2012年8月18日土曜日

風ちゃんとまだ名無しちゃん

「野良猫はご飯を与えなければ自然に死んで居なくなる」
という論に対して。

野良猫という存在の責任はどう取る気なのか?

ご飯を与えて去勢不妊手術をしない人間が無くなるとは考えられないので
実効力ははなはだ疑問、残酷な間接的殺猫行為に過ぎない。

生まれたての赤ちゃん猫は
時期によっては数分で息を引き取る、
死ぬ為に生まれてくる様な現実の責任は誰がどう取るのか?

答え
社会全体が応分の負担をして「猫や小動物達」と共生する道を選ぶ事。
少なくとも、税金で虐殺するよりは良い。
むしろ、その税金は「猫に被害を受けている」と主張する人達の為に使うべきだ。
しかし、全額は「理」に反する。
社会に生きるものとしての応分の負担を差し引いた金額とすべきだ。
「個人の被害でもあるが社会全体の被害でもある」という「理」
これは「野良猫問題」以外にも通用するはずだ。

この答えは
「私にさえ害が無ければどんなに猫がいても文句は無い」
という論に対しても同じ事が云える。

公的機関が
「現状の責任が社会全体に在る」と云うことを
明確にできないのは背後にある大きなものを感じないわけにはいかない。
それは善悪の区別の難しい「止める事のできない歯車となった社会の仕組み」なのかも知れない。

どんな理由があるにせよ、
人間の無責任によって存在する猫達が虐殺される正当な理由には断じてならない。

保護して、不妊手術してその地域に戻し、
しばらく地域全体で見守れば自然に数は減ります。
少々残ったとしても
次の代を生む機会は大きく減りますので、
常に目にするのはごく少数になります。

この少数の猫に対しても
「被害を主張」するのであれば、
公的機関に書面で訴えることをお勧めします。
訴えられた人も保険等で対応しやすい。
もしも、そういう人がいれば、ですが。
これがまた、
ドッコイ、いるんですよね…。



2012年8月15日水曜日

損害賠償などお題が3つ


ネットを張っただけでは効果が100%では有りません。
こちらの方の意向で「防獣ネット」というものをさく状に張り巡らします。

「私の園芸が猫に荒さら無ければそれで文句は無い!」
ごもっともな主張です。

私達ボランティアグループはその原因を無くそうとしているのですが、
時間がかかり,効果も完全ではありません。

「野良猫の存在の責任は?」
これを冷静に,真剣に深く考えていただければ、
社会に生きるものとして「応分の負担」という言葉にたどり着くはずなんですが…。

まっ
ご理解いただけるという希望は捨てませんが,タイミングは重要です。
なにせ、「猫の命」という「人質」を取られていますので,うかつな事は出来ません。

という訳で,こちらの「ゴルフ練習の芝生」には週末に工事に入ります。

法律は完全では有りません。
解釈の相違で争う場面も有るでしょう。
しかし、
社会を成立させている骨格である事も揺るぎない事実です。
「主張、言い分が社会を成立させる内容か否か?」

猫の保護活動をしているみなさん!
ここが重要な点です。

その後の成り行きもこちらのブログで発信しますので,
猫の保護活動をしている方も
猫に被害を受けている方も
ぜひ!ご注目ください。


猫の一生に愛情と責任を持ってくれる里親さん、
随時募集しています。
これから色々な写真を掲載しますが、
写真は参考にして下さい、
ニャン達は生き物、時々刻々と変化しています。

里親候補さんもお問い合わせください。
「私にできるかな?」
この疑問がスタートです。
何も考えずに猫(動物)と暮らし始める方が無理です。

正直なところ,
人生に一定の制約がかかりますので,ある程度の覚悟は必要です。
しかし、
素晴らしい感動を体験をでき、子供に「命の重み」を伝えられる事も、
確かな事実です。



一緒に暮らしているmちゃんです。
なぜか?
珈琲タイム、食事タイムになるとどこからか現れて,この表情。
人間のお母さんを二階に連れて行こうとします。
特に触られたい訳ではないんですよね〜

最近はブラッシングがブームで
朝と夜,i君も一緒にブラッシングをします。

しかし、この目つき、
ナカナカですよね〜〜〜



2012年8月12日日曜日

あらためて見てもらいたい写真

私たちと暮らし始めた頃のiです。








これはiがまだ外で暮らしていた頃の写真です。