2018年1月25日木曜日

25分

25分で、なにを言いたかったのか?
NHK
とにかく、ジャーナリズムは無いと思っている。
要は宣伝と事実の幼稚な描写だけが
テレビ・ラジオを埋め尽くしている。
せめて、
実態を細部まで取材してから、編集して欲しかった。
これは法律の施行の話です。
課題は無数にあるとしても、
問題は一つ、
どうしたら法律に沿った動きができるか?
答えも一つ。
考えうる最大級のハードとソフトを駆使する。
国民の中の少なく無い人々が応援すると言っているのに、
なぜ行政ができないか?
25分でそれが告知できないのが、今のNHK(ジャーナリズム全体)
今日は不機嫌なmodo


左からkilala,fuその下はmimo
屋根裏部屋の一時...。

官民問わず、みんなで話し合ったら、
「社会問題解決事業(ソーシャルビジネス)」の小樽モデル、きっとできる!
みんなで会って話し合おう!

0 件のコメント: