始めました。
残りの1匹は
団体さんの代表が一時預かりさんとなって、アナログで飼い主さんを探しています。


本当に感謝に絶えません。


こんな風になると思います、第二の人生(猫生)は...。