2017年2月18日土曜日

「kちゃん、カッコいい!」と「ジョニーデップ、久々の登場」

前座は…
イスが小さい?jがでかい?


ここはどこ?君は誰?

ワテはkで、おます。顔はデカイです〜。

そのkちゃんを…
non(ノン)(左)は大好き。

kは優しくて、強いので、追い払うようなことはしませんが、チョット、困ったさんの顔かなあ…。

全体の姿の登場回数が少ない、我が家のジョニーデップ!pilika(ぴりか)まずはその横顔。「額のキズはダテじゃないぜ!」

お待たせしました!(エッ!誰も待って無い)モフモフの全体像!!!(チョト、撮影が下手だった、反省…)

皆さんのお心遣いもあって、めでたく?800リットルの灯油が入りました。本当にありがとうございます。変則的な冬で、今年は私も不調が続き、引きこもりがちでした。でした、といっても冬はそう簡単に春と入れ替わってくれそうにありません。まっ、ボチボチ…行きますか…


今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年2月17日金曜日

しずく、ありがとう。

しずくが傍に居てくれるので、
pilika(ぴりか)、今日は毛布に潜っていません。
引きこもっていないのです。
しずく、ありがとう…。

しずくとツーショットはこちら!

しずくが私の傍でじっとしているのは、我慢の要る事だと思う。
しずくの頑張り、写っていますか?

fu(ふうー)は今朝、薬ゴハンを食べてくれたので、新たに調合してもらいました。
隔離部屋で頑張っています。


今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年2月16日木曜日

不調

fu(ふうー)が不調、風の前兆か?
以前の残りの抗生剤、食べてくれません。
口へすり込むのも、失敗。
前回、皆が風邪気味の時も彼は薬飲まず。
食欲は普通、水も普通に飲んでいるので、
今夜は人間のお母さんとエルと三人だけの部屋割り。

jはクッションにあごを乗せて、一緒に考えてくれています。(かな??)

写真としては好きです。
今、正に飛び上がろうとしているのは、mon。

2013年から小樽h宅多頭飼育現場からの救出をお願いしている。「NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道」さんに医療費の足しにしてもらう「寄付」をしてきました。現場発生当初からこの寄付を続けてこられたのは、人数は少ないですが、我が家に様々な形で援助してくださる人達がいるからです。あらためて、御礼申し上げます。ご近所の方や猫でお世話になっている方々からは、私たち夫婦にまで物資の支援があり、なにより心の力になっています。写真は昨日、寄付した時の領収書です、実物に私のは名前が入っていますが、消してあります。※小樽h宅多頭飼育現場にはあと5匹、救出を待っています。

このような寄付が出来る事、支援者の皆様に重々ですが感謝いたします。


今日もアクセス、ありがとうございます。

仕方ないんだよね〜

j(右)はさっきまでイイ気持ちで寝ていたんですが…
クリスティがjのお腹に潜り込んで起こしてしまいました。
クリスティは我が家で一番の赤ん坊、
だから、仕方ないんだよね〜
jはこの後、クリスティを枕にして、ウトウト…
さすが!!(見習わなければ!)

犬や猫をゴミのように殺さない方法。
みんな、頑張っています、官民、立場を超えて。
ふるさと納税を活用した一例をご紹介しますが、その前に、以下の文章もチョコット読んでください。
平成24年9月5日
議員立法による改正動物愛護管理法が公布。
平成25年9月1日より施行。
3.犬及び猫の引取り(第35条関係)
(1)  都道府県等が、犬又は猫の引取りをその所有者から求められた場合に、その引取りを拒否できる事由(動物取扱業者からの引取りを求められた場合等)を明記する。
(2)  引き取った犬又は猫の返還及び譲渡に関する努力義務規定を設ける。

......ここまでが役所の作った文章です。
以下はこの法律を無関係という自治体現場の人に会った時の対応として、私からのヒントです。
小樽の場合
「小樽は日本であり北海道であり後志である。」を心にしっかりと刻み込んで…!
ミソは
役場(国家機関の一部)が作成した文章の中に有りました。
都道府県等の「等」の箇所です。
日本国内で、この等に入らないところはあるでしょうか?
役所が問い合わせした貴方を「日本語の知らない人」として対応する場合、必ず登場するのが「その法律を所管していない」という話です。これは「法を所管していない事」それ自体が問題なので、それを前提に「しょうがない」と云われて引き下がるのは馬鹿げています。みなさん、軽〜く、ユル〜く、しっかりと、怒り、官民一体となって、「殺処分」を即刻止めましょう。止めたらどうなるのか?を官民一緒に考え、アクションプランを起てましょう。

先ずは人間の困っている人を助けろ!という、声もあるはずです。
ただ、云える事は、
殺すのも費用がかかります。
同じお金、さて、どう使えば、獣医師さんが自殺するような事態を避ける事が出来るでしょうか?
さらに、殺す事で、利益を得ている人はいないでしょうか?
みんなで考えれば、必ず、殺さずにすむ方法が在ると信じています。
一緒に考え、行動を起こしましょう!
ふるさと納税活用例はこちら!
http://peace-winds.org/news/event/10562

自殺した獣医師さんの「命」
無駄にしません。
殺された動物達の命、無駄にしません。
どんなカタチでも…
いま、犬や猫を殺し続けている人たちは恐らく
大きな精神的苦労を抱えていると思います、
もちろん、
それなりの覚悟もしていると思います。
犬や猫とは言え、
生きているもの、生きようとしているものを、
殺す訳ですから…。

今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年2月15日水曜日

「考える猫…」と「kとjの静かなる戦い」

何か?考えています…

「俺が生きているのは説明がつく、だが、俺の仲間が今日も殺されている事は…説明がつかない…カタキは必ず…取る…」
と、言っているように見えてなりません。
全くの同感です。
犬や猫を殺さなければ給料をもらえないような仕事がこの世に、この日本に存在してはなりません。
報いが無いと考えているなら、「単なる錯覚に過ぎません」
殺し続けた獣医師さんが自殺したのはなぜでしょうか?
苦しく、切なく、そして、何より、命を大切にしたからです。残念でなりません。
いま、殺し続けている貴方、活かす(生かす)方法はそれほど大変な事ではありません。
オリンピックの開催費用を考えれば、すぐに判るはずです。
そして、その施設や、生かす為に努力した人々は、世界の理不尽に立ち向かう静かなる戦士としてあらゆる課題の解決に私たちを導いてくれるはずです。
クリスティもそう考えています。自分が殺されかけたから、余計にそう考えるのでしょう。

kちゃん(左)の鼻の前にあるのはjの足…

kちゃん(左)静かに怒って、ここまで、譲歩したのですが…

やっぱり、気に入りませんので、こうしました…

ここはkちゃんの居場所(早い者勝ちなんですが、たまたま、kが先に陣取っただけです)
こういう感じがkにとっては、アタリマエ!なのですね〜〜。



今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年2月14日火曜日

風格

五ニャン、写っています。
i(左)がkに、睨まれています。
こういう事は滅多にありません。
kが水を飲みにいこうとしている道をiが塞いでいるんです。


風格は顔のデカさで決まる???
kちゃんは優しすぎるので普段はこうなりません。
さて、i君は…

出窓に行き、心を落ち着けようとします。(チョット大げさですね…)
kちゃんは水を飲んで、いつもの姿勢。この後は、人間のお母さんに「二階へ連れて行ってくれ〜〜」と猛アタックが始まります。猛アタックといっても、優しい声で鳴くだけなんですが、この声には誰にも適いません。nonちゃんの待つ、二階へとイドーです。



物騒なニュースのせいか?巡視船は並んで三隻。緊迫感があったのは夜霧のせいではない。撮影は無し。岸壁のアクセントはカモメとこのビット。ひょうきんに見える事もあれば、忍耐強い精神を感じる事もある。とにかく、こいつの仕事は「待つこと」そして「離れない」ように踏ん張る事、なにより、胸にジンと来るのは「無言で別れに耐える姿」…見習わなければ。


今日もアクセス、ありがとうございます。

2017年2月12日日曜日

チョット違う…いつもの風景

彼(エル君)が一階に住み慣れ練習中なので、
ビミョーに居間の風景が変わっています。

j君は影響無し?いいえ、ここに落ち着いていられる時間が減りました。私のベッドに来る訳です…。

i君は「困ったさん」の表情。理由はm母さんがエル君に追いかけられて、居場所が定まらないから…。

でも、エルは一切悪くありません、私たちが非力なんです。エルは私が初めて抱っこした甘えん坊の猫です。デッカいので圧力があるのも彼には悪く働いています。「エル、ゆっくり、行こう…ゆっくり」君は悪くない。

人の気配はありませんが、さみしい感じはしません、遠くに小さな祭りのざわめきを感じます。



今日もアクセス、ありがとうございます。