2016年2月5日金曜日

同じ症状でがんばっている仲間へ!

ピリカの傷の話しは何度も書いていますが、
「元気ですよ!」(それなりに…)と言う事を同じような仲間に伝えたいので、
ちょっときつい写真もありますが、掲載します。
ピリカは向精神薬を服用しています。
一回分のマックスを100として、
最近は20〜70の間で服用しています。
当初は「100パーセント」飲ませなくては!と、
少々がんばりましたが、今は自然に任せています。
記録を毎日欠かさずメモする事で、
薬を混ぜるご飯の量を加減します。
ピリカが近寄ってくる時は
ブラッシングを希望している時です。
飽きるまで、ブラッシングをします。
「そろそろご飯かな??」というと
キャリーに入ります。
(多分通じていると勝手に信じています)
ブラッシングの最中に
瘡蓋(カサブタ)をピリカ自身が大きく引っ掻いて取る事も有ります。
完全に皮膚(毛)から離れれば問題は有りませんが、
中途半端にくっついていると、
そこをまた、引っ掻くので、私が取ります。
ゆっくりとブラッシングやマッサージに時間をかけて、
一瞬で取るようにします。
カサブタの写真。(拡大図です。実物は縦横1.5cm~2cm位です)



本人は以外に平気、真剣にいらだって、興奮する時も有りますが、こちらが慌てなければなんとかなります。慣れた、というのが正直な気持ちです。




おなかの毛玉が心配ですので、
ひっくり返ったときに素早く触ります。
小さな毛玉を発見したら、根気よく時間をかけてカットします。
ピリカはまだまだ、遊びたいようです。
がんばって付き合います。



毛繕いのときに使う道具。

0 件のコメント: