2018年9月24日月曜日

「愛する何かのために」



庭から出た花。

宇宙から来たと思う未知の生物??1mぐらいまで伸びます。道路横断中。



これは昨日見たイイモノ。

探し物はありませんでしたが、ミツウマさんの工場?は遠くなる昭和と、この街、小樽を見せてくれました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。


仲間が増えたので(随分前ですが)「なごみ対策」として、二階でもラジオを流しています。
そのせいか?
こんなところに今までに無い、メンバーが寄り添っています。
ラジオって人の声がするからね...。誰か知らない人が居ると思っているのかな??



冬支度、順調?

夏はここで休憩できるはず...なんですが。
さてどうなりますか??


「未来は現在から産み落とされる。」
原文は少し語句の順番が違います。
未来は現在の行動でしか創る事ができない。
頑なに慣習と前例の踏襲だけを実施して、
経済的に生きてはいけると思いますが、その行動が作る未来は今と同じものという事です。
一つの事を深く広く時間をかけて話し合う事を、
官民どちらも諦めていませんか?
一生のうちの数時間、そういう時間があってもいいと思う。
例えば愛する「何か」のためならば。

0 件のコメント: