2018年9月19日水曜日

小樽保健所のイベント

小樽保健所のイベント



実質的な官民協働の色合いが薄いけど、着実な歩み。
国としての方針(法律)が自治体の裁量に任されているのは
「動物の命」だからでしょうか?
相も変わらず、「税金で殺し続ける日本国」
原因は多種多様です。
しかし、
何もしなければ、何も変わりません。
官民協働が必須です。
そして、「数百億」と言う規模の話ではありません。
やれば、できるんです。
やれば....。


冬支度、着々と?

木材の重さに足を取られる毎日、ガンバルゾ!!



mimo。(右)
少し太った、余計に面白い(失礼)

0 件のコメント: