2017年5月29日月曜日

世界のすべてを変えることは困難で不可能かもしれません、
でも、
一匹の猫の世界を変えることは可能です。

猫と一緒の人生、一緒に考えてみませんか?

命に寄り添い、
猫の天寿を見守る生活を考えてみようかな?という人、
メールを送ってください。
cafemonju*gmail.com(*を@に変えてください)

全く経験のない方、
とりあえず実情を知りたい方、お待ちしています。

ラッキーのこと…
庭に来てご飯を食べるようになったラッキー。
しばらく時が経ちました。
誰かに捨てられたのかな?
思いの外、人懐っこく、当初から接近可能でしたので、
異常に気づくのにそれほど時間はかかりませんでした。
左目、見えていない?
首筋に大きな擦り傷、
下の牙が一本無い、
汚れというより、毛の生育がまともで無い。

接近可能が不幸中の幸いでした、
(それでラッキー?違いますヨ)
キャリーに入ってもらって、玄関ハウス?に保護。
現在は検査と可能であれば去勢手術を施すべく、養生しています。


外で自由に行動して、ご飯が食べれて、健康なら、それに越したことは無いかもしれません。
経験から言えば、半分以上は消息不明になります。
もし、生き延びているとしたら、
外猫の数はもっと多くなるでしょう。
「餓死」「凍死」「急速な病死」これらが今の数字を作っています。
人間の無責任が生んだ命が人間の無関心で死んでいきます。




あられは今日も無事でした。ご飯も食べてくれました。

bomも無事。今日はキョトン顔が写せました。

ウラン、体調ヨシ!

The Fu

撮影困難度No.2のi君。全てはこの猫から始まりました。パンチ力はミドル級。こちらが骨折???の危険あり。

引きこもり中のpilika。足だけですが…。



「囚人と動物の扱いでその国の本質が計られる」

ネット社会を甘く見て、真面目な対策を市民と協働で実行せずに、犬だけを保護し猫を殺し続ければ「観光都市宣言」が泣きます。泣くだけで済みません。犯罪として行政そのものが早い時期に裁かれるでしょう。「なぜ?小樽に保健所があるのか?」「狂犬病予防法とは何か?」そして「動物愛護基本法とは何か?」「法律を所管しないとはどういうことか?」「猫を殺す金はどこから出ているのか」「薬物の在庫は殺した猫の数と合うのか」「放置して死ぬのを待っていたことはないのか?」動物を殺し続けるみなさん、ネットは子供のおもちゃだけの道具ではありません。そこんとこ、よろしく!

0 件のコメント: