2011年12月3日土曜日

「kは糖尿病でした」と「暗闇で写したmとめい」

めいのメインルーム?は二階の六畳間。
ご飯はケージの中にあります。
本当は他に好きなご飯がありますが、今はmとiと同じ処方箋でいただく糖コンロールタイプを食べています。
ヘアボール対策のご飯を少し混ぜています。
妊娠と間違うくらいにお腹が「ポン」としていますので、今のご飯でがんばってもらいます。
ここだけの話、「ミャウミャウ」というのが好きみたいです。


めいのメインルームでウトウトするmです。
最近は長く寝ている事が少なく、心配です。
私達に一番接近してくるのは環境の変化に不安を感じているのかなあ?
と、考えたりします。
mはkの部屋に入ったんですよ。
私のいう事はほとんど理解?しますので、雰囲気で「ここはまずい?」と感じたのか、
早々に退室しましたが今後は逢う機会が増える予定。
さて、さて…。


kは今日、病院へ行ってきました。
糖尿病でした。
ご承知の様に原因は特定できません。
今の状態をどこまで維持でき、少しでも体力を付けることが出来るか?
後悔しないよう皆様のお知恵も借りながら明るくがんばります。
森永サンワールドのチューブダイエット・カケシアをドクターから頂いてきました。
猫に与えた事のある方がいらっしゃいましたら、色々と教えて下さい。
よろしくおねがいします。
補助食として、毎日与えようと思っています。
病院でしっかりと聞いて来なかったのでメールでお伺いしています。
こちらからも情報を発信します。

2011年12月2日金曜日

jは病院、kのお食事

jは二度目の病院です。
前回のシラミ対策の効果検証と三種混合ワクチンの接種。
シラミ対策は効果有りでしたが、念のため再度、スプレーをかけてもらいました。
性格の好いjは特にドクターを困らすことなく、無事、帰還。
ご飯をしっかり食べることが出来れば、この冬は大丈夫。
Dr.曰く、猫族は寒いところに居る種類も多い、雪ヒョウなんかもそうですよ。
そう云えば、雪の中でjも他のちびっ子猫も遊んでいますねえ〜〜。

いつぞやも書きましたが、
jは死ぬ為に生まれてくる様な無駄な命を、
この世に送り出さない活動に、
体を張って協力してくれました。
私の家の傍から離れないと思いますが、
何処かで見かけたら、やさしく接してあげて下さい。
そして、
「ありがとう!エラいぞ!」と声をかけてやって下さい。

これから長く付き合うことになるけど、
あらためて伝えたいと思います。
本当にありがとう。


kはいつからかここでご飯を食べる事にこだわって?います。
ここまで来る道筋は下の写真のようになっています。




階段部分はあれからもう一度修正しました。
ヨイショ、ヨイショと上がり下りする方が筋力の為になる!

2011年12月1日木曜日

温度良し!湿度少々不足!

今晩のkです。
動きは大分増えてきて、声も出る様になりました。
カリカリご飯も少しづつですが量は増えています。
ここは押し入れの最上階、出来るだけ動く範囲が多い様にと、
工夫の結果ですが今はチョットだけ?があります。
kはどちらかと云うと私達に触っていて欲しい時間の多いニャンです。
でも、本能的にいつでも離れる時に有利な位置に居たいというのもまた、kの本音です。
ここに入られるとこちらが近づく為にはかなり苦労します。
kも何事かと思うでしょう。また、病院?なんて考えているのか警戒態勢に入ります。

そのうちここで私が昼寝する様になるのかな?

2011年11月29日火曜日

Kの部屋

Kの部屋、階段部分を少し段差を小さくしました。

初めはこういう感じでしたが、ちょっと下りるのが面倒なようで…


こういう塩梅にしました。


kはうたた寝。
今はちょっと不調、だけど、大丈夫!
ファンの皆様(さてどのくらいいらっしゃるかな?)
今後ともヨロシク!