2017年1月7日土曜日

jr(ジュニア)の体調

jr(ジュニア)が風邪気味。
なんとかチャンスを見て抗生剤をおやつと一緒に食べてもらう。
上手く食べてくれる確率はそれほど高くない。
寒さを逃れる為にここには、
jr(ジュニア)、poro(ポロ)、ゆうき、が住んでいます。
みんな、去勢手術を頑張ってくれた大切な仲間です。
薬入りのおやつは当然、いつものカリカリゴハンと違う香り。
タイミングが悪いと、poro(ポロ)とゆうきもjr(ジュニア)のそばに寄ってきますので、
その辺が難しいところです。今夜はなんとか成功しました。
3ニャンが寒さをしのいでいる玄関。


今は上手く住み分けしていますが、寒くなってすぐの時期は
それぞれに威嚇好意が多く有りました。
最近でもあります。
一定の距離を保つには少々狭い。
大きな反省点です。
寒冷地のTNR(不妊去勢手術をして地域に還し、地域全体で天寿を全うさせる)には
多くの課題が有ります。



今日、ご紹介するのは

一般社団法人民間災害時動物救済本部(CDCA)
ホームページを見ていただければ判りますが、同じような名前の団体がもう一つあります。
ゆっくり読んでいただいて、その違い等も理解してもらいたいと思います。
もう一つは
一般社団法人ペットフード協会
名称は変化していますが、1969年10月設立となっています。
どんな生き物も「食べ物で出来ています」、ゴハンは重要なものです。
発足当初は犬だけの協会だったことを考えれば、時代の流れを感じます。動物の食べるものについて、真剣に考えていただけるのは、本当にありがたい話です。この協会が保護施設を持って、実際の保護現場の状況を体験していただけると助かります。直接お願いはしていませんが、保護活動を進める上で、関連する、全体が発展する要件だと思います。


modo(モド)も真剣に考えています。

そうでもない時も…



今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年1月6日金曜日

ムズカシー話(ではありません)

下記はサイトより原文保持。
環境省のご案内
http://www.env.go.jp/annai/index.html
今日の環境問題は、国民の日常生活や通常の事業活動から生ずる過大な環境負荷が原因となっており、その解決には、大量生産・大量消費・大量廃棄型の現代社会の在り方そのものを持続可能なものへと変革していかなければなりません。
こうした変革を具体化するため、環境省は、
    •    (1)廃棄物対策、公害規制、自然環境保全、野生動植物保護などを自ら一元的に実施するとともに、
    •    (2)地球温暖化、オゾン層保護、リサイクル、化学物質、海洋汚染防止、森林・緑地・河川・湖沼の保全、環境影響評価、放射性物質の監視測定などの対策を他の府省と共同して行い、
    •    (3)環境基本計画などを通じ政府全体の環境政策を積極的にリードしています。

※上記はホームページ の冒頭で
環境省がどんな役割を担っているのかを説明しています。
ここを読む限り、人間の無責任が生んだ命が殺され続けている事を社会問題として、対処するような文言は見当たりません。しかし…。

昨年、天売島の猫の課題を官民、協力して一定の成果をあげました。
環境省の担当によれば(電話面談)この案件を総括した公文書は公開されていないそうですが、今後のアクションプランのトレンドに少なからず影響を与えたそうです。羽幌町に出先機関を設置してのチャレンジプランのようで、これからも、地域密着型の活動の役に立つと考えているようです。
これは、
環境省 自然環境局 野生生物課 希少種保全推進室
という部署が担当しています。
http://www.env.go.jp/guide/pamph_list/list_ja06.html#d12

さて、猫や犬の「殺処分を無くす」という活動…
動物愛護基本法は既に自治体が具体的に取り組んでいるというのが環境省の現在の把握。
啓蒙活動や実際の保護、将来の共生のあり方を示す等々…
これらは
環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/index.html
ここが担当しています。

ぜひ!、時間のあるときにでも、これらのサイトを見て、
自分なりの整理をして、今後の動物保護活動に活かしていただきたいと思います。


一つの法律(動物愛護基本法のような)で解決できない事情、意外に判りやすいです。
「ポリシー」「人」「もの」「お金」これで、少なくとも「殺処分」は無くなります。
相変わらず「餌やりおばさん、おじさん」が無くならないから「それは無理!」と考えるのも自然ですが、 「餌やりおばさん、おじさん」がゴハンをあげる犬や猫がいなくなる訳ですから、100%は無いでしょうが、実現は夢想論ではありません。

上記に挙げた環境省も独立行政法人(税金を納めない会社)です。
その目的の成果のみが評価対象であり、次の予算が回ってくるのです。
「ポリシー」「人」「もの」「お金」
これらの中で、「もの」「お金」以外はすでに、立派なものがそろっています。
では、
なぜ?
国家規模で目に見える成果が出せないのでしょうか?
その答えは、
上記のホームページを読んでもらうと判ります。
財政を考えただけでも、
役場だけに何かを期待するのはもう現実的では有りません。
皆で一つになって、システムを考え、実行するには、
現在の行政の仕組みを非難するのではなく、
よく理解して、わからないところは教えていただいて、
活用する事を考えなければなりません。

希少動物はなぜ?守らなければならないのか?
人間の無責任、無関心が生んだ命が、なぜ?殺されなければならないのか?
どちらも、
同じ社会問題です。
担当省局には
どちらに対する答えも、明快に示していただかなければなりません。
相互の課題は深く、強く、つながっています。

あんまりマジメな話をしたので、
kちゃんが不機嫌になってしまいました。



今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年1月5日木曜日

勉強になります。

今日は道外の保護団体さん二つお知らせします。
具体的な方法論はもちろん、
なんといっても、
「なぜ?この方法なのか?」が勉強になります。
恐らくは最初は一人でスタート。
その事を考えれば、苦労が伝わってきます。
それにしても、アイディアを実現する情熱。
日本中の団体さん、スゴイ!
東京キャットガーディアン
http://www.tokyocatguardian.org

ネコリパブリック
http://www.neco-republic.jp

このブログの上部にある、我が家の猫達の写真、取り替えようと思っていますが、昨日から意外に進みません。
「fuとmon」「i」「j」「k」「mame」の順です。






小樽の冬…


今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年1月4日水曜日

昨年は多方面に渡り、お世話になりました。「認定NPO法人 HOKKAIDO しっぽの会」「NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」「NPO法人ニャン友ねっとわーく」

昨年は多方面に渡り、お世話になりました。
ありがとうございました、今後ともよろしくお願いいたします。
あらためて、そのポリシーを勉強し、
多くの方に知ってもらいたいと思います。

(文章はサイトからの抜粋。原文保持です。)
...................................................................
...................................................................
「認定NPO法人 HOKKAIDO しっぽの会」
しっぽの会は、札幌市や北海道内の保健所や市役所などの自治体から、
行政処分される犬猫を引取り、新しい飼い主さんを探し譲渡を行なう活動をしています。犬猫が保健所などに保護された場合、自治体により収容期限に違いはありますが、
収容期間中に飼い主が迎えに来ない犬猫は、
あらたな引き取り手がいなければ殺処分の運命をたどります。保健所に収容され迎えのない犬猫は多く、また飼い主持ち込みによる飼育放棄も後を絶たず、
多くの犬猫の「命」が人間の身勝手な行動の犠牲となり殺されています。平成27年度、日本では92,656頭(犬16,287頭、猫76,369頭 ※負傷含む※保管中死亡含む)の犬猫が行政殺処分され、平日1日に換算すると378頭もの命が奪われました。(環境省)一匹でも多くの犬猫が、 新しい飼い主さんと出会えるように・・・。
終生幸せになれるように・・・・。しっぽの会は、これからも、「人と動物が共生できる幸せな社会」の実現に向け、不幸な”小さな命”を増やさないよう、保護活動、啓発活動などに尽力してまいります。
...................................................................
...................................................................
「NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」
不幸な猫を
1匹でも減らしたい、増やさない。
NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道は、
北海道札幌市を拠点として猫の保護活動をしている団体です。

『猫と人を繋ぐ』ことを目的として
飼い主のいない猫達に家族を見つけるお手伝いを中心にしています。

その他 野良猫の問題(えさやり)や保護相談、
飼い猫の脱走相談などをお受けしています。

TNR活動の推進及び飼い主のモラルの啓蒙活動にも力をいれています。

札幌市をはじめ北海道内での行き先のない猫、
飼い主のいない猫を助ける為に活動しています。

目指すは動物管理センターに持ち込まれる猫をできるだけ減らし、
殺処分ゼロを目指しています。
...................................................................
...................................................................
「NPO法人ニャン友ねっとわーく」
ニャン友ねっとわーく について
~北海道の動物管理センターや保健所での処分ゼロを願って~

保護主の繋がリでお互いを助け合えないか・・
個人活動は小さくても保護主同士が協力しながらできる事はないか・・

そんな思いから始まって、地方保健所からレスキューされた 猫を譲渡につなげる場を、と札幌の地でニャン友譲渡会がスタートしました。

行政による処分を減らしていくために沢山のボランティアが必要な中、 今できる事を出来る形で、と、沢山の方々が命を繋げる活動をしています。

1匹でも多くの子達が、ふたたび幸せの赤い糸で結ばれるように・・
その思いを形に!アナタも、できることから始めませんか?
ニャン友ねっとわーく
11月1日より、新たに「ねっとわーく」として各地域で活動が始まります。
ニャン友ねっとわーくは、
各地で抱えている問題・着手している案件が異なるため
全く同じ考え方で保護活動をすることが難しくなってきました。
各支部地域密着型を基本に「ねっとわーく」として繋がっていきます。
少しでも多くの子達を新しい里親さんへ繋げられるよう新しく変わりました。
里親を探している猫達やお問い合わせは各支部HPよりお願いいたします。

ニャン友ねっとわーく(一覧)
・ニャン友札幌
・ニャン友ねっとわーく室蘭
・猫のしっぽ(ニャン友苫小牧)
・ねこといっしょに。~キャットボランティア~(岩見沢)
・W.A.R.P(静内)
...................................................................
...................................................................

このブログの上のほうの写真、一緒に暮らす猫たち。
写真を新しくします。
そのつもりで、カメラを持って近づくと、
思うように写せません。
少し時間がかかりそうです。
coco,mei,momo,nonの順番です。







今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年1月3日火曜日

手をつなごう!

猫達は(人間も?)
手で何かを伝えています。
pilika(ぴりか)の手
毛が多くて(これって、普通かなあ?)時々滑って落ちます。

この時の姿勢は、

顔は

すぐに緊張顔に

uran(ウラン)
手は何を言っているのかな

mimo(ミーモ)の手は…

ビッグハンドはエル君。

意外かも知れませんが、私が一番接触しやすいのは、このビッグハンド、エル君です。抱っこも出来ます、重いですよ〜〜。


北海道だけで2016.11月末現在のNPO法人数は1,178
申請中も同じくらい有るそうです。
自治体(国家規模行政の部分機関)も税金が原資ですが法的には法人格を持っています。唯一、税金を納めなくても良い「法人」です。寄付という類いのものを受け入れる入れ物はシステム上、持っていませんが、基金を設立する事が出来ます。税以外の収入を得る可能性が在る、という意味では、NPO法人に似た機能をも持っていることになりますので、NPO法人の仲間とも言えます。目的が同じ場合、官民問わず、一つになって動物保護が進む事を期待します。善意の心は「どんな人にもある」と言っても過言ではないかも知れませんが、善意の実行(物質、金銭)には限度が有り、さらに、国全体の少子高齢化と貧富の格差は「善意の優先順位」を否応無く変化させています。


今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年1月2日月曜日

イベント

こういうイベント、増える事を期待します。

直線の中のmon。ハイカラでしょ。

自分の部屋は二階ですが、勝手に出て来てしまう(スキを狙って)cocoちゃん。こんな格好ができるようになりました。cocoが一階に下りるととにかく忙しくなります。この姿勢も数秒…。

松の廊下の吉良?チョット古いのでお若い方には判らないかも知れません。今でも年末になるとこの仇討ちドラマが何らかの形で登場します。この写真はkilala(キララ)です。

こちらの部屋で出迎えるのはjuju。


pilika(ぴりか)です。今日は毛玉をカットできました。まだまだ、有るんですが、pilika(ぴりか)の気分に合わせて、辛抱強く待たなければ出来ません。フニュ〜〜とする表情もありますが、一瞬です。手間がかかって、一緒にいる時間が多いので、思うのかも知れませんが、「目」個性強い。

この目、イイなあ…。



今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年1月1日日曜日

本年もよろしくお願いいたします。

冬本番にしては暖かく、助かります…。

外猫の安否、家の中の猫の病気、老化現象…等々…ありますが、
それらを含めて、いつもと変わらぬ正月、ありがたい事です。


これは、mon。
階下の暖気を家全体に広める為にドアに開けた穴?
monのサイズが丁度いいようです。
少し強化しないと、近いうちに破壊されます。

元旦の小樽。

今日は少しですが、傷の周りの毛をカットできました。薬ゴハンもしっかり食べてくれました。pilika(ぴりか)、今年もイイ表情、お届けします。



今日もアクセス、ありがとうございます。

2016年

2016年…
1月13日朝方四時ごろ、
nasuが旅立ちました。
当日のブログは
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/01/nasu.html
あらためて、ご支援、励まし、に御礼申し上げます。

3月28日
jr(ジュニア)去勢手術
当日のブログは
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/03/jr.html
今、玄関内で寝てくれています。
非力です、ごめんなさい、そして、ありがとう。
ガンバルからね!

 4月6日
uran(ウラン)去勢手術
当日のブログ(前後も読んでいただくと助かります)
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/04/b.html(uran(ウラン))
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/06/mimo_14.html(uran(ウラン)2)

4月7日
バル、保護
4月13日朝方九時頃、旅立ちました。
バルの様子は
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/04/bal.html

6月6日
mimo(ミーモ)保護
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/06/mimo.html

6月14日
uran(ウラン)保護
家に入れる。
状況は
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/06/mimo_14.html

7月7日
七夕の日…
三ヶ月以上も行方が判らなかった蘭越の猫。
飼い主さんと再会しました。
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/07/blog-post_8.html

8月15日
クリスティ、不妊手術。 あまりにも弱そうな体格で、様子を見ていましたが、決断しました。重い不安が最近まで続きましたが、今は大丈夫だと思っています。
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/08/blog-post_62.html
9月12日
poro(ポロ)去勢手術。今、玄関で寝ています。寒いのであまり外に出ません。
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/09/polo.html
10月28日
momo。保護、家に入れる。外で頑張ってくれていましたが、寒くなって玄関に入ろうとしても、男子猫と上手く暮らせず、行方が判らなくなる事も増えて…それでも、食べるために庭に来る事も有るのですが、男子猫(彼らに罪は有りません)が気になって食べる事が出来ません。見る間に、弱っていくのが判りました。ある時期から、こうなるのは、判っていたので、心中、約束していた事です。家の中のケージで本当にぐったりとしていました。ゴメンネ、momo。
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/10/blog-post_29.html
黒猫?
結果的にはご近所さんの無責任な飼い方が原因。
犯罪や交通事故を無くす事と同じくらい、難しい。
https://mon-ju.blogspot.jp/2016/07/blog-post_29.html?m=0

本当に皆様にはお世話になりました。
数々のご支援、無駄にしません。
動物保護に関しての道のりは遠く、険しいものです。
無関心の人々を「関心ある人々」に変える事は、この世から、悪を無くすに等しい難事です。
しかし、光が見えない訳では有りません。
動物保護に関してはその対象が「無限」では無いからです。
心ある人々の心を一つにすれば、道はもっと幅広く、道ばたに灯る街路灯も増えると思います。

我が家全員の代表(?がありますが)として、
あらためて、厚く御礼申し上げます。
来る年も、よろしくお願いいたします。