2016年1月19日火曜日

kちゃんの眼…その他

kちゃんの右目はほとんど見えていないのでは?
これはドクターの診断です。
写真のように赤いのが目立つときと、そうでもない事があります。

でも、それなりに元気です。
なんと言っても我が家で一番人間の言葉を理解?しています。
エヘン!
kちゃんはエライのです。

(心配と不安は尽きませんが…)
こちらは傷がほんの少し小さくなったpilika
毎日のブラッシングと、薬、居間で一緒に過ごせると良いのですが、そう簡単にいかない事情もあります。
体全体をチェックします、毛玉を早い段階で発見する為です。難しいですね…

雪が勢いを増しています。
庭のレスキューハウスはこんな案配です。
無責任が生んだ小さな命の影を見かけます。
(コンチキショー、ナニヤッテンダヨ!)というのが正直な気持ちです。

あられは今日も姿を見せません。
押し寄せる冬の暴走がよけいに気になります。

今日の「シャシンデ小樽」は昼の月

このお月さんも「人間が毎日猫を殺している事」を決して見逃しません。
クリスティは鼻をグスグスさせています。
前回の抗生剤服用がありますので、今は次のタイミングを計っているところです。

※このブログに頂くコメントは原則公開いたしません。
メールを送ってくださる場合は、cafemonju@gmail.comこのアドレスにお願いします。猫に関する事は私たち夫婦も勉強中の事がたくさんありますが、
「里親さん」などにつきましては、
「ツキネコカフェ」「しっぽの会」などのルールを参考にさせていただいています。猫の事を真剣に考えている方々は少々の表現の違いはありますが、「目標は一つ」です。
ぜひ!がんばっている団体のサイトをご覧頂き、一緒に勉強してください。よろしくお願いします。
私も長らく薬の世話になっている人間で、対人は不得手です。
事前に連絡を頂きますと、心身の準備ができますので、助かります。
重ねてよろしくお願いいたします。
猫の実情は、なかなか、明かりの見えにくい状況ですが、
真っ暗な訳ではありません。
「命を救う」このことに心を向けていただいて、今後ともよろしくお願いいたします。

明日も、ブログ、書きますよ!、周りの人にも「暇つぶし」になるよ!って広めてください!!!じゃあ、また!!

0 件のコメント: