2016年1月28日木曜日

「あられ」生存確認

「あられ」の生存確認ができました。
庭に戻ってきました。
ご心配、ありがとうございました。
この季節、今後の事は判りません。
でも、
「あられ」は今、
懸命に生きています。
そして、
 不妊手術を強制した私たちには
「あられ」に天寿を全うさせる責任があると思っています。

多くの人たちが努力している事ですが
社会全体が応分の負担をして、
このような悲惨な状況を無くすことを
私たちは、
切に切に希望します。

「なぜ?外に猫がいるのか???」
社会全体の責任だという事を
なんとしても、理解して頂きたい。

今日の「あられ」の写真は有りません。
雪が降る前の写真を掲載します。
どうか、
想像してください。
この写真の猫が
マイナス10度の雪の中で
はたして、生きて行けるでしょうか…。

0 件のコメント: