2016年5月10日火曜日

「嬉しい便り」と我が家の近況

便りのないのが良い便り、
なんて事を言いますが、
こういう便りは嬉しいです。
目から水が溢れそう…。
私たち夫婦の経験だけから言うと、
外猫といきなり一緒に暮らすのは相当の覚悟が要ります。
ここにお知らせする小豆ちゃん(今はチョロちゃん)。
正にその外猫でした。
里親さんはご近所の方からの紹介で、
特に猫の外観にはこだわりがなかったのですが、
長年一緒に暮らしている先住猫のことを思い、
「黒猫」(種類名では有りませんが)をお考えでした。
我が家の玄関を避難場所にして、なんとか外でがんばっていた、
小豆ちゃんを見て、いっさいの事情を理解されたようでした。
ありがたい、本当にありがたい事で、
夫婦で泣きました。
そして、今日!
近況を伝えてくれました。
紹介します!
小豆あらため、チョロちゃんです。
ずいぶんとわがままを聞いてもらっているようです。
写真を見て、またまた涙です。




j君です。
お母さんの縫い物のお手伝いです。
j君のお手伝いが始まると
一切の縫い物がストップします。
理由は簡単、
この大きさで材料を覆ってしまうからです。チャンチャン…

「今日もお手伝い、忙しかったなあ…」
お母さんを追いかけて移動…

ピリカは他の猫と違って、
ご飯を食べるときに姿勢を変えない事が有ります。
食べにくいように見えますが、食器をかえても同じです。
こんな感じで

こうなります。

今日の「シャシンデオタル」は石垣に咲く可憐な花。

埼玉県の地域猫活動。私たち夫婦も参考にしています。ぜひ!ご覧ください。 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0706/doubutu/tiikinekoguide.html
ご愛読、ありがとうございます。 それではまた明日!

0 件のコメント: