2007年10月19日金曜日

中国物語


中国中部安徽省で、
実際の人間の皮膚や筋肉、
内臓などを使用した人体模型の展覧会が
開かれているそうです。

AFPBB News デイリーメールマガジン
[07/10/19 金曜号]の記事を引用させていただきました。
リンクはそのサイトに行っています。
中国という国の印象。
思い出すのは映画全盛時代の日活無国籍アクション、
藤村有弘さん等が台詞の後に「アルヨ」と付けていたこと。
そして、「毛沢東」、この人は私の中では、
「ゲバラ」と云う人にもつながっている。
そして「フォーククルセイダーズ」の唄った「イムジン河」。
どうやら私の中では、
朝鮮半島と中国は整然一体となっているようだ。
混然一体のミスタッチではない、整然一体だ。
ついでに云うと、
日本も、モンゴルもチベットも一つになっている。
それぞれが村のような単位でなんとかやっている、
そんな感じだ。
香港は別、極論かもしれないが、
地球全体で起きていることが凝縮されているようだ。
九龍城、今は無いらしいが住んでいた人達はどこへ行ったのか?
どこかで新しい巣窟を創っているような気がする、
六本木ヒルズ?

0 件のコメント: