2016年2月22日月曜日

「天売猫のシンポジウム&譲渡会」




「天売猫のシンポジウム&譲渡会」参加させて頂きました。

 時間の関係かな?「討論」は有りませんでした。
専門の立場からの現状報告と問題の提起。
勉強になったのは、
環境省(これは日本ということ)、地方自治体、
 地方自治体の一地域の自然環境の特殊事情、 この辺りの連結。

 感想としては
それぞれの立場から理想の形を具体的に教えてほしかった。

目的がある程度見えてくれば、方法論が活きてくる。
「こんな風になればイイね」という話しが出てくる「場」を 期待します。

 コメント
 猫の現状を「社会問題」ととらえた場合、
「問題の原因を突き詰める」と、 「社会全体の責任」が出てきます。
そこで
「社会全体が応分の負担をする」策が登場。
 ここで「公費(みんなのお金)の出動」となります。
ここまで来て、やっとの事、 本音の討論が実現する。
こういう流れにならない理由も少しですが、確認できました。

 今日の勉強を糧に、前に進むしか有りません。

 お土産のステキなマップ、
ウミガラスのシール、
ボールペンは宝物にします。

0 件のコメント: