2011年12月24日土曜日

iはさみしかった?

iは手がかからないといえばそうなんですが、
実は今は手をかけれない状況だったんですね。

ニャンズが増えて、体調不良のニャンズも居て、
時期的に冬という条件がそれに追い討ちをかけて人間はざわざわとしています。

考えてみると
我が家に来てからm母さんと人間のお母さんと二人で育てられてきました。
iが鳴くとmちゃんも含めて全員がiに対応していました。
特別に何をするということも無かったのですが、
よく遊んでいました。
今はそれが極端に少なくなって、m母さんも体力的に少し相手にする時間が減って、
さみしかったろうなあといまさらながら思います。

でも、今は人間のお母さんがゴムひもで遊ぶ時間を確保しています。
ゴムひもは裁縫しているお母さんのそばで発見してじゃれていて、現在はマイブームのようです。裁縫をしているときはそばに来ないように注意をしていますが何せiの身体能力、音なしでいきなりテーブルの上に登場します。

m母さんも短時間ですがiを追っかけて遊んでくれています。
どちらが追いかけているのか判りませんが…。

写真は物置になっているお風呂のドア付近を探検後、ゆっくりとお向かいさんが見える窓に向かうところです。

0 件のコメント: