2016年5月14日土曜日

まだ…無理かなあ…

ここにj君が居るという事は…。



やはり、

クリスティーは体格が未だ弱々しく、動きは俊敏ですがあまりにも虚弱に見えます。
ドクターと相談しながら手術は考慮中。
リスク「0」はあり得ませんが、
できるだけ避けたい。
せっかく多くの人のつながりでここまで来た命ですから。
クリスティは人間のお母さんとj君が居ないとしょっちゅう動き回っています。
元気そうに見えますが、何とも言えないのが事実。
まっ、大丈夫!
我が家最強?の西表猫i君が見守っています。




私たちの無責任が生んだ命を税金を使って殺すのはやはり、どう考えてもおかしい。
社会全体が応分の負担をして、適正な共生を目指すのが進むべき道。道は遠く、「実現するまで、それは、限りなく不可能に見えます」が「間違いなく前進している」のも事実。不妊去勢手術、適切な環境、そして、医療、何よりも「命を重く尊いものと慎重に考え、実行する事」、等々、適正飼育と言われていることは実際には相当難しい事です。人間には間違いや失敗も有ります。私たち夫婦が至らぬばかりに無惨に亡くなった猫は今でも思い出します。「多くの方が必死になっている様々な努力がどのような意味」を持つのか?それは「猫もその他の動物も不条理な扱いを受けない」社会の実現のための一歩だと信じています。
各論は多種多様ですが、目的に大きな違いは有りません。
外でがんばる猫達のために、今日は神戸市の取り組みをご紹介します。http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/animal/h0495-2.html
表面だけで軽々に納得するのは禁物ですが、方法論として勉強になります。危うい部分も最近出てきていますが、日本は法治国家のはず、「国民は皆、法の下に平等」の国です。「あちらは出来て」「こちらは出来ない」この動物の扱い方ほど判りやすい悪例はありません。「法律をテキトー」に「都合良く」自分の生活のために利用しているだけです。私を含む全ての人々に何度でも問いたい、「猫が犬が殺される事を知っていても幸せですか」と…。

2016年5月13日金曜日

オールスター出場!(半分くらい)小樽の写真

modo
特徴は一重まぶたでビックリ眼(まなこ)
三つの表情に特徴、出てるかな?。
人間のお母さんだけが頼りですが、
一緒に寝るための場所取りはいつもうまく行きません、
がんばれ!modo.



coco
顔の大きさの割に大きい丸い目、
間違いなく
coco

cocoに似ていますねえ〜
でも、hanaです。
私はこのキョトンアイが大好きで、
いつも笑わせてもらっています。
みんなと同じ、甘えん坊。
hana

このブログの読者の方にも、大型の猫と暮らしている方がいらっしゃると思います。
彼ら(彼女ら)は同じ年齢の猫から見れば少々大人びた感じがします。
なので、
よけいに、幼く感じる事が有ります。
我が家では珍しくだっこさせてくれるele(エル)。
だっこしたときには
犬のセントバーナードを思い出します。
特に、その飼い主さんの気持ちを…。

mame,m,j。
3ニャン。

今日の「シャシンデオタル」


2016年5月10日火曜日

オレにそっくり?

j君は
我が家の中なら、
かなりの範囲を行動できる権利?を持っています。
彼の性格、私たち同居人間にとって、
本当に助かるイイ性格です。
二階の部屋から出てきた、
cocoちゃんの面倒を見るj。

そのj君、 kちゃんの寝床に割り込み。
kちゃん、重そうだなあ…

応援、頂きました。
猫はもちろんですが、
人間にも。
ココロ、助かります。

なぜか、今年は、この桜、
ゲ・ン・キです。
この桜の下に猫と一緒に暮らしています。
皆さんのおかげで…。

この写真、
オレに似ている?。
i君です。

ご愛読ありがとうございます。
それじゃあまた明日。

「嬉しい便り」と我が家の近況

便りのないのが良い便り、
なんて事を言いますが、
こういう便りは嬉しいです。
目から水が溢れそう…。
私たち夫婦の経験だけから言うと、
外猫といきなり一緒に暮らすのは相当の覚悟が要ります。
ここにお知らせする小豆ちゃん(今はチョロちゃん)。
正にその外猫でした。
里親さんはご近所の方からの紹介で、
特に猫の外観にはこだわりがなかったのですが、
長年一緒に暮らしている先住猫のことを思い、
「黒猫」(種類名では有りませんが)をお考えでした。
我が家の玄関を避難場所にして、なんとか外でがんばっていた、
小豆ちゃんを見て、いっさいの事情を理解されたようでした。
ありがたい、本当にありがたい事で、
夫婦で泣きました。
そして、今日!
近況を伝えてくれました。
紹介します!
小豆あらため、チョロちゃんです。
ずいぶんとわがままを聞いてもらっているようです。
写真を見て、またまた涙です。




j君です。
お母さんの縫い物のお手伝いです。
j君のお手伝いが始まると
一切の縫い物がストップします。
理由は簡単、
この大きさで材料を覆ってしまうからです。チャンチャン…

「今日もお手伝い、忙しかったなあ…」
お母さんを追いかけて移動…

ピリカは他の猫と違って、
ご飯を食べるときに姿勢を変えない事が有ります。
食べにくいように見えますが、食器をかえても同じです。
こんな感じで

こうなります。

今日の「シャシンデオタル」は石垣に咲く可憐な花。

埼玉県の地域猫活動。私たち夫婦も参考にしています。ぜひ!ご覧ください。 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0706/doubutu/tiikinekoguide.html
ご愛読、ありがとうございます。 それではまた明日!

2016年5月8日日曜日

plikaの朝とkilala

朝のブラッシング(ごはん)が、
ゆっくりと過ぎて、pilika(左)はゴロンとなりました。
そこへ…まだ、足下が幼いちびっ子ギャングが登場。

pilikaはこちらへ移動。

その後、plikaは1Fへ。
地面が近いので、興味津々。
最近、行動範囲を広げています。
外から写すと…。
(目がきつい)

話は変わります。
カーテンの中にいるのはkilala
狙っているのはi君。

鋭い勘?でここへ逃げました。
(右上に足だけ写っています。)

必死(?)で逃げたのに、のんびりしています。
これがkilala…。です。


..................................
動物のことを考える上で参考になると思いますので、紹介します。いろいろと(?)が有ると思いますがいかがですか。
小樽保健所ニュースです。
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/anzen/doubutu/itaku.html